Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2012年11月08日

制球力をアップさせるためには足の裏で走る


一昔前は、投手は制球を安定させるためにとにかく走り込むということが、何よりも重要だと言われていました。確かに走り込みをすれば、制球力を安定させられる可能性は非常に高いです。しかしただ走れば良いというものではありません。例えば10kmを走るにしても途中でバテテしまい、あごは上がって腕の振りのリズムも悪く、足の裏も外側を使って走ってしまっては、このトレーニングの意味はほとんどなくなってしまいます。

なぜ走り込むと制球力がアップするかということを深く考えていくと、まず足の裏を上手く使えるようになるという点が考えられます。つまり足の裏でしっかりと地面を噛みしめ、そこが揺らがなければ上半身も安定させやすくなるということです。ですのでただ走るのではなく、足の裏で一歩一歩地面を噛みしめるようなイメージで走ることが重要なのです。

走る際の着地に関してですが、踵の中心線から地面に対し真っ直ぐ接地させ、そのまま足の裏の中心線を通過し、最後は拇指球(親指の付け根付近)から抜いていきます。この足の裏の使い方により、地面をしっかり噛む(掴む)という感覚を走ることによって養うことができるのです。ちなみにこれは、床に広げたタオルを足の指を使って手繰り寄せるトレーニングでも養うことができます。

人間の指は手も足も5本ずつです。手の指を5本すべて使うことは誰もが意識せずにできることですが、足の裏まではなかなか意識が回りません。今足の指をグーチョキパーのパーのように開いたら、5本の指すべてを広く開くことはできますか?中には足の指を広げようとするだけで攣(つ)ってしまう方もいるのではないでしょうか。

パチンコというおもちゃをご存知でしょうか?Y字型をした棒の先にゴムを括り付け、石やボールを飛ばすものです。昔は駄菓子屋さんでも買うことができました。これは、Yの下を握って支える側の手が安定することで、しっかりとした狙いを定めて的を射抜くことができます。パチンコを握る手がグラグラしていれば、当然狙いは安定しませんよね?投球にもこれと同じことを言うことができます。両足で地面をしっかり噛みしめることができなければ上半身を安定させることはできず、制球も乱れてしまうのです。

シャドウピッチングはフォームを安定させることには効果的で、これは制球力の向上にも繋がります。しかしフォームを安定させたとしても、それを支えるための下半身が弱ければ、実際にボールを投げた時に制球を安定させることはできません。

ですので制球力をアップさせるために走り込みを行うのであれば、ロードワークでもスプリントでも問わず、足の裏を使って走るように心がけましょう。脚ではなく、足の裏で走るのです。


当野球塾コーチングコース一覧


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:制球力アップ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 投手が走りこむ際に注意すべき2つのポイント
次のコラム 骨盤を使う投球をする前に確認が必要な点

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.