打席,立ち位置について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

アウトローが良い投手と対峙したらこんな工夫をしてみよう!

  • 打率を上げることは投手に攻められる前に投手を攻めること!
  • アウトローへの制球が良い投手が相手の場合に有効な対策とは?
  • 打席では前寄りに立つべき?それとも後ろ寄りに立つべき?

打席での立ち位置の決め方にはいくつもの考え方があります。基本的には良いフォームで打てる場所に立つというのが一番であるわけですが、今回はアウトローへの制球力が素晴らしいタイプの投手を対象にし考えてみたいと思います。


順手対決(右対右、左対左)の場合、投手の生命線がアウトローになることが非常に多いと思います。投手としてはシュートよりもスライダーやカーブの方が容易に投げることができますので、スライダーやカーブを投げてアウトローで勝負したいという気持ちが強くなります。この攻め方が一番オーソドックスですし、ピッチャーとしては難易度が高くなく、自信を持って投げることができるケースが多くなります。

このアウトローに絶対的な自信を持っている投手は多いと思います。では打者としてはこのアウトローにどのように対応すればいいのでしょうか?打席では前に立つべきなのか?それとも後ろ側に立つべきなのか?一般的にはストレートが速い投手が相手の場合は打席の後ろ側に立つことが多いと思います。少しでも球速が落ちたポイントで打つためですね。

しかし良い投手のボールというのは、多少後ろに立ったところでその球威が目に見えて低下することはありません。例えば今季からジャイアンツに復帰した上原浩治投手のストレートなどは、捕手に一番近いところに立ったとしても差し込まれると思います。なおかつそんなストレートをアウトローに決められてしまっては、なかなか打つことはできません。

私はごくたまにベンチコーチの職を引き受けることがあるのですが、アウトローのボールが素晴らしい投手が相手の場合は打席では前寄りに立つように打者にはアドバイスしています。その理由は順手対決の場合、打席の後ろ側に立ってしまうとバットが届かなくなるためです。そのためにアウトローを打つことがさらに難しくなってしまいます。

ご存知の通り、ボールがホームプレート上を少しでも掠っていればストライクとコールされます。右対右の順手対決を想像してください。右投手が投げるストレートはほとんどの場合、右打席側から左打席側へと軌道が傾きます。ということはホームプレートの二塁手側の角にボールがギリギリで掠った場合、キャッチャーミットに収まった時には完全にボール球になっているということです。

つまり順手対決でアウトローが良い投手と対戦する際に打席の後ろ側に立ってしまうと、ヒッティングエリアに到達する頃にはストレートであってもボールゾーンにすでに逃げてしまっていることになります。すると当然バットは届かなくなり、肘を伸ばさなければ打てなくなる分、打てたとしてもバットはストレートに押し返されやすくなります。またこのボールを見逃したとしても、すでに二塁手側の角を掠っているためにストライクとコールされてしまいます。

140キロのストレートを投げられる投手が相手の場合、150キロのストレートを想像してから打席に立ってください。そうすれば打席の前寄りに立ったとしても「こんなものか」と感じられるはずです。打席の前寄りに立っておけばアウトローであってもストレートやスライダーがボールゾーンに逃げる前に打てますので、十分対応できるようになります。

バッティングでは積極性がとても重要です。積極的に投手のタイミングに入っていき、積極的に打ちに行かなければ、どんどん投手から攻められてしまいます。打率を上げるコツは投手に攻められる前に投手を攻めるということです。ですので速いストレートに臆することなく積極的に前に出て、ボールが外角に逃げてしまう前に仕留めてしまいましょう!

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック/怪我をしない投げ方を科学的に学ぼう!

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 結局スタンドティーとハンドティーではどちらが良いのか?!
次のコラム 打撃中の目線のブレと非軸足をステップする形との関係

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾