球速がアップするフォームの習得はコツを学べば難しくない

 

球速というのは、コツさえ理解することができれば比較的かんたんにアップさせていくことができます。しかし球速をアップさせられるフォーム、もしくは球速を低下させている原因を知ることができなければ、筋力を増やしても球速はすぐに頭打ちしてしまうでしょう。

球速をアップさせるための最初のコツ

球速をアップさせられるフォームを習得するコツ、それはまず支点を安定させるということです。右投手なら左股関節、左投手なら右股関節が支点として機能します。この支点のスタビリティ(安定感)が低下してしまうと、ボディスピン(軸の回転)が弱くなってしまい、スローイングアームを鋭く振ることが難しくなります。また、振れたとしてもブレが大きくなってしまい、球質が低下してしまいます。

では支点(股関節)はどうやって安定させればいいのでしょうか?ポイントは、非軸足をランディング(着地)させた瞬間から、支点となる股関節の位置を移動させずに使う、ということです。支点は位置を固定することで初めて支点として機能し始めます。しかしランディング以降で股関節の位置を移動させながら投げてしまうと、股関節を支点として使うことができず、腕力に頼った投げ方をせざるを得なくなってしまいます。

支点がブレれば軸も同時にブレる!

また、支点が移動してしまえば軸も同時に移動してしまいます。軸は、支点側のポイントは支点同様に移動させてはいけません。軸のエンドポイントが両側とも移動してしまうと、軸も軸として機能しなくなり、ボディスピンはどんどん弱くなってしまいます。

一般的には、球速をアップさせるためのコツを知ろうとするよりも、球速を低下させている原因を的確に見つけるコツを掴んでいった方が、球速はアップさせやすくなり。と言うよりは、球速が低下しにくいフォームを身に付けられます。

球速をアップさせる前にロスしない!

球速をアップさせるコツは、まず球速をアップさせるその前に、球速を低下させないということです。球速が低下する原因が多数投球フォーム内にあるうちは、球速をアップさせたくてもなかなかアップしていかないはずです。ですのでまずは球速を低下させている原因を探すようにしてみてください。そうすれば球速をアップさせる前に、ロスしていた球速を取り戻せるはずです。

球速をアップさせるよりも、球速をロスしない、これこそが球速をアップさせるための最大のコツだと言えいます。でもロスしている原因を的確に見つけることができない選手がほとんどですよね?そういう場合はぜひ、僕のコーチングじゃなくても構いませんので、どこか有能なコーチが在籍している野球塾の門を叩いてみてください。そうすれば球速をロスしている原因と改善方法をすべて正確に教わることができるはずです。

  • 球速をアップさせるフォームは支点を移動させないこと
  • 支点が移動してしまうと軸も不安定になってしまう
  • 球速アップを目指す前に、ロスした球速を取り戻そう
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

✏️コラム著:Kaz(野球専門プロコーチ)
TeamKazオンライン野球塾 肩肘を痛めない科学的に正しい投げ方が、 実は一番球速・遠投力・制球力がアップする! 冬の間に本当に正しい投げ方を僕と一緒にマスターしよう! 僕の生徒さんの78%が短期間で球速10kmアップを達成!

  TeamKazオンデマンド野球塾 パソコンの方はこちらをクリックしてください。