いま世界中で増え始めているヴィーガンのプロスポーツ選手

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

 

いま世界中で増え始めているヴィーガンのプロスポーツ選手

プロスポーツ界に増えつつあるヴィーガンプレイヤー

近年、プロスポーツ選手たちの間でヴィーガンへのシフトチェンジが高い注目を集めています。かく言う僕自身ヴィーガンで、肉・魚・乳製品・蜂蜜などは一切口にしません。スタバに行っても頼むのはソイ・ドライ・カプチーノです。

「肉を食べないと力が出ない」と言われることもありますが、科学的にはそんなことはありません。現に僕はジョギングで軽く10〜20kmを走れますし、走り幅跳びでは6m飛べます。ちなみに僕は15歳で肩を痛めたため、職業は野球のコーチですが自分で野球をすることはありません。

体重が100kg以上もあるNFL(アメフト)の屈強な男たちは皆肉を食べて体を強くしている、というイメージも実は間違いで、筋骨隆々のNFLトッププレイヤーの中にもヴィーガンやベジタリアンは何人もいます。

そしてテニスをしていなくても、ノバク・ジョコビッチという名前くらいは聞いたことがあると思います。世界ランク1位だったプロテニスプレイヤーです。このジョコビッチ選手もヴィーガンで肉や魚はまったく食べません。

サッカー界で言うと、クリスチアーノ・ロナウド選手はヴィーガンやベジタリアンではないのですが、肉は鶏肉を僅かに食べる程度で、タンパク質は主にブロッコリーで補給しています。

さらに野球界で言うならば、メジャーリーガーのパット・ネシェク投手がヴィーガンとして有名です。あとは常にというわけではなく、一時的にとかシーズンオフにヴィーガンやベジタリアンなのはCCサバシア投手、プリンス・フィルダー選手、ハンター・ペンス選手、ビル・リー選手、マイク・フィアーズ選手、タイ・ケリー選手、ジョシュ・ドナルドソン選手、トニー・ラルーサ監督、そしてハンク・アーロン選手ら、本当に錚々たる方々です。

ヴィーガンフードがアスリートを強くするという多数のエビデンス

僕は仕事でよくメットライフドームに行くのですが、実はメットライフドームは今季からヴィーガンフレンドリーなスタジアムになったんです。元ライオンズの選手である米野智人さんのヴィーガンフードストアが登場し、個人的には嬉しい限りです。

「肉や魚を食べないとスポーツでは勝てない」というのはまったくの迷信で、それどころか実は逆であるということが近年科学的に明らかになりつつあるんです。

例えば単純に肉を食べれば食べるほど、腸内フローラが悪化していきます。すると消化吸収の速度が遅くなることにより、いくら肉を食べても栄養価ほどのタンパク質を吸収することができなくなります。するともっと肉を食べるようになり、さらに腸内フローラを悪化させてしまうというスパイラルに陥ります。

僕は個人的に「みなさんもヴィーガンになりましょう!」と言う気はまったくありません。ですが肉や魚を食べるのをやめる、もしくは減らすと腸内フローラは確実に改善されていき、腸の調子が良ければ内臓全体の調子も良くなり、体が強くなるだけではなく肌も髪もキレイになります。成人病になるリスクもかなり低くなることも分かっています。

そして肉で摂れて、野菜で摂れない栄養素は一つもありません。タンパク質を豊富に含んだ野菜はたくさんありますので、ヴィーガンやベジタリアンになったからと言って、摂取できる栄養価が低下するということはまったくありません。

日本はヴィーガンフレンドリーのレストランがほとんどないため、僕は日本で外食をすることはほとんどありません。カフェを除けば、せいぜいたまにマクドナルドでフライドポテトとアップルパイを食べる程度です。ちなみにアメリカのマクドナルドでは大豆ミートのパテで作ったハンバーガーがあり、ヴィーガンにも好評だそうです。

海外だと、ほとんどのレストランでヴィーガンやベジタリアンフードが用意されています。もちろんサラダだけではありませんよ。

ヴィーガンにシフトチェンジすると、プロスポーツ選手のパフォーマンスが向上するというエビデンスが近年数多く論文で発表され始めています。そのため今後はヴィーガンのプロスポーツ選手がさらに増えていくことが予想されます。

ちなみに肉を食べる量が多いと体の柔軟性がアップしにくいということが説明された論文もあります。ただしこれに関してはエビデンスがまだ少ないため、参考程度の情報として留めておいてください。

イオン系スーパーで豊富なヴィーガンフードの冷凍食品

しかしいくらヴィーガンフードがアスリートによってプラスになるからと言って、今まで肉が大好きだった選手がいきなりパッタリと肉を食べるのをやめてしまうと、それは大きなストレスになることがあります。

ですのでいきなり完全なヴィーガンやベジタリアンになるのではなく、毎日食べていた肉を、週に1回はまったく食べない日を作る、というところから初めて行けば良いと思います。

イオン系スーパーではヴィーガンフードの冷凍食品も比較的多く取り揃えられています。ハンバーグ、サイコロステーキ、シュウマイ、麻婆豆腐などなど。僕も頻繁に買うのですが、ヴィーガンではない人に何も言わずに食べてもらっても、違和感なく美味しいと言って食べていました。

もし腸内フローラを改善し、体のコンディションを全面的に改善してパフォーマンスの向上に繋げたいという場合は、このような冷凍食品からチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

✏️コラム著:Kaz(野球専門プロコーチ)
TeamKazオンライン野球塾 肩肘を痛めない科学的に正しい投げ方が、 実は一番球速・遠投力・制球力がアップする! 冬の間に本当に正しい投げ方を僕と一緒にマスターしよう! 僕の生徒さんの78%が短期間で球速10kmアップを達成!

  TeamKazオンデマンド野球塾 パソコンの方はこちらをクリックしてください。