ステイバック,頭を動かさないで打つについて書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > 頭を移動させないで打つことと体重移動は相容れない動作

頭を移動させないで打つことと体重移動は相容れない動作

  • バッティングの始動で頭を後ろに動かすのはOK
  • 頭が前に移動しなければすべてよし!というわけでもない
  • 矛盾した指導をしてしまうアマチュア指導者たち


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

バッティングではミート力をアップさせるために、頭の位置を極力移動させたくないわけですが、でもどんな風にも動くべきではないかというと、実はそうではありません。動かしてしまっても良い方向があるんです。

バッティングの始動で頭を後ろに動かすのはOK

始動する前の構えは、基本的にはどんなポーズでも、自分自身が始動しやすいものであればなんでも良いと思います。ここに関してはモーション(動作)ではなくフォーム(見た目)の問題ですので、人それぞれやりやすい形というものがあります。そのファンダメンタルポジション(基本姿勢)から非軸足をステップするために上げる際、頭を後ろ側(捕手)に動かしてしまうことに関しては問題ないんです。よほど始動のタイミングが遅くない限りは。

ポイントは捕手側に少し移動させた頭を、そこから投手側には絶対に戻さないということです。投手側に戻してしまうと上半身は突っ込みますし、自分自身が動きながら高速で飛んでくるボールを打たなければならず、ミート力は大幅に低下してしまいます。また、相対速度をアップさせてしまう結果にもなりますので、打者自ら差し込まれやすい状況を作ってしまうことにもなります。

頭が前に移動しなければすべてよし!というわけでもない

ただし、頭を後ろに移動させる動作は必須モーションではありませんので、後ろ側に動かしても良いですし、まったく移動しないようにするのも良い動作です。この時、前にさえ頭が移動しなければ良い、というわけでもありません。この頭の移動は「下半身の動作に連動して結果的にそうなる」という形にしていく必要があります。

上半身先行型の動作では、良いパフォーマンスを実現することはできません。キネティックチェインというものを考えると、バッティングやピッチングにおいては下半身は上半身に影響を与えられますが、上半身は下半身に影響を与えることはできません。つまり、下半身の動作が良くなれば同時に上半身が良くなることもありますが、上半身の動作が良くなって自動的に下半身の動きも良くなる、ということは考えにくいんです。

矛盾した指導をしてしまうアマチュア指導者たち

捕手側に置いた頭(ステイバックモーション)を投手側に移動させないためには、体重移動をしないモーションを身につける必要があります。アマチュア野球の指導者は「頭を動かすな」と言いつつ、同時に体重移動をする打ち方を教えてしまうことがあります。これは完全に矛盾した指導で、体重移動をすれば頭は投手側に移動しますし、頭を移動させずに体重移動をする打ち方をすることもまた、できるものではありません。

とにかくポイントは、良い形にした軸足(足部)に体重をしっかり乗せて、投球が自分の体のエリア内に入ってくるまでしっかりと待つ、ということです。軸足に良い形で体重を乗せ切り、スウィング中も乗せ続けることができれば、頭というのは投手側には、自然と動いていかなくなるものなんです。とにかく体重移動をして打つと、頭はほぼ確実に投手側に移動するようになり、投球の相対速度を速めてしまいます。そうならないためにも、頭をステイバック(捕手側に置いて待つ動作)させて目線を動かすことなくスウィングし、ミート力を上げるためにも、下半身の動作、主に軸足(足部)の動作が非常に重要になってくるわけです。この足部は、バッティングフォーム全体の土台として作り上げる必要があるんです。

今すぐ打率と飛距離がアップする打ち方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新のスラッガー養成コラムは2020年01月17日(金)公開の
『少年野球の現役監督でもビックリする理論的な野球指導法』


体格や筋力頼らなくてもホームランは打てる!
今すぐ長打を打てるようになる10のテクを伝授!
長打を打つためには確かにある程度の腕力も必要です。しかし腕力よりも重要なのは ホームランを打つための技術です。ホームランを打つための技術を身に付ければ、 小柄な小学生でもすぐに長打力をアップさせられる!
長打力をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
ホームランアーチスト養成クリニック

ミート力と打率がアップしないのには原因がある!
今すぐ打率を上げられる10のテクを伝授いたします!
「頭を移動させるな」「ヘッドを下げるな」などなど、いろんなことを言われると思いますが、 でも具体的にどうすればそれを改善できるのかを教えてくれるコーチは身近にいますか? Kazコーチならすべて具体的に、しかも小学生にも大人にもわかりやすくコーチング!
今すぐ打率をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
安打製造機量産クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 高校野球でよく飛ぶ金属バットが使えなくなる可能性が浮上
次のコラム 特に少年野球で気をつけたいバットの重さとスウィング速度の関係
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾