Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコーススラッガー養成コースの10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2015年09月27日

子どもたちの将来に対し無責任な監督・コーチ


様々な選手のコーチングをお引き受けしていると、肩痛・肘痛を患っている選手が本当に多いことに驚かされます。しかしもっと驚くことに、選手が痛みや違和感を訴えているのに投げさせる監督やコーチが非常に多いことです。わたしのような職業としてコーチをしている身からすれば、これは信じがたい現実です。

プロ野球選手のように2軍に落とされてしまうと給料が減り、生活に関わってくるという場合は痛みを押すこともやむを得ないかもしれません。現に痛み止めの注射を打ちながら、痛みに堪えて投げ続けるピッチャーもいます。ですが学生野球では痛みがある選手は絶対に投げてはいけません。

「短いイニングだけ」と言ってマウンドに送り出す監督もいるようですが、これもありえません。痛みを訴えている時点で投球禁止にすべきです。そうしなければ、子どもの将来を奪ってしまうことになるからです。例えば小学生時代に無理して痛めた肩肘のせいで、中学・高校で野球ができなくなったとしても、少年野球チームの監督は決して責任など取ってはくれません。ある意味、痛みを訴えている選手に投げさせる監督というのは、その子の将来に対し無責任極まりない起用を行っているということなのです。

ちょっとラジカルな表現ではありますが、しかしそのようなチームが1つや2つではないのです。この6年ほどで数百人の選手たちをコーチングしてきましたが、痛みがあっても投げさせられた経験を持つ投手は何十人もいて、そのようなチームも思い出せるだけでも20例以上あります。

もう一度言いますが、中学・高校に入ってから投げられなくなったとしても、少年野球チームの監督は責任など取ってくれません。更には「責任を取ってくれるんですか?」と言うと、「じゃあチームを辞めてもらって構いませんよ」と逆ギレする監督も現に存在しています。

少年野球は往々にして大人の事情で試合を組まれがちです。そして大人の事情で子どもたちを酷使しがちです。先日の5連休の5日間で10試合以上行ったとわたしに伝えて来てくれた親御さんが、実に4名もいらっしゃいました。5日で10試合だったとしても、少年野球の場合は50イニング前後になるのでしょうか。

プロ野球であっても週6試合で54イニングです。小学生がたった5日間で50イニング戦うというのは、これは教育でもなんでもありません。大人のエゴによる子どもの酷使に他なりません。そもそもプロ野球選手であっても6日で6連戦を戦うというのはかなり疲れるものなのです。それを考えていただければ、5日で10試合・50イニング以上というのがどれだけ酷いペースであるかをおわかりいただけると思います。

小学生のうちはとにかく基礎を大切にして野球を楽しみ、野球を好きになってもらうことを最優先にすべきです。すると中学に入ってから「野球が好き」という気持ちから、「もっと上手くなりたい」と本格的な努力をできるようになり、中学で努力をしておくと高校に入ってからグンと伸びていくことができます。しかし逆に、小学生のうちに肩肘を酷使してしまえば、中学・高校でどんどん尻すぼみになってしまいます。

わたしが感じるに、多くの少年野球の監督というのは子どもが好きで、子どもたちを大切に考えているわけではないと思います。ただプロ野球の監督の気分を味わいたいだけなのではないでしょうか。尊敬すべき指導者も多い中で、それ以上に多いのが子どもたちの将来を無視する指導者の存在です。この現状を変えて行かない限り、日本球界の底上げというのは将来的にかなり難しくなるのではないでしょうか。

野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:コーチング論
コラム著:Coach Kaz
前のコラム トレーニングと睡眠とアルコールの関係
次のコラム 意外と正しい握りができていない4シームストレート

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.