グリップ,小指について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

グリップを短くすると利点がいっぱい!でも技術的には難しい

  • バットをしなやかに使えるとインサイドアウトになりやすい!
  • そのためにはグリップを短くしてみよう!
  • しかしそれはバットを短く持つという意味ではありません!

バットの使い方には主に2種類あります。しなやかに使う方法と、ガツンと力強く使う方法です。後者に関しては圧倒的な体幹の安定感が必要になってきますので、技術とフィジカルが両立していなければ日本人の体格では難しいと言えます。ですのでやはり一般的な日本人体型の選手は、バットをしなやかに使う技術を身につけた方がパフォーマンスはアップしやすくなります。


木製バットであればバットをしならせながら、まさにしなやかにバットを使っていくことができます。しかししならない金属バットであってもしなやかに使っていくことは可能です。その方法はグリップを短くすることです。

バットをしなやかに振ることができると、バットは必ずインサイドアウトで出ていくようになります。逆にガツンと力強く打ちに行く方法では、トップハンド側の肘が伸びやすくなり、アウトサイドインになりやすいんです。インサイドアウトで打っていかなければ打率が上がらないということは、多くの方がご存知のことだと思います。

さて、グリップを短くするとはどういうことなのか?決してバットを短く持つという意味ではありません。むしろ逆です。ノブに小指をかけてバットを振っている選手がたまにいますが、その形ですね。ノブにボトムハンドの小指をかけることにより、グリップの上下を短くします。さらにトップハンドの小指をボトムハンドの人差し指に少し被せると、さらにグリップを短くすることができます。

グリップを短くするほどバットをしなやかに使えるようになり、しなやかにバットを扱えればインサイドアウトになりやすくミート力は向上します。しかし技術が未熟なままグリップを短くしすぎると、今度はスウィング中にバットの軌道が揺れてしまい、ジャストミートしても遠くまで飛ばすことができなくなります。特に股関節を使えていない手打ちのバッターはそうなりやすいです。

下半身主導でバットを振ることができ、股関節も深く使うことができている状態であれば、ぜひグリップを短くするという技術にチャレンジしてみてください。インサイドアウトでミート力がアップするだけではなく、ヘッドが効きやすくなるためスウィングそのものも鋭くなります。簡単な技術ではありませんが、挑戦する価値のある技術です!

前のコラム バッティングでは手首を使わない方が打率が上がり怪我も減る!
次のコラム グリップの間に隙間を空けてしまうとゴロしか打てなくなる!
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾