マスコットバット,疲労骨折,腰椎について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2015年01月04日

日常的に重いバットを振ると腰痛のリスクが高まる

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


普段からマスコットバットなど、通常よりも重いバットで素振りをしたり、ティーバッティングをしている選手は少なくないと思います。しかしこの練習法は怪我を防ぐためにも、やり過ぎは絶対に避けるようにしてください。

打席に入る前に数回マスコットバットを振るくらいならば問題はありません。しかし日常的にマスコットバットを振り続けてしまうと、腰椎の疲労骨折や分離症を引き起こしてしまうリスクが非常に高くなってしまうのです。つまりこれはただの腰痛ではなく、非常に治りにくい大怪我ということです。

ちなみに打席に入る前にマスコットバットを振っても、通常の重さのバットスウィングが速くなることはありません。あくまでも速く振れている感覚になるだけで、データを取っていってもスウィング速度が3km/h以上アップするケースはほとんど見受けられませんでした。また、重いバットを振ったからといって筋肉の活動に大きな変化が生じることもほとんどありません。

硬式用バットの場合、通常の重さでも850〜900g程度の重さがあります。これだけの重さの物を振るだけでも、腰椎には大きな負荷がかかっています。ちなみに右打者の場合、左打者よりも腰痛になる確率は少し高くなります。その理由はバットを振った後、上半身は三塁側に回っていきますが、下半身は一塁方向へ進もうとするため、腰の捻りが左打者よりも大きくなるためです。

さらに付け加えると、ぶら下げたタイヤを打つ練習も故障のリスクを高め、あまり高い練習効果は期待できません。ぶら下げたタイヤを使うのであれば、バットをタイヤに優しく当ててから、そこから下半身を使ってバットに乗せるようなイメージでタイヤを前方に運ぶ練習がオススメです。

疲労骨折は癖になってしまうケースもあります。例え今はまったく腰が痛くなくても、負荷の蓄積が将来腰椎の疲労骨折や分離症を引き起こしてしまうことも多々あります。ですのでマスコットバットはあくまでも打席に入る前に数回振る程度で収めるようにしてください。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 右投右打を右投左打に変えた際のデメリット
次のコラム 非軸足のつま先は開かない方が良い明確な理由

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾