TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > スラッガー養成コラム > バッティングでは手首を使わない方が打率が上がり怪我も減る!

バッティングでは手首を使わない方が打率が上がり怪我も減る!


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

ピッチャーが痛めやすいのは肩と肘ですが、バッターが痛めやすいのは腰と手首です。今回は手首を痛めてしまう原因について少し書き進めてみたいと思います。結論から言いますと、手首を痛めてしまうスウィングはほとんどの場合がアウトサイドインになっているはずです。


ミート力を高めるためにはインサイドアウトでバットを振っていく必要があります。しかしこれがアウトサイドインになってしまうと、手首を曲げなければバットをヒッティングエリアまで持っていくことができなくなります。ピッチングでもバッティングでも、手首は使ってはダメです。怪我しやすくなるだけではなく、パフォーマンスも低下してしまいます。

バッティングではよく手首を返すように教わったりしますが、返さないのが理想です。スラッガー養成コースでは選手たちにいつも指導している内容ではありますが、手首を返した時と返さなかった時とでは、手首を返さない時の方が圧倒的に力が入るのです。つまり力強いストレートにバットが押されないようになります。

全スウィングを手首を返さずに打てればそれが理想ではありますが、しかしなかなかそうは行きません。ピッチャーも、バッターのタイミングを崩すために一生懸命になっていますから、ピッチャーが投げるボールによってはタイミングを外され、上半身が前へ突っ込み、手首を返さなければスウィングさせてもらえない形になることもあります。

ですがそうではなく、自分の体の近くで打てる状況の時は、手首は返さないのが理想です。裏返すという意味ではボールを打ち、フォロースルーに入っていくと下を向いていたトップハンドの甲が上を向いて行きます。しかしこの時手首を曲げたり捻ったりしてはダメなのです。力が入らなくなりますし、手首を曲げたり捻った状態でスウィング動作を行うと、手首を捻挫しやすくなります。

今まで体重移動ありきのウェイトシフト打法と、手首を返す打ち方を教わってきた方には信じられないスラッガー養成コラムになるかもしれませんが、手首は曲げたり捻ったりすることはありません。この良い形できるということはバットがコンパクトに振られているということで、バットがコンパクトに振られているということはボールを自分の体の近くで打つことができ、自分の体の近くでボールを打てるからこそミート力がアップしていくのです。

怪我を防ぐためにも、ミート力をアップさせるためにも、もし今まで手首を曲げたり捻ったりしていた選手は、手首を曲げたり捻ったりしないバットスウィングを身につけるようにしてみてください。そうすれば手首の怪我のリスクを軽減させ、その上ミート力をアップさせることもできるはずです。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

オンライン野球レッスン
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが体重移動をしない打ち方をマスターし、打率と長打力を同時にアップさせることに成功しています。あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾