タグ「故障を防ぐ」が付けられているもの

バッティングで怪我をしやすい場所と言えば腰と手首だと思います。今回は手首にフォーカスし、なぜ手首を痛めてしまうのか、そしてどうすれば痛め難くなるのか、ということについて書き進めてみたいと思います。

なぜバッターは手首を痛めやすい?!

まず手首を痛めてしまう原因は単純で、手首を返してしまうからです。手首を返してしまうと、手首を真っ直ぐなまま使うことができなくなってしまいます。そして手首が真っ直ぐではない状態でバットとボールがぶつかる衝撃を受けることになるため、衝撃を前腕、上腕へと分散することができなくなり、手首を痛めてしまうんです。

あとは単純にスウィング中に手首を曲げる回数が増え、曲げる角度も深くなるほど、素振りをしているだけでも痛めやすくなります。ですのでバッティングでは実は手首というのは使うべきではないんです。「強いリスト(手首)」という表現を野球ではよく使うわけですが、これはどんな強い動きにも真っ直ぐなまま耐えられる強さ、という意味です。

手首を返すとミート力が低下する?!

ちなみに手首を返してしまうとヒッティングポイントがどんどん投手寄りになり、ミート力もどんどん低下してしまいます。逆に手首を返さなければヒッティングポイントを自分の体の近くに置けるようになり、体の近くで打てる分、バットをより正確にボールにぶつけていけるようになります。つまり手首を怪我しない打ち方は同時にパフォーマンスもアップし、手首を痛めやすい打ち方ではパフォーマンスも低下してしまう、というわけです。

近年では手首をガードする打者用サポーターのようなものも市販されいて、プロアマ多数の選手たちが利用しています。これは怪我防止という意味でも、手首のロックをサポートしてもらうという意味でも、良いアイテムだと思います。

怪我をしない打ち方が一番上達する!

完全に打ち終わった後、つまりフォロースルーの中盤〜後半にかけては手首が返ってしまってもそれほど大きな負荷にはなりません。ですので重要なのは、インパクトの瞬間に手首を真っ直ぐにしておけるか、ということです。これができるようになればパフォーマンスもアップしますし、手首に対する負荷も最小限に抑えられるようになるはずです。

バッティングで上達するために一番大切なことはなんだと思いますか?実はこれはバッティングでもピッチングでも、走塁でも守備でも同じことなのですが、怪我をしないことです。これが何よりも大切なことです。怪我をしてしまっては練習ができなくなるのでそこで上達が一時停止してしまいます。そして怪我をしてしまうということはモーションが間違っているということですので、やはり大幅な上達を期待することはできません。


わたしは他競技の様々なプロフェショナルコーチとも親交があるのですが、野球ほど怪我が多いスポーツを聞いたことがありません。コンタクトで怪我をしてしまう、というのは少し仕方ない面もあります。例えば打球を追いかけていて他の選手やフェンスにぶつかって怪我をしてしまうというのは、もちろん防げるのですが、仕方なかったと諦めて前向きに回復に努めることもできます。しかし野球の場合、ただ投げているだけ、ただ打っているだけで怪我をしてしまう選手が非常に多いんです。

バッティングの場合、特にぶつかったりしていないのに、バットを振っているだけで手首や腰(腰椎分離症)を痛めてしまう選手が非常に多いのではないでしょうか?これにはもちろん原因があり、バットを振るモーションを間違えてしまっているから怪我をしてしまうんです。良い形でバットを振ることができれば、手首や腰を痛めることはほとんどなくなります。

近年は特にバットをしっかり振るという指導をされるケースが多くなっていると思いますが、間違ったモーションで強く振り続ければ、簡単に手首や腰を痛める結果になってしまいます。ですので強く振り続ける前に、正しいフォームを身につける必要があります。そうすれば強く振り続けても怪我をすることはなくなります。

理由もないのに怪我をするということはありません。原因があるからバットを振っているだけでも怪我をしてしまうんです。本当なら怪我をしないフォームを野球チームで教われるのがベストだと思いますが、それは非常に難しい状況だと思いますので、怪我をしない正しいフォームを身につけたいという方は、ぜひお近くの、プロフェッショナルなコーチがいる野球塾に通ってみてください。当野球塾の場合はスラッガー養成コースで、怪我をしにくく更にパフォーマンスが向上するバッティングフォームを指導を行なっております。

ピッチャーが痛めやすいのは肩と肘ですが、バッターが痛めやすいのは腰と手首です。今回は手首を痛めてしまう原因について少し書き進めてみたいと思います。結論から言いますと、手首を痛めてしまうスウィングはほとんどの場合がアウトサイドインになっているはずです。


ミート力を高めるためにはインサイドアウトでバットを振っていく必要があります。しかしこれがアウトサイドインになってしまうと、手首を曲げなければバットをヒッティングエリアまで持っていくことができなくなります。ピッチングでもバッティングでも、手首は使ってはダメです。怪我しやすくなるだけではなく、パフォーマンスも低下してしまいます。

バッティングではよく手首を返すように教わったりしますが、返さないのが理想です。スラッガー養成コースでは選手たちにいつも指導している内容ではありますが、手首を返した時と返さなかった時とでは、手首を返さない時の方が圧倒的に力が入るのです。つまり力強いストレートにバットが押されないようになります。

全スウィングを手首を返さずに打てればそれが理想ではありますが、しかしなかなかそうは行きません。ピッチャーも、バッターのタイミングを崩すために一生懸命になっていますから、ピッチャーが投げるボールによってはタイミングを外され、上半身が前へ突っ込み、手首を返さなければスウィングさせてもらえない形になることもあります。

ですがそうではなく、自分の体の近くで打てる状況の時は、手首は返さないのが理想です。裏返すという意味ではボールを打ち、フォロースルーに入っていくと下を向いていたトップハンドの甲が上を向いて行きます。しかしこの時手首を曲げたり捻ったりしてはダメなのです。力が入らなくなりますし、手首を曲げたり捻った状態でスウィング動作を行うと、手首を捻挫しやすくなります。

今まで体重移動ありきのウェイトシフト打法と、手首を返す打ち方を教わってきた方には信じられないスラッガー養成コラムになるかもしれませんが、手首は曲げたり捻ったりすることはありません。この良い形できるということはバットがコンパクトに振られているということで、バットがコンパクトに振られているということはボールを自分の体の近くで打つことができ、自分の体の近くでボールを打てるからこそミート力がアップしていくのです。

怪我を防ぐためにも、ミート力をアップさせるためにも、もし今まで手首を曲げたり捻ったりしていた選手は、手首を曲げたり捻ったりしないバットスウィングを身につけるようにしてみてください。そうすれば手首の怪我のリスクを軽減させ、その上ミート力をアップさせることもできるはずです。

ミート力を上げるためにバットを短く持つことがあります。確かにバットを短く持つと、バットにボールを当てやすくなります。しかし日常的にバットを短く持って振ることは、当野球塾では推奨していません。今回のコラムではその理由をかんたんにお伝えしてみたいと思います。


まずバットのノブ(グリップエンドの先の丸く膨らんだ部分)に関してですが、これはバットがすっぽ抜けないように付いているすごく便利なものなんです。ノックバットを振ったことがある方ならわかるかもしれませんが、ノブが付いていることによって腕力や握力をほとんど使わずに強い打球を打てるようになるんです。

しかしノブを使わずにバットを短く持ってしまうと、バットがすっぽ抜けないように力強くバットを握る必要が生じてしまいます。人間の体は末端が力んでしまうと、その手前もすべて力むように作られています。つまり手で強く握ってしまうと、腕全体に力みが生じてしまうことになります。

力んだ状態ですと手首や肘がロックされた状態でバットが振られることになります。特に手首は曲がった状態でロックされやすく、その状態でバットを振り続けるとすぐに手首を怪我するようになってしまいます。

ただし、インパクトの瞬間はグリップの中でバットが遊ばないようにギュッと力を入れる必要があります。ですがこれは片手だけです。ステイバックで打っている選手はトップハンド、ウェイトシフトで打っている選手はボトムハンドを強く握り、グリップの中でバットが遊ばないようにします。

また、バットを短く持ってしまうとヘッドが利かないスウィングになってしまうため、打球の勢いが弱くなりやすいんです。怪我を防ぐためにも、パフォーマンスをアップさせるためにも、自分の体型に合った長さと重さのバットを選ぶことが大切なのです。そういう意味でも小中学生は高価なバットではなく、少し安価なバットを体格に合わせて1〜2年に1回持ち替えるのが良いと思います。

でもどうしても体格に合わない長いバットしかない、もしくは常時バットを短く持ちたい場合は、グリップのどこかにテーピングテープでノブを作ってしまうと良いと思います。プロ野球でも埼玉西武ライオンズで活躍した大﨑雄太朗選手が一時、バットのグリップエリアにテープでノブを作っていることがありました。ただこれはあくまでも最終手段の裏技ですので悪しからず。

野球選手はスポーツをしている限り怪我をするのが当たり前、という考え方が野球界には未だに存在しています。しかしこれは大きな間違いです。スポーツをしているから怪我をするのではなく、下手だから怪我をするんです。上手な選手はほとんど怪我をすることなく野球を続けることができます。


例えば打者、野手で痛めやすい部位と言えば腰、手首、足首、肘などがあると思いますが、体に負荷のかからない良いフォームで動けていれば、これらの部位を痛めることなどほとんどありません。

例えば全力でバットを振るいわゆる「マン振り」と呼ばれるスウィングですが、非常に高い確率で腰、もしくは手首を怪我します。それはなぜなのか?本来ならば8割の力でバットを振っても、ホームランを打つ技術を身に付けていればスタンドインさせることができます。しかし技術がまだ足りないとフルパワーでバットを振り、力で遠くまで飛ばすしかなくなってしまうんです。

野手であれば選手同士の激突や、フェンスへの激突で怪我をしてしまうこともあります。しかし選手同士の激突は前もったフォーメーションに関するコミュニケーションと、声の掛け合いで防ぐことができます。フェンスへの激突に関しても、フェンスまでの距離がしっかりと頭に入っていれば激突することはありません。

守備や走塁時のスライディングにしても同様です。そもそも守備でスライディングキャッチをする必要性はほとんどありません。スライディングできるだけの時間があるのであれば、ほんの少しだけ斜め後ろに走って打球を追い駆ければ、立ったまま捕球することができ、すぐに次のプレーに移ることができます。そしてもちろんスライディングやダイビングによって強打し怪我をすることもなくなります。

クロスプレーのように、お互い避けようとしても避け切れないという場合ももちろんありますが、そういう状況以外での単独の怪我に関してはすべて技術不足が原因と考えて間違いありません。

技術を身につけるという作業はパフォーマンスをアップさせるためではなく、怪我することなくプレーをし続けるためにも必要なことなのです。そして技術を身につけるためにはただ漠然と毎日練習を続けているだけではダメです。もっと理論的に「こういう風にプレーをすれば、こういう風に良くなる」「今のフォームはこういう原因で怪我をしやすい」と考えながら練習しなければ、本当の意味で上達することはありません。

投手育成コラムでもスラッガー養成コラムでも何度も書いていますが、怪我をせずにパフォーマンスをアップさせられるフォーム、モーションこそが正しい動作なのです。

近年、野球肩や野球肘に負けない勢いで増えているのが野球腰です。最も多いと言われているのが腰椎分離症という怪我です。ここ数年、腰椎分離症になってしまう中高生選手が非常に増えています。ではなぜ腰椎分離症になってしまうのでしょうか?

最も大きな原因としてはマスコットバットの存在です。1kgもあるマスコットバットは、プロ野球選手が振っても大きな負荷が体にかかります。そのような重いバットを中高生が日常のトレーニングで振り続けてしまっては、怪我をしない方がむしろ不思議だといます。

そしてもう一つ考えられる大きな原因は、フォロースルーの後半に入ってもトップハンドを離さないスウィングです。つまり振り終わるまでバットを両手で握り続ける振り方です。この形でバットを強振してしまうとフォロースルーで腰が必要以上に捻られてしまいます。これが体に大きな負荷となってしまい腰痛を引き起こしやすくなるのです。

ちなみにバットを最後まで両手で握り続けてしまうと、バットを最後まで振り抜かない悪い癖が付きやすくなります。バットを最後まで振り抜かない癖がついてしまうとインパクトが弱くなってしまい、打球の勢いが弱まります。

ただし小学生のように握力がまだ弱い選手の場合は最後まで両手で握ってバットを振った方が、バットがすっぽ抜ける心配はなくなるケースがあります。小学生の場合はスウィング速度もそれほど速くありませんので、中高生のスウィングほど体への負荷は大きくはならないはずです。

と言っても将来的なことを考えると、やはり小学生のうちからフォロースルーの後半ではトップハンドはグリップから離し、バットを最大限の幅で振り抜く癖を付けることがベストだと思います。その方がインパクトは強くなりますし、腰痛を防ぐこともできます。

小学生のうちから、手のひらをマメだらけにする必要はないと思います。そう考えると小学生こそバッティング手袋を使うことにより、グリップ力を高めた方が効果的とは言えないでしょうか。中には「小学生のうちからバッティング手袋なんて早い」と考えている方もいらっしゃるようですが(しかも意外と多く)、その考え方は論理的とは言えません。

握力が弱い小学生こそ、バッティング手袋によってグリップ力を高めると考える方が論理的です。そしてそれによってグリップ力が高まれば、フォロースルーの後半でトップハンドを離す打撃フォームにしても、バットがすっぽ抜ける心配はほとんどありません。もし本当に心配であれば、滑止めスプレーを使えばいいと思います。

当野球塾では小学生はビヨンドなどの複合バットを使う前に、まずはバッティング手袋と滑止めスプレーを使うことの方が先だと考えています。そして未成年選手の腰痛を減らすためにも、体に負荷のかからないフォームを指導者が適切に指導してあげる必要があります。そのうちのひとつがフォロースルーの後半でトップハンドを離し、バットが背中に巻きつくまでバットを最大限の幅で振り抜くというフォームというわけです。
打者が怪我をしやすい場面としてよく挙げられるのは、やはりデッドボールではないでしょうか。軟式球では青あざができる程度で済むことがほとんどだと思いますが、硬式球となるとそうは行きません。当たりどころや避け方が良くないと、骨折してしまうことも多いのです。最悪の場合はヘルメットを被っていたとしても、頭部死球で命に関わることもあります。ですので死球に対しては、軟式野球を始めた小学生の頃から避け方を覚えておいた方がいいのです。

体重移動をするウェイトシフトタイプの打者の場合、投球にぶつかりに行くような動きで死球を受けてしまうことが多いので、怪我もしやすくなります。さらに言うと、打つポイントを前に置いている打者も手首や肘、指に死球を受けやすくなりますので、注意が必要です。特に手の甲や指は注意が必要で、ボールとバットとのサンドウィッチになってしまうことにより、軟式球であっても骨折してしまうことがあります。

インサイドアウトという技術がありますが、実はこの技術は死球で怪我をしないためにも有効なのです。その理由はグリップエンドからバットが振られていくため、手ではなく、グリップエンドで死球を受けやすくなるんです。その結果死球を受けても怪我をしにくくなります。ちなみにもちろんですが、グリップエンドに投球が当たっても死球ではなく、インプレーやファールボールとしてプレーが続けられることがありますので、ご注意ください。

わたしは選手たちに「無事是名馬」という言葉をよく使います。怪我をしなければたくさん練習ができ、どんどん上達できます。しかし怪我が多ければどれだけセンスや潜在能力が高くても、それらを活かすことはできません。プロ野球でもたくさんいますよね、潜在能力は高いはずなのに怪我や故障で一本立ちできない選手たちが。

やはり上達するためには、怪我をしないということが大前提になるのです。そして少年野球のうちから死球を上手く避ける練習をしておくと、死球によって怪我をするリスクを減らすことができますので、怪我なくたくさん練習ができ、その結果誰よりも上達していくことができるのです。だからこそ野球選手を含めたアスリートは「無事是名馬」という言葉がピッタリはまるわけなのです。
常にフルスウィングを続けていると手首を怪我しやすいということは、前回のスラッガー養成コラムでお話しした通りです。今回は手首を痛めてしまったあとの対処法を解説していきたいと思います。

対処法といっても、痛めてしまったらまずは迷わず病院に行ってください。これは病院で治療してもらい、完治したあとのお話です。打者の場合、一度手首を痛めてしまうとそれが癖になってしまうケースが多くなります。プロ野球選手でもスラッガーほど手首を痛めている選手が多いですよね。これは一部の選手にとってはフルスウィングし過ぎた代償と言うこともできます。

手首を痛めてしまった選手が再発を防いだり、または痛めにくいスウィングをするためには、グリップエンドに小指を巻くと効果的です。もしくはグリップパッドを使い、ストレートグリップのバッドをフレアグリップにすると同じような効果を得られます。

なぜそうなるかと言うと、グリップエンドに小指を巻いたりフレアグリップにすると、小指をリラックスさせた状態でバットを振ることができます。小指がリラックスできるということは、小指から肘にかけてを全体的にリラックスさせられるということですので、その間にある手首もまた力まずに済むというわけです。

ストレートグリップでボトムハンドの小指までしっかり強く握ってしまうと、手首や肘がロックされやすくなり、その状態でフルスウィングを続けてしまうと手首に衝撃が蓄積蓄積されていき、怪我しやすくなってしまうのです。

ただし注意点として、ストレートグリップのグリップエンドに小指をかけるとバットコントロールが少し難しくなります。ですのでミート力を低下させたくない場合は、フレアグリップを利用することをお勧めします。木製バットの場合はフレアグリップの選択肢は多いのですが、金属バットの場合は選択肢がそれほど多くはないため、グリップパッドを使ってフレアグリップに作り変えると良いと思います。
普段からマスコットバットなど、通常よりも重いバットで素振りをしたり、ティーバッティングをしている選手は少なくないと思います。しかしこの練習法は怪我を防ぐためにも、やり過ぎは絶対に避けるようにしてください。

打席に入る前に数回マスコットバットを振るくらいならば問題はありません。しかし日常的にマスコットバットを振り続けてしまうと、腰椎の疲労骨折や分離症を引き起こしてしまうリスクが非常に高くなってしまうのです。つまりこれはただの腰痛ではなく、非常に治りにくい大怪我ということです。

ちなみに打席に入る前にマスコットバットを振っても、通常の重さのバットスウィングが速くなることはありません。あくまでも速く振れている感覚になるだけで、データを取っていってもスウィング速度が3km/h以上アップするケースはほとんど見受けられませんでした。また、重いバットを振ったからといって筋肉の活動に大きな変化が生じることもほとんどありません。

硬式用バットの場合、通常の重さでも850〜900g程度の重さがあります。これだけの重さの物を振るだけでも、腰椎には大きな負荷がかかっています。ちなみに右打者の場合、左打者よりも腰痛になる確率は少し高くなります。その理由はバットを振った後、上半身は三塁側に回っていきますが、下半身は一塁方向へ進もうとするため、腰の捻りが左打者よりも大きくなるためです。

さらに付け加えると、ぶら下げたタイヤを打つ練習も故障のリスクを高め、あまり高い練習効果は期待できません。ぶら下げたタイヤを使うのであれば、バットをタイヤに優しく当ててから、そこから下半身を使ってバットに乗せるようなイメージでタイヤを前方に運ぶ練習がオススメです。

疲労骨折は癖になってしまうケースもあります。例え今はまったく腰が痛くなくても、負荷の蓄積が将来腰椎の疲労骨折や分離症を引き起こしてしまうことも多々あります。ですのでマスコットバットはあくまでも打席に入る前に数回振る程度で収めるようにしてください。