インターアクションフォース,キネティックチェーン

トップページ > 投手育成コラム > インターアクションフォースが150kmの球を生む

インターアクションフォースが150kmの球を生む

このコラムを読んでくれている方の中で「インターアクションフォース」という言葉を聞いたことがある人はいますか?インターアクションフォースを利用できているかいないかは、良いピッチャーになれるかなれないかの分かれ道だと考えるべきです。インターアクションフォースとは、ピッチャーにとってはそれほど重要なものなのです。

インターアクションフォースを簡単に説明すると、例えばピッチャーは手にボールを握って、それを150kmものハイスピードで投げます。この時手や腕は球速同様かそれ以上のスピードでスウィングされるわけですが、これを腕の力だけで実現することは非常に困難です。下半身で生み出したエネルギーを用いることができなければ、腕を150kmもの高速で振ることはできません。

つまり、腕を振るために下半身のエネルギーを使うことがインターアクションフォースというものです。さらに言うなれば、動かしたい部位を動かすために、それ以外の部位で生み出したエネルギーを使うということが、インターアクションフォースというものです。

ピッチャーで言うならば、まずは握っているボールをリリースするためには安定した手首が必要です。そしてその手首を安定的に使うためには、安定的に内旋・外旋する肘が必要です。さらに肘の回旋を安定させるためには、肘が肩線分(両肩を結んだライン)と平行になる必要があります。こうして動きをどんどん繋げて行き、途切れずに足の裏にある地面までたどり着ければ、それはインターアクションフォースを得られているということになります。

逆に途中で迷ってしまったり、途切れてしまったりすれば、それはインターアクションフォースをベストな状態で得られていないということになります。キネティックチェーン(運動連鎖)という言葉もありますが、これとは似て非なるものです。多くの面で連動する2つではありますが、インターアクションフォースとはあくまでもフォース(力)を意味し、キネティックチェーンは連鎖を意味するものです。例えば運動連鎖が上手く行っていても、連鎖する中でエネルギーが増幅されていかない場合、それはインターアクションフォースを得られていることにはなりません。

健康のためにスポーツをすることが目的であれば、キネティックチェーンが成り立っていれば十分だと思います。しかしボールを投げてバッターをねじ伏せるのが役目であるピッチャーにとってはそれだけでは不足です。インターアクションフォースによって、可能な限り力(フォース)を増幅させ、それをボールに伝えられなくてはいけません。しかしこの考えを理解していない、または知らない投手がプロ・アマ問わずほとんどというのが野球界の現状です。

ちなみにインターアクションフォースは、投げ終わったら解除してあげる必要があります。そうしないとエネルギー過多状態となり、その過多分は肩・肘への負担になってしまいます。ですので投げ終わったら必ずフォロースルーを取り、エネルギーを身体から放電してあげてください。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム アライメントの歪みが耳を聞こえにくくする
次のコラム イップスなってしまうまでの科学的解説
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾