バッターは非軸脚の膝が曲がった時点で勝負では勝てない!

打力アップマニュアルプレゼント!


打率がなかなか上がらない選手から、当たっても打球があまり飛ばない選手まで、 バッティングの悩みを短期間で解決するためのテクニック集をカズコーチがまとめあげました。 選手だけではなく、指導法に悩むパパママコーチの強い味方にもなるバッティングテクニック集を無料プレゼント中!


4冊セットで無料プレゼント中❗️
1️⃣ 球速アップ編
2️⃣ 制球力アップ編
3️⃣ ミート力アップ編
4️⃣ 長打力アップ編
写真満載のトータル121ページ、2024年最新版✨


TeamKazオンライン野球塾 TeamKazオンライン野球塾

野球上達マニュアル4冊セットを今すぐ無料ダウンロード

カテゴリ:
ページ公開日:
バッティングフォーム

非軸脚の膝が曲がると必ず上半身が突っ込む!

バッティングでは、スウィング中に非軸脚の膝が曲がったら負けだと思ってください。右打者なら左膝、左打者なら右膝です。この膝が曲がってしまうと必ず上半身が突っ込んでしまいます。

もちろんこの膝が曲がってしまっても、野球の場合は勝負で負けて結果で勝つ(例えばボテボテの内野安打やテキサスヒットなど)こともあるわけですが、しかし根本的に打率を上げていくためには、この膝は曲げたくないんです。

バッティングでもピッチング同様、上半身を突っ込ませないために非軸脚を使っていきたいんです。そうすることによって力強いスウィングを実現できるのですが、しかし上半身が突っ込んでしまうと、当てるだけのバッティングになりやすいんです。

この膝が曲がってしまうスウィングは、バッティング技術がまだ未熟な小中学生に特に多く見られます。上半身の突っ込みを抑え、力強いスウィングを実現させるためにも、スウィング中の非軸脚の膝は突っ張るくらいの感覚でピーンと伸ばしていきましょう。

特にステイバック打法で打っている選手に関しては、この左膝を伸ばし切ることができるだけでも打力がアップしていくはずですので、もし今まで曲がってしまっていた選手は、今日からは伸ばし切るようにしてみてください。

バッティングフォームを短期間で改善して、できるだけ早く試合で活躍できるようになりたい選手は、僕の個別ZOOMレッスン野球塾のページも覗いてみてください。数多くの小中学生から草野球までの選手たちが、毎日めきめき上達しています!

カズコーチの最新レッスン動画

2024年2月23日公開『縦振りと横振りの違い、そしてそれぞれのメリットデメリットとは?』