球数制限,学童野球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 少年野球の練習時間は4時間で十分!その使い方とは?!

少年野球の練習時間は4時間で十分!その使い方とは?!

  • 球数制限をして守るしかない子どもたちの体と伸び代
  • 人間は実は22歳までが成長期?!
  • 完成させるということは伸び代を奪うということ!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

この冬から、アマチュア野球の球数制限への意識が高まりつつあります。まず新潟県の高校野球が導入し、そして学童軟式野球にも導入され。とても良いことだと思います。学生野球というのはあくまでも教育の一環であり、酷使をする場ではないからです。そしてもちろん、選手として完成させる必要もありません。


人間の身長というのは、実は22歳までは伸びるんです。つまり生物学的には22歳までが成長期である、という表現をすることもできます。そして成長期というのはあくまでも成長期であって、完成をさせるための年代ではありません。しかし日本では勝利至上主義がまかり通っており、世代世代で完成させようとしてしまう指導者が非常に多いという現状です。

タッチ』の上杉和也投手のように、自主的に考えながらできる限りのトレーニングをしてエースになるというケースは稀ではありますが、これは理想だと思います。しかし日本の小中学生チームの現状はどうでしょうか?チーム練習が1日6〜8時間あり、自主練習や勉強ができないほどクタクタにさせられてしまうことも少なくありません。

チーム練習は6時間もやる必要などまったくありません。もし私が少年野球のメニューを組むとすれば4時間です。まず1時間ウォームアップし、2時間野球をして、1時間ボディメンテナンスを行う、という4時間の使い方です。グラウンドは通常2時間単位で借りると思いますので、この4時間の使い方であればグラウンドはまさに2時間だけ借りられれば問題ありません。活動時間も午前中だけで終了です。

さて、完成というのは言い方を変えれば頭打ちさせる、という表現もできます。もちろん素直な言葉の使い方ではありませんが、見る方向を変えればそういう見方もできます。つまり、例えば小中学生の段階で完成させようとしてしまうと、選手としての伸び代が狭くなってしまうということです。

例えば甲子園で大活躍したスーパーエースたちのプロ入り後の結果を観察すると、果たして何人の甲子園の大スターがエースピッチャーとしてプロで活躍できたでしょうか?松坂大輔投手を含め、人数は非常に少ないはずです。近年で言えば大谷翔平投手は怪我に苦しみ、藤浪晋太郎投手も長年不振にあえいでいます。

逆にプロで20年前後一線で活躍した投手を観察すると、アマチュア時代には完成させられず、伸び伸びと野球をやっていた選手が大半です。野球で一番大事なことは、とにかく怪我をしないことです。怪我をしにくい良い投げ方でたくさん練習をするのであれば問題もないのかもしれません。しかしその動作の指導ができていない状態で子どもたちに一日中野球をやらせるというのは、これは正しいやり方だと言うことはできません。

私のマンツーマン野球塾では、とにかく動作の土台作りを徹底して行なっています。下半身の使い方が本当に良い形になってくれば、実は上半身というのは自然と良い動きへと変わり始めるものなのです。しかし土台が不安定な状態でたくさん練習してしまっては、良い効果というのはほとんど得ることはできません。

多くの野球指導者が怪我をしにくい良い動作を指導できないのであれば、やはり球数制限や練習時間の制限によって子どもたちの体を守っていくしか方法はないのかもしれません。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 学童野球で導入される1日70球の球数制限と練習時間の削減
次のコラム 筒香嘉智選手の発言を、当野球塾は100%支持します!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾