TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 怪我をする打撃動作では大幅な上達を期待することはできません

怪我をする打撃動作では大幅な上達を期待することはできません


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

バッティングで上達するために一番大切なことはなんだと思いますか?実はこれはバッティングでもピッチングでも、走塁でも守備でも同じことなのですが、怪我をしないことです。これが何よりも大切なことです。怪我をしてしまっては練習ができなくなるのでそこで上達が一時停止してしまいます。そして怪我をしてしまうということはモーションが間違っているということですので、やはり大幅な上達を期待することはできません。


わたしは他競技の様々なプロフェショナルコーチとも親交があるのですが、野球ほど怪我が多いスポーツを聞いたことがありません。コンタクトで怪我をしてしまう、というのは少し仕方ない面もあります。例えば打球を追いかけていて他の選手やフェンスにぶつかって怪我をしてしまうというのは、もちろん防げるのですが、仕方なかったと諦めて前向きに回復に努めることもできます。しかし野球の場合、ただ投げているだけ、ただ打っているだけで怪我をしてしまう選手が非常に多いんです。

バッティングの場合、特にぶつかったりしていないのに、バットを振っているだけで手首や腰(腰椎分離症)を痛めてしまう選手が非常に多いのではないでしょうか?これにはもちろん原因があり、バットを振るモーションを間違えてしまっているから怪我をしてしまうんです。良い形でバットを振ることができれば、手首や腰を痛めることはほとんどなくなります。

近年は特にバットをしっかり振るという指導をされるケースが多くなっていると思いますが、間違ったモーションで強く振り続ければ、簡単に手首や腰を痛める結果になってしまいます。ですので強く振り続ける前に、正しいフォームを身につける必要があります。そうすれば強く振り続けても怪我をすることはなくなります。

理由もないのに怪我をするということはありません。原因があるからバットを振っているだけでも怪我をしてしまうんです。本当なら怪我をしないフォームを野球チームで教われるのがベストだと思いますが、それは非常に難しい状況だと思いますので、怪我をしない正しいフォームを身につけたいという方は、ぜひお近くの、プロフェッショナルなコーチがいる野球塾に通ってみてください。当野球塾の場合はスラッガー養成コースで、怪我をしにくく更にパフォーマンスが向上するバッティングフォームを指導を行なっております。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾