ボールを迎えに行く,突っ込むについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

タイミングを合わせるのが苦手な打者の典型と修正方法

ピッチャーの仕事はバッターのタイミングを外すこと、バッターの仕事はピッチャーのボールにタイミングを合わせること。ピッチャーとバッターの勝負は、このどちらが成功したかにより大勢が決まります。それでも10回中7回はピッチャーが勝ちますので、バッティングはそれほど難しいもの、と考えることもできますね。


プロ野球では打率3割打てれば一流と言われています。しかし小中高の学生野球であれば、4割前後は打ちたいものです。実際レベルの高い投手が少ない分、4割打つことは十分に可能なのです。当野球塾には打率0割台の学生選手がたくさん通っていますが、打撃技術を1からしっかりと見直したことにより、4割前後打てるようになった選手がたくさんいます。ではどうすればそれが可能になるのか?

もちろん身につけなければならない技術はたくさんあります。しかしそれが身についていたとしても打てない選手は打てません。その理由はピッチャーのタイミングでバッティングをしに行ってしまうからです。その典型例はボールを迎えに行ってしまう打ち方ですね。

体重移動をする打ち方の場合はポイントが前になりやすく、ちょっとしたことですぐにボールを迎えに行く打ち方になってしまいます。そういう意味でも当野球塾では現代のプロ野球の主流になっている体重移動をしない打撃技術を中心に指導しています。体重移動をしない打ち方ができるようになると、ピッチャーのボールを自分の打ちやすいポイントに来るまでしっかりと待てるようになります。

体から遠いポイントではなく、体に近いポイントにボールが来るまで待てるからこそ、バットを正確にボールにぶつけて行くことができ、ヒットの本数が増えるという結果につながります。言い方を変えると、ピッチャーのタイミングで投げられたボールを、バッターのタイミングで打てるかどうか、ということです。

打つ時にどうしても体が突っ込んでしまったり、ボールを迎えに行く打ち方になってしまう選手は、振り遅れるくらいの気持ちで打ちに行ってみてください。右打者ならセカンドライナー、左打者ならショートライナーをイメージします。ですが流し打ちにならないように気をつけてください。あくまでも少し振り遅れて打つというイメージで行います。流し打ちの形になってしまうとバットを振り切ることができませんので、当てるだけのバッティングになってしまいます。

ピッチャーはあらゆる方法でバッターのタイミングを外しにかかってきます。その上でピッチャーのタイミングで打ってしまっては打率が上がることはまずありません。だからこそ振り遅れるくらいの気持ちで、ボールがバッターのタイミングに入って来るまで待つことが打率を上げるためには重要となります。

自分のタイミング、自分の打ちやすいポイントに来るまでボールをしっかりと待ち、素振りをするような気持ちでバットを出していけば、3打席に1回は良い打球を飛ばせるようになるはずです。打撃不振の選手はぜひ試してみてください。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック/怪我をしない投げ方を科学的に学ぼう!

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 打者が軸足を動かすタイミングは主に2種類、どっちが良いの?!
次のコラム 打率も飛距離もアップする反対方向に引っ張る打ち方

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾