スタンスについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

まずは基本となる真っ直ぐなスタンスを身につけよう

今回はスタンスについて書き進めてみたいと思います。スタンスというのは足部をどのように構えているか、ということです。結論から言うと一番の基本となるのは、つま先と膝がしっかりと正面を向く形となります。右打者であれば両方のつま先と膝が左打席を真っ直ぐ向き、左打者なら右打席を向くスタンスです。このスタンスを取ることにより、センター返しをさらに強い打球で打てるようになります。

上述したスタンス以外だと、内股気味になるか、がに股気味になるかとなります。さらに分けると軸足だけ内股、非軸足だけが内股というように、どちらかの足が内股、もしくはがに股になるという形もあります。もっと言えば軸足ががに股で、非軸足が内股になるという、左右で異なるスタンスを取っている打者も少なくありません。

野球場はなぜセンターがレフトやライトよりも深く作られているのか?それは良い動作で打つことができると、センターに飛ぶ打球が最も遠くへ飛んでいくからです。だから昔の人はセンターだけを両翼よりも深く作ったのです。

基本的な話になりますが、やはりバッティングはセンター返しが一番大切なのです。センターにしっかりと打ち返せる動作で打っているからこそ、流打ちや引っ張りも良い動作で行えるようになるのです。

軸足のスタンスにフォーカスを当てると、ここが内股になり過ぎると内転筋が外側を向いてしまい、下半身によって上半身の突っ込みを抑えることができなくなります。逆にがに股になってしまうと、単純に踏ん張りが利きにくくなります。さらには軸足ががに股になるということは下半身は逆方向を向き、上半身はセンター返しをしようとする形になり、上半身と下半身が上手く連動しなくなってしまい、その結果腕力に頼った手打ちになりやすくなります。

上半身と下半身を上手に連動させるためにも、スタンスは両足ともにつま先と膝が真っ直ぐ反対打席を向くように取るようにしましょう。そうすれば踏ん張りも利きますし、体もかんたんには開かなくなります。その結果力強いスウィングが実現され、ミート力がアップするようになります。もしスタンスが目立った内股やがに股になっている場合は、まずは1〜2週間でもいいので、反対打席を真っ直ぐ向くスタンスを試してみてください。

内股やがに股、オープンスタンスやクローズドスタンスはあくまでも応用です。ですので一番の基本となる真っ直ぐのスタンスでしっかり打てるようになった上で応用にチャレンジした方が、その応用もより活きてくるようになります。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック/怪我をしない投げ方を科学的に学ぼう!

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム インサイドアウトはこの練習方法で身につけよう
次のコラム 自然とインサイドアウトでバットが出るようになる打ち方

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾