バットのヘッドが下がるについて書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > ジャストミートしたはずなのに凡打になってしまう原因

ジャストミートしたはずなのに凡打になってしまう原因

  • ジャストミートしたはずなのになぜ凡打になってしまうのか?!
  • 上半身主導でバットを振ると、ヘッドは必ず下がってしまう!?
  • ヘッドは下がっていてもダメだし、上がっているのもダメ?!


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→ホームランアーチスト養成

タイミングはしっかり合っていたはずなのに、ジャストミートしたはずなのに凡打になってしまうということ、ありませんか?その原因はとてもシンプルです。バットのヘッドが下がっているからに他ありません。


ストレートだと思って振ったのに実はツーシームだったっていう場合は別ですが、ヘッドが下がっていると、タイミングが合っていたとしてもストレートを打ち損なってしまいます。そしてジャストミートしたとしても、ヘッドが下がっているとピッチャーが投げたボールの力に、簡単にバットを押し返されてしまうんです。ほんの僅かでも押し返されてしまえば、強い打球を打つことはできません。

基本的に、上半身主導でバットを振るとほぼ確実にヘッドは下がります。下半身主導、もしくは体幹主導でバットを振る動作でなければ、ヘッドを適切な高さに保ってバットを振ることはできないんです。ちなみに体幹主導の打ち方は難易度が高く、体幹がしっかりと鍛え上げられていて、なおかつ使いこなせている選手じゃなければできません。日本人選手の場合、プロレベルであっても体幹主導で打てるバッターは非常に少ないですので、アマチュア選手の場合は特に、下半身主導で振るためのトレーニングを行うべきだと思います。

適切なヘッドの高さとは、スウィング時のバットそのものの角度は関係ありません。バットが下を向いていても、上を向いていても、バットと動作軸が直角になっていればそれは良い形だと言えます。しかし少年野球などでは特に、軸に対してヘッドを上に向けて振るように教えてしまうケースが多いようです。実際スラッガー養成コースに通ってくれている野球少年たちに聞いても、そういう風に教わったという子がすごく多いんです。でもヘッドは下がっていても上がっていてもダメなんです。

下半身主導で、難しくいうとインターアクションフォースによってバットを振ることができると、バットのヘッドは下がりにくくなります。もちろん下半身主導で振ったとしても、上半身の形が悪ければヘッドは下がります。しかし上半身の形が良いという前提であれば、下半身主導でバットを振ればヘッドが下がることはありません。

逆に上半身が良い形でバットを振り始められても、上半身主導になってしまうとその後、コンタクトの最中にヘッドがどんどん下がっていってしまいます。つまり下半身の動作が適切でなければ、いくら上半身を良い形にしようとしてもそれほど意味はない、ということになります。

下半身の動かし方を適切に指導できる少年野球のコーチの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?もちろん経験則ではなく、理論的に理解し、それを選手に伝えられるコーチ、という意味です。筒香嘉智選手が話している通り、コーチというのは経験則を選手に伝えるのが役目ではありません。「他の選手で上手く行ったからこの選手にも試させよう」というのはコーチングではなく、これはただのギャンブルです。コーチングというのは、その選手に足りていない部分を正確に把握し、それを補うための方法を理論的に伝え、選手が上達できるように導くことです。この大原則がわかっていないと、経験則を選手に伝えるだけで満足してしまう、選手のパフォーマンスを低下させる手伝いをしてしまうコーチにしかなれません。

バットのヘッドが下がらないスウィング動作を指導する際にも、下半身の適切な動作を理論的に理解し、それをわかりやすく選手たちに伝えられる技術が必要です。これは経験則だけではとてもできることではありません。これが、一流選手が一流指導者になれるわけではない、と言われている所以でもあります。筒香選手が話されているように、経験則だけで指導をして子どもたちの体、動作を壊すのはもうやめにしましょう。

インターアクションフォースに関しては、Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチングの野球物理学編でもわかりやすく解説していますので、よかったらご覧になってみてください。

最新のスラッガー養成コラムは2020年01月17日(金)公開の
『少年野球の現役監督でもビックリする理論的な野球指導法』


体格や筋力頼らなくてもホームランは打てる!
今すぐ長打を打てるようになる10のテクを伝授!
長打を打つためには確かにある程度の腕力も必要です。しかし腕力よりも重要なのは ホームランを打つための技術です。ホームランを打つための技術を身に付ければ、 小柄な小学生でもすぐに長打力をアップさせられる!
長打力をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
ホームランアーチスト養成クリニック

ミート力と打率がアップしないのには原因がある!
今すぐ打率を上げられる10のテクを伝授いたします!
「頭を移動させるな」「ヘッドを下げるな」などなど、いろんなことを言われると思いますが、 でも具体的にどうすればそれを改善できるのかを教えてくれるコーチは身近にいますか? Kazコーチならすべて具体的に、しかも小学生にも大人にもわかりやすくコーチング!
今すぐ打率をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
安打製造機量産クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ヒッチ打法は悪い動作なのではなく、難易度が高い動作
次のコラム バッティングでヒッチさせることにはもちろんメリットがある!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾