TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / バッティングでも遠心力を使わないほうが成績が上がる理由

バッティングでも遠心力を使わないほうが成績が上がる理由


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

バッティング指導において、よく言われるのが遠心力を使うというものです。しかし当野球塾では投打ともに、遠心力には頼らないようにとコーチングいたしております。今回はその理由を少しだけ書いてみようと思います。


まず、プロ野球選手やメジャーリーガーを観察してみると、何シーズンも続けて打率と本塁打の両方で高い数字をマークできる選手は、ほとんど遠心力に頼らずに打っています。例えば大谷翔平選手のバッティングを観察しても、遠心力には頼っておらず、求心力によってコンパクトにバットを振ることができています。

ちなみに求心力を使ってバットを振ることができると、運動軸が体の外側に飛び出る形となり、体格問わずコンパクトに打ったり投げたりできるようになります。そのためにパフォーマンスの正確性が増し、怪我のリスクを軽減させられるようになります。

遠心力に頼って打ってしまうと、可能性として腰と手首を怪我しやすくなります。単純にこの2ヵ所に余分な動作が加えられてしまうためです。そして遠心力でバットを振るとアウトサイドインにもなりやすく、ボールの外側の面を叩くことが多くなってしまう分、引っ掛けたような内野ゴロや泳ぐような空振りが増えるようになります。

当野球塾で受けられるバッティング指導の内容をすべて身につけられると、求心力を使って打てるようになります。するとバットを短く持たなくてもバットをコンパクトに振ることができ、ミート力がアップしていきます。また、ボディスピンも鋭くなるため、同時にバットスウィングのスピードもアップさせられるようになり、飛距離も伸びるようになります。

もしコーチの指導能力を確認したいという場合は、遠心力は使わずに求心力を使ったバッティングモーションの指導ができるかどうか、尋ねてみてください。その指導を適切に行えるコーチはしっかりと勉強をされている方だと思いますので、安心して指導を受けてもらって大丈夫だと思います。もし身近にそのようなコーチがいらっしゃらない場合は、ぜひ当野球塾のスラッガー養成コースに通ってみてください。目から鱗の、とにかく納得してうなづけるコーチングを受けられるはずです。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾