TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 打撃スタイルを大きく左右する非軸脚の2種類の上げ方

打撃スタイルを大きく左右する非軸脚の2種類の上げ方


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

打撃時にタイミングを合わせるために非軸脚を上げる選手は多いと思います。この非軸脚の上げ方には主に2種類あります。軸脚に寄せるようにして上げる形と、その場で上げてその場で下ろす形です。これらはどちらが良いというわけではなく、打撃メカニクスによって使い分けていきます。

まず軸脚に寄せるようにして上げる形は、体重移動を行うウェイトシフトタイプの打者に向いています。非軸脚を軸脚に寄せるようにして上げることにより、軸足の内側でエッジをかけやすくなります。軸足にエッジをかけるという形は、イコール体重移動を行う前提の形となるため、スムーズに体重移動を行いやすくなります。これは投手にも同じことが言えます。

一方その場で上げてその場に下ろす形は、体重移動を行わないステイバックタイプの打者に向いています。軸足をベタ足にするという形になるわけですが、軸足のベタ足は、イコール体重移動を行わない前提の形なります。そのため軸脚に体重を残して打つタイプの打者に合った形となります。

当野球塾では主に、ステイバックでの打ち方を指導しています。プロ野球もメジャーリーグも、何年も続けて安定した成績を残している打者のほとんどは、現代はステイバックで打っています。逆に2割台と3割台を行ったり来たりしている打者は、ウェイトシフトであることが多くなっています。

プロアマ問わず打撃動作のメカニクスを学ばずに動作改善しようとすると、例えばウェイトシフトタイプなのにベタ足で打っていたり、ステイバックタイプなのに体重移動をする前提の足部の使い方をしてしまったりと、モーションとメカニクスがちぐはぐになっている選手を多く見かけます。そしてこのような選手が安定した成績を残せた例は、過去見たことはありません。

野球動作は投げるにしても打つにしても、ほんの僅かな狂いが動作全体に響き、長いスランプを呼び寄せてしまうことにも繋がります。ですのでモーションとメカニクスは共通したものを適切に選びながら、打撃動作を作り上げていくということが大切になるのです。そしてそれができた選手だけが、多少タイミングを外されてもヒットを打っていけるタイプの打者に進化することができ、安定した成績を残し続けられるようになるわけです。

脚の上げ方一つで打撃メカニクスは大きく変わってきますので、タイミングを合わせることと同時に、メカニクスも理解しながら自分自身の打撃フォームを作っていけるよう心がけてください。そしてもし自分自身で動作を作り上げることが難しい場合は、ぜひスラッガー養成コースを受講しにいらしてください。お待ちいたしております。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾