TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾オンラインレッスン30  野球塾スーパーサポートコース  オンデマンド野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 腕を振る軌道を変えるだけでも制球力はアップする

腕を振る軌道を変えるだけでも制球力はアップする


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

img20130828.jpg

制球力を低下させる原因の一つには、腕の振り方というものがあります。制球がそれほど良くない投手を観察してみると、だいたいが上の画像の左のような、円状で腕を振っているのです。円状で腕を振ってしまうとボールを握った手に対する空気抵抗が大きくなってしまいます。左の画像を見ていただいても分かるように、矢印の曲がり方も大きくなっています。

一方右のように楕円で腕を振ることができれば空気抵抗は小さくなります。矢印の角度も緩やかになっているのが分かると思います。このように空気抵抗が小さくなるように、楕円を描くようにして腕を振ると、制球を悪化させる原因を一つ取り除くことができるわけなのです。

一昔前は「腕を大きく振って投げなさい」と指導者に教わることもありましたが、腕を大きく振ってしまうと左の図のような円状で腕を振る形となってしまいます(さらに遠心力も大きくなる!)。しかし腕をコンパクトに振り、かつリラックスした状態で振ることができればスローイングアームをテイクバック時にしっかり後ろ(二塁側)に残せるようになり、楕円を描くようにしてしなやかに腕を振れるようになるのです。

腕を振った際の空気抵抗、さらには遠心力を極力小さくしてあげることで、単純に腕を振る際に発生する抵抗が小さくなります。抵抗が小さくなれば、それだけ自分の思い描いた通りのボールを投げられる形に近付ける、ということになるわけなのです。

単純そうに見える腕の振り一つとっても、投球動作というのは本当に繊細で、良い形に仕上げることはとても難しいのです。そんな難しいことであっても、Coach Kazのマンツーマン野球塾にご依頼いただければ分かりやすくコーチングをさせていただきます。ちなみにCoach Kazのマンツーマン野球塾の中でいま最も人気があるのが制球力向上コースです。制球力をアップさせたいという投手、もしくはお子さんの制球力をアップさせたいという親御さんがいらっしゃいましたら、ぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

生徒さんからいただいたご感想

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾