について書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > 打撃スタイルを大きく左右する非軸脚の2種類の上げ方

打撃スタイルを大きく左右する非軸脚の2種類の上げ方

打撃時にタイミングを合わせるために非軸脚を上げる選手は多いと思います。この非軸脚の上げ方には主に2種類あります。軸脚に寄せるようにして上げる形と、その場で上げてその場で下ろす形です。これらはどちらが良いというわけではなく、打撃メカニクスによって使い分けていきます。

まず軸脚に寄せるようにして上げる形は、体重移動を行うフロントウェイトタイプの打者に向いています。非軸脚を軸脚に寄せるようにして上げることにより、軸足の内側でエッジをかけやすくなります。軸足にエッジをかけるという形は、イコール体重移動を行う前提の形となるため、スムーズに体重移動を行いやすくなります。これは投手にも同じことが言えます。

一方その場で上げてその場に下ろす形は、体重移動を行わないバックウェイトタイプの打者に向いています。軸足をベタ足にするという形になるわけですが、軸足のベタ足は、イコール体重移動を行わない前提の形なります。そのため軸脚に体重を残して打つタイプの打者に合った形となります。

当野球塾では主に、バックウェイトでの打ち方を指導しています。プロ野球もメジャーリーグも、何年も続けて安定した成績を残している打者のほとんどは、現代はバックウェイトで打っています。逆に2割台と3割台を行ったり来たりしている打者は、フロントウェイトであることが多くなっています。

プロアマ問わず打撃動作のメカニクスを学ばずに動作改善しようとすると、例えばフロントウェイトタイプなのにベタ足で打っていたり、バックウェイトタイプなのに体重移動をする前提の足部の使い方をしてしまったりと、モーションとメカニクスがちぐはぐになっている選手を多く見かけます。そしてこのような選手が安定した成績を残せた例は、過去見たことはありません。

野球動作は投げるにしても打つにしても、ほんの僅かな狂いが動作全体に響き、長いスランプを呼び寄せてしまうことにも繋がります。ですのでモーションとメカニクスは共通したものを適切に選びながら、打撃動作を作り上げていくということが大切になるのです。そしてそれができた選手だけが、多少タイミングを外されてもヒットを打っていけるタイプの打者に進化することができ、安定した成績を残し続けられるようになるわけです。

脚の上げ方一つで打撃メカニクスは大きく変わってきますので、タイミングを合わせることと同時に、メカニクスも理解しながら自分自身の打撃フォームを作っていけるよう心がけてください。そしてもし自分自身で動作を作り上げることが難しい場合は、ぜひスラッガー養成コースを受講しにいらしてください。お待ちいたしております。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新のスラッガー養成コラムは2020年02月13日(木)公開の
『筋トレにしかならない素振りをしている選手は要注意!』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 打球の飛距離を低下させてしまう手首の使い方
次のコラム 上を目指すのであればビヨンドは使わない方が良い理由
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾