TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 上半身が突っ込んでしまう時の改善ドリル

上半身が突っ込んでしまう時の改善ドリル


このエントリーをはてなブックマークに追加
バッティングのパフォーマンスを最も低下させてしまうのは、いわゆる上半身が突っ込むという形です。上半身が突っ込んで先走ってしまうと手打ちになってしまい、力強くバットを振ることができなくなってしまいます。するとボテボテのゴロや、ポップフライが増えるようになり、アウトになる時の打球の質がどんどん低下していってしまいます。

打率を伸ばす一つのコツとして、今まで打っていたヒットの数を増やすと考えることも大切ですが、それ以上にまずは、今まで確実にアウトになっていた力の弱い凡打の打球の質を高めるという考え方があります。今まではボテボテの内野ゴロだった打球の質を高めることができると、そのゴロが内野手の間を抜けていくようになります。

打球の質を高めるためにも大切なのが、とにかく突っ込まずに、ボールを迎えに行かずにコンタクトしていくということです。でも頭ではわかっていても、なかなか難しいんですよね。しかも「甘い球が来た!」と思った時ほど気持ちが先走り、上半身が突っ込んでいってしまうものです。ではどのようにすれば突っ込む癖を改善することができるのでしょうか?

改善方法はたくさんあるわけですが、今回は非軸脚に体重を乗せるという方法をお勧めしたいと思います。体重移動をする打者も、しない打者も、軸脚に体重を乗せてタイミングを取っていくというのは共通しています。この時軸脚ではなく、非軸脚に体重を乗せたまま、その非軸脚を上げてタイミングを取り、少し振り遅れるくらいの気持ちで振っていきます。すると上半身は突っ込みにくくなります。

理由は単純で、体重が軸脚にある状態で動けば体重は非軸脚に移りやすく、非軸脚に乗っている状態で動き出せば体重は軸脚に移りやすくなるからです。この練習はティーバッテイングで行うと効果的で、この練習により上半身が突っ込まない形を体に覚えこませ、フリーバッティングや実際の打撃に繋げていってください。もちろんこれはドリルですので、上半身が突っ込まない動きが身についてきたら、普通の打ち方に戻してどんどん試していってください。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾