タグ「バックウェイト打法を理解する」が付けられているもの

バッティングフォームを作る際に覚えておきたいコツ

投稿日:
今回のスラッガー養成コラムでは、バッティングフォームを作る際のコツをいくつかご紹介しています。

頭を移動させないで打つことと体重移動は相容れない動作

投稿日:
バッティングモーションには、自然と頭が移動しなくなる下半身の使い方があるんです。これをマスターすることができれば、頭は自然と動かなくなり、ミート力も大幅にアップしていきます!

ステイバックの習熟度がバッティングの正確性を左右する

投稿日:
ミート力をアップさせるコツは、バットを出したいところに出すということです。しかしヘッドが下がってしまうとそれができなくなります。ではどうやって改善すればいいのか?!

バッティングのコツを一言で言うと、つまりはこういうこと

投稿日:
バッティングのコツを知りたい方って多いと思います。今回のスラッガー養成コラムでは、そのコツを一言で伝授させていただきます!

日本でも注目され始めたフライボール革命の注意点

投稿日:
日本でもフライボール革命が注目され始めています。高校野球や少年野球でも取り入れているチームがあるようです。しかし考え方を間違ってしまうとフライボール革命の恩恵は受けられません。

タイミングを量るのは非軸足。手で量らないように気をつけよう!

投稿日:
今まで体重移動をする打ち方のみを教わってきていませんか?来年からはぜひ体重移動をしない、現代における主流の技術で打てるようになってみてください。そうすれば4割を打てるようになると思います!

打撃成績が安定する動作を身につける鍵は腸腰筋群が握る!

投稿日:
打率も飛距離もアップする体重移動をしない打ち方は、腸腰筋群の発達具合が1つの鍵となります。ぜひ一度、しっかりと腸腰筋群を鍛えてみてください。

3割30本を目指せる選手と目指せない選手の差とは?!

投稿日:
昔三冠王を獲得した打者と、本塁打か三振かという打者とでは、一体何がそんなに違っていたのか?!なぜプロ野球では昔、3割30本は非常に難しいと言われていたのか?!

遠心力打法にはメリットはある!でも当野球塾では非推奨の理由

投稿日:
遠心力を用いたバッティングには間違いなくメリットは存在します。しかし当野球塾では本コラムの内容のような理由から、遠心力は使わない打法で選手たちの打率アップに成功しています。

手打ちにならないようにバットは手ではなく軸足で振ろう

投稿日:
コーチングを行っていると、軸足が動き切る前にバットを振り終わっている選手がとても多いんです。これは手打ちという評価になるため、バットを手ではなく、軸足(足部)で振り始めるように心がけましょう。

ミート力と飛距離を同時にアップさせられる直角三角形打法

投稿日:
プロ野球選手も毎年3割打てるようなレベルにある打者たちの中で、体重移動をして打っている選手はほとんどいません。多くのスラッガーが少なくとも体重の51%以上を軸足に残したままバットを振っています。その理由とは?!

10%の腕よりも、35%の脚を使ってバットを振っていこう

投稿日:
手を主体としてバットを振る動作では、より高いレベルの技術は身につけられなくなります。ある程度までは上達できたとしても、ある地点になると突然上達が止まってしまっている選手はいませんか?

上半身が捕手側に傾くようにしてバットを振ろう

投稿日:
もしまだ打撃フォームやモーションに迷いがあり、これからどのようにしていけば良いかわからないという選手は、一度ステイバック打法に挑戦してみてください。飛距離やミート力がアップしやすくなります。

右投右打を右投左打に変えた際のデメリット

投稿日:
元々は右投げ右打ちの選手が、周囲のアドバイスにより右投げ左打ちに転向するケースは日本ではかなり多いのではないでしょうか。確かに左打ちのメリットは小さくはないと思います・・・、ですが!