球威,球速アップについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 球速アップとは最速の数値を高めることではない!?

球速アップとは最速の数値を高めることではない!?

  • 肩関節の内外旋の順番を間違えると怪我をしやすい!
  • 肩関節は内外旋以外の動作は使わないことが重要!
  • 球速アップとは最速の数値を上げることではない!?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

球速アップとは現在最速120キロを、最速130キロにすること。この考え方は間違いです。もちろん数字的に、もしくは言葉的には間違っていません。しかし野球のスキルアップという観点からすると、この「考え方」は間違いです。正しくは、現在全力で投げて120キロの球速を、80%の力で投げられるようにすること。これこそが球速アップの正しい考え方であり、当野球塾でも変わらずに貫いている点でもあります。


ダルビッシュ有投手の言葉を借りるならば、筋肉量を増やし、少ないエネルギー量で筋出力を上げて球速アップを図る。これも球速アップの一つの方法ではありますが、当野球塾に於いては筋肉には頼らず、あくまでも技術向上により小さい出力でも球速をアップさせられる流れでコーチングを行なっています。

ストレートというのは数ある球種の中で、肩肘にかかる負荷は最も大きくなります。その理由は単純に、球速が一番速いからです。例えばストレートを100球投げるとかなり疲れますが、セーフティカーヴとも呼ばれるドロップを100球投げてもそれほど疲れません。体の構造に乗っ取った適切な動作でボールを投げられれば、実は変化球を投げても肩肘にかかる負荷は大きくならないのです。逆に体の構造に反した動作で投げてしまうと、変化球を一切投げていなくても簡単に肩肘を痛めるようになってしまいます。

肩関節は上下内外転、水平内外転、屈曲・伸展、内外旋と様々な動きができるわけですが、この中で投球時に使うのは内外旋のみです。セット(もしくはワインドアップ)からテイクバックに向かう際に、肘を肩線分上に入れるために少しだけ外転動作が入りますが、これは慣性(振り子の原理)によって行います。それ以降ボールを握っている間は内外旋動作しか使いません。

そしてこの内外旋には正しい順番があります。セットポジションから数えていくと外→内→外→内という順番になります。ですが少年野球の指導現場のほとんど99%は、2つめの外、つまりトップポジションを外旋ではなく内旋させるように教えてしまっているんです。本屋さんで売られている一般的な野球教則本の多くにも、体の構造に反した動き方が説明されてしまっています。

結論として何を言いたいのか?それはいくら筋肉量を増やしたところで、そこに技術がなければ意味はないということです。いくら筋肉を増やして球速をアップさせたとしても、怪我をしやすい投げ方をしていてはまったく意味がありません。

逆に体の構造に則った投げ方ができれば、球速をアップさせられる多数の技術を身につけられるようになり、筋肉に頼らなくても球速をアップさせられるようになります。ただし筋力トレーニングは必要です。良い投げ方で球速がアップしてきたら、筋肉を増やすことによって速球からの負荷を軽減させる必要があります。つまり筋肉は球速アップの道具ではなく、アップした球速からの負荷に耐えるためのプロテクターというわけですね。

球速が目に見えてアップしてきたら、高校以降で本格的な筋トレを始めれば良いと思います。中学生のうちは体育の授業でやるような基本的な筋トレのみにし、体の成長を筋肉で縛りつけないことが大切です。そして小学生に関しては筋トレは必要ありません。小学生のうちは敏捷性がアップしやすいので、それに関連したトレーニングをメニューに加えていくと良いと思います。

当野球塾に通っている選手たちも、プロアマ問わず95%以上もの選手が肩関節の内外旋が逆、もしくは一部間違っています。そして内外旋以外の不必要な動作を多く入れてしまっていることで怪我のリスクを高め、パフォーマンスを低下させてしまっています。プロもアマも同様ということを考えると、やはり小学生のうちから正しい投げ方を身につけることが大切だと言えます。いえ、違いますね。小学生のうちに大人が誤った投げ方を教えないということが何よりも大切です。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 球速アップは筋肉ではなくブレーキングで目指そう!
次のコラム 良いボールを投げるためにもまずは踏ん張ろう!体のどこで?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾