バックウェイト打法,タイミングの取り方,バッターについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2018年12月28日

タイミングを量るのは非軸足。手で量らないように気をつけよう!

  • バッティングでのタイミングは非軸脚の上げ下げによって量ろう!
  • フロントウェイト打法では手でタイミングを合わせにいきやすい!
  • バックウェイト打法なら上半身と下半身が連動しやすい!

バッティングで最も難しいのはタイミングを合わせることです。タイミングを外されてしまうと、スウィートスポットでボールを捕らえたとしても良い打球にはなってくれません。逆にタイミングがしっかり合っていれば、多少スウィーツスポットから外れたところで打ったとしても、内野手の頭を越え、外野手の前まで打球が飛んでいきヒットになることもあります。


タイミングの取り方なのですが、バックウェイト打法とフロントウェイト打法とではやり方が少し異なります。バックウェイト打法の場合、非軸足の上げ下げによってタイミングを量っていきます。つまりノーステップ打法の場合、タイミングを量る動作が抜けるため、非常にタイミングを合わせにくくなる、ということになります。

一方フロントウェイト打法の場合、非軸足の上げ下げはどちらかと言うと体重移動に使うということがメインになりますので、この上げ下げをタイミングを量ることだけに使うことは難しくなってしまいます。するとどうなるかと言うと、テイクバックの動きでタイミングを量ろうとしてしまいます。しかしこの場合下半身主導ではなく、手主導のバッティングになってしまうため、決して良いやり方だと言うことはできません。

バックウェイトの場合は非軸脚の上げ下げでタイミングを計りますので、テイクバックの動かし方はボールに合わせるのではなう、自分の足の動きに合わせる形になります。そのため上半身と下半身が連動しやすくなり、下半身主導でバットを振ることのできるスウィングを身につけられるようになります。

当野球塾のスラッガー養成コースでは、基本的には体重移動をしない打ち方を指導しています。なぜならその方がミート力も飛距離もアップするからです。プロ野球選手も近年は、体重移動をしないバッターがほとんど毎年タイトル争いを繰り広げています。逆に体重移動をするバッターは、1年間調子が良くても、その好調が2〜3年続くことはほとんどありません。0ではありませんが、稀だと言えます。

今まで少年野球チーム等で、体重移動をする打ち方のみを教わってきていませんか?体重移動をする打ち方にももちろんメリットはあるわけですが、それ以上にデメリットが多いんです。ですので来年からはぜひ体重移動をしない、現代における主流の技術で打てるようになってみてください。そうすれば小学生〜高校生レベルの試合であれば、当たり前のように4割を打てるようになると思います。

マンツーマン野球塾のアスリートコース
10年目突入の感謝セール実施中!
1時間あたり¥1250円で受講いただけます!
無料体験コーチング&説明会も実施中!


コラム著:Coach Kaz/ブログ

前のコラム バットへの理解を深めれば打撃パフォーマンスは向上する!
次のコラム 主に2種類ある打席での踏ん張り方、その使い分けの方法

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング

【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019 Littlerockheart