手首の怪我について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

バッティングで手首を痛める原因と、それを防ぐ方法

  • なぜバッターは手首を痛めやすいのか?
  • どうすれば手首の怪我を防げるのか?
  • 怪我しない打ち方が一番上達できる!

バッティングで怪我をしやすい場所と言えば腰と手首だと思います。今回は手首にフォーカスし、なぜ手首を痛めてしまうのか、そしてどうすれば痛め難くなるのか、ということについて書き進めてみたいと思います。

なぜバッターは手首を痛めやすい?!

まず手首を痛めてしまう原因は単純で、手首を返してしまうからです。手首を返してしまうと、手首を真っ直ぐなまま使うことができなくなってしまいます。そして手首が真っ直ぐではない状態でバットとボールがぶつかる衝撃を受けることになるため、衝撃を前腕、上腕へと分散することができなくなり、手首を痛めてしまうんです。

あとは単純にスウィング中に手首を曲げる回数が増え、曲げる角度も深くなるほど、素振りをしているだけでも痛めやすくなります。ですのでバッティングでは実は手首というのは使うべきではないんです。「強いリスト(手首)」という表現を野球ではよく使うわけですが、これはどんな強い動きにも真っ直ぐなまま耐えられる強さ、という意味です。

手首を返すとミート力が低下する?!

ちなみに手首を返してしまうとヒッティングポイントがどんどん投手寄りになり、ミート力もどんどん低下してしまいます。逆に手首を返さなければヒッティングポイントを自分の体の近くに置けるようになり、体の近くで打てる分、バットをより正確にボールにぶつけていけるようになります。つまり手首を怪我しない打ち方は同時にパフォーマンスもアップし、手首を痛めやすい打ち方ではパフォーマンスも低下してしまう、というわけです。

近年では手首をガードする打者用サポーターのようなものも市販されいて、プロアマ多数の選手たちが利用しています。これは怪我防止という意味でも、手首のロックをサポートしてもらうという意味でも、良いアイテムだと思います。

怪我をしない打ち方が一番上達する!

完全に打ち終わった後、つまりフォロースルーの中盤〜後半にかけては手首が返ってしまってもそれほど大きな負荷にはなりません。ですので重要なのは、インパクトの瞬間に手首を真っ直ぐにしておけるか、ということです。これができるようになればパフォーマンスもアップしますし、手首に対する負荷も最小限に抑えられるようになるはずです。



このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム バッティングのコツを一言で言うと、つまりはこういうこと


スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾