タグ「ミート力を上げる」が付けられているもの

バッターは非軸脚の膝が曲がった時点で勝負では勝てない!

投稿日:
バッティングでは、スウィング中に非軸脚の膝が曲がったら負けだと思ってください。この膝が曲がってしまうと必ず上半身が突っ込んでしまいます。

バットを短く持つと科学的にはミート力を低下させることになる!

投稿日:
ミート力をアップさせるためにバットを短く持つことってよくあると思いますが、でもこれ、科学的には実はミート力を低下させる原因になっているんです!

打席で投手のボールを上手く見極めるための3種類の見方

投稿日:
バッティングでは、どれだけ正確に投球を見極められるかがヒットの本数に直結していきます。今回は3種類のボールの見極め方をご紹介したいと思います。

つま先が開くとアウトサイドインになって打率が下がる

投稿日:
つま先が開けば開くほど、アウトサイドインという打率を上げることができないスウィングになってしまいますので要注意です。

打球をスライスさせないために重要なのはシンプルなこの概念

投稿日:
打球がスライスしてしまうと大飛球を打ってもファールにしかなりません。ではなぜ打球がスライスしてしまい、どうすればスライスしなくなるのでしょうか?

軟式野球で複合バットに慣れてから硬式野球に進んだ際の問題点

投稿日:
目先のヒットが欲しいのならばビヨンドを使うのもありだと思います。しかし本当に上手くなりたいのであれば、ビヨンドなどの複合バットは使うべきではありません。

踏ん張りと体幹の強さが実現させた大谷翔平選手のこの打ち方

投稿日:
ゴルフスウィング打法や大根切り打法も野球の大きな魅力です。今回は大谷翔平選手のゴルフスウィング打法について解説してみたいと思います。

変化球の打ち方は実はかんたん!でも上から叩くのはダメ!

投稿日:
変化球の打ち方がわからずに悩んでいる選手は多いと思います。今回のスラッガー養成コラムでは変化球の打ち方についてわかりやすく解説をしています!

開きが早い打撃フォームとは一体どういう動きのことなのか?

投稿日:
バッティングをしている際に「開きが早い」なんて言われることがよくありますが、では「開きが早い」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

目を縦に並べられると打率は飛躍的にアップする!

投稿日:
人間の目は横に並んで付いています。そのためバッターはどうしても縦の変化に弱くなってしまうのですが、今回のスラッガー養成コラムでは、目は縦でも使える、ということについて少しお話してみようと思います。

ジャストミートしたはずなのに凡打になってしまう原因

投稿日:
バットのヘッドが下がらないスウィング動作を指導する際にも、下半身の適切な動作を理論的に理解し、それをわかりやすく選手たちに伝えられる技術が必要です。

手打ちとは?手打ちすると打率は下がり怪我のリスクが上がる!

投稿日:
野球をされている方であれば、必ず一度は「手打ち」という言葉を聞いたことがあると思います。ではこの手打ち、具体的にどういう状態が手打ちなのか説明できますか?

バッティングでも遠心力を使わないほうが成績が上がる理由

投稿日:
打撃指導でよく言われるのが遠心力を使うというものです。しかし当野球塾では遠心力には頼らないようにとコーチングいたしております。今回はその理由を少しだけ書いてみようと思います。

矛盾した打撃指導が繰り返される日本の少年野球チーム

投稿日:
日本の野球チームでは矛盾した内容を指導されることが未だに多いというのが現状です。打つポイントに関しても、多くの指導者が矛盾したことを教えています。

打撃動作では手首は返した方がいいの?返さない方がいいの?

投稿日:
今回のスラッガー養成コラムでは、スウィング時に手首を返す動作に関して少しお話ししてみたいと思います。この手首の返しが、ミート力に大きな影響を与えているんです!

グリップを短くすると利点がいっぱい!でも技術的には難しい

投稿日:
バットをしなやかに使えるとインサイドアウトになりミート力がアップし、さらにはヘッドが効きやすくなりスウィングが鋭くなります!

ボテボテの内野ゴロばかりの打者はこのように修正しよう!

投稿日:
今回のスラッガー養成コラムは、ボテボテの内野ゴロばかり打ってしまう打者は必見です!結果には必ず原因があります。不思議と内野ゴロばかりになってしまう、ということは絶対にないのです。

打撃中の目線のブレと非軸足をステップする形との関係

投稿日:
バットスウィングの最中に頭が移動してはいけないことは誰もが知っていると思います。しかしそのための具体的な方法を指導できるコーチはどれくらいいらっしゃいますか?

アウトローが良い投手と対峙したらこんな工夫をしてみよう!

投稿日:
投手の生命線はアウトロー。ここは打者が最も打ちにくいとされるゾーンですね。では打者としてはアウトローに対しどのような対策を講じれば良いのでしょうか?

アウトサイドインとインサイドアウトを掘り下げてみよう!

投稿日:
アウトサイドインで打つとなぜ良くないのか?そしてインサイドアウトで打てるとなぜ打率が上がるのか?今回のスラッガー養成コラムではこのあたりを少しだけ掘り下げてみたいと思います。