タグ「ノーステップ打法」が付けられているもの

ノーステップ打法のコツ

タイミングを上手く取れない打者が陥りやすい落とし穴

ミート力をアップさせるためには、タイミングの取り方も上手くなっていく必要があります。バットを出したいところに出してスウィートスポットでボールを捕らえたとしても、タイミングが合わなければ力強い打球を打っていくことはできません。

そしてタイミングを上手く取れない選手、もしくはタイミングを取るのが上手くない選手を指導する監督コーチが陥りがちな落とし穴があります。それはタイミングを取りやすくしようとして、ノーステップで打とうとしてしまうことです。

右バッターの場合は左足、左バッターの場合は右足でリズムを刻んだり、踵をタップすることによってタイミングを計り、実際にステップしていく動作によって最終的なタイミングを合わせていきます。

ですのでノーステップで打とうとすると、逆にタイミングを計ることが難しくなるわけです。

プロ野球選手でもメリットを得にくいノーステップ打法

ステップしていく動作というのはタイミングを合わせるためには不可欠になるわけですが、この時さらに、踵で地面を1回以上タップしてからステップしていく足を上げていくと、さらにタイミングが取りやすくなります。

バッティングは「動」から「動」でスウィングしていかなければなかなか上手くいきません。しかしノーステップ打法だと、「静」から「動」のスウィングになりやすいため、タイミングを合わせにくくなるだけではなく、エネルギーを効率的にインパクトに伝えていく動作の難易度も高くなってしまいます。

プロ野球選手にも何人かノーステップ打法に取り組んだ1軍レベルの選手がいましたが、最終的にはほとんどの選手がステップをする打ち方に戻しています。

ノーステップ打法に挑戦したプロ野球選手のほとんどがステップする打ち方に戻したということは、ノーステップ打法にはそれほどのメリットはなかったということです。メリットが多ければ、当然彼らもノーステップ打法を続けていたはずです。

ノーステップ打法でメリットを得られるタイプの選手とは?

これは7〜8人の僕の生徒さんから聞いた話なのですが、彼らは僕のレッスンを受ける前はバッティングの基礎も身についていなかったことから、中高の野球部でほとんどヒットを打てずにいました。

すると監督から強制的にノーステップ打法に変えさせられてしまったそうです。ちなみに7〜8人の中高生の生徒さんたちはすべて違う学校に通う選手たちですので、もちろんノーステップ打法を強制した監督もすべて違う方です。

ノーステップ打法というのは、打てない選手が打てるようになるために取り組むべき打ち方ではありません。ではどういう選手ならノーステップ打法でメリットを得られるのか?

上半身の筋力、下半身の筋力が共に鍛え抜かれていて、特に体幹の鍛え方が凄まじく、さらにその体幹を使いこなせるタイプの選手であれば、ノーステップ打法でメリットを得られることもあります。

言い方を変えると、タイミングを外されたとしても圧倒的なパワーによって、詰まっても先っぽでも強い打球を打ち返せるタイプの筋骨隆々の選手です。メジャーリーグでは、中南米の選手が圧倒的なパワーによってノーステップ打法で打つ選手が少なくありません。

ノーステップ打法のメリットは、ステップをするという動作を省略する分、より長くピッチャーのボールを見て打つことができます。そのためコースや球種の見極めは非常にやりやすいんです。しかしスウィング速度が速くなければ、ボールを長く見た分振り遅れやすくなるだけです。

パワフルなプロ野球選手でもノーステップ打法のメリットは得られなかった

中田翔選手やT-岡田選手もこのあたりのメリットを求めてノーステップ打法に取り組んでいたと思うのですが、今ではふたりともステップをする打ち方に戻しています。中田選手やT-岡田選手のようなパワーがあっても、中南米の選手のようにノーステップ打法のメリットを得続けることはできませんでした。

ちなみに一部評論家の方が大谷翔平選手の打ち方をノーステップ打法と話していたそうですが、大谷選手の打ち方はノーステップ打法ではありません。スモールステップ打法です。ステップをすることにより、しっかりと右足を使ってタイミングを取っている打ち方です。

ノーステップ打法よりも先に取り組むべきはステイバック

タイミングの取り方に関してはステップや、踵のタップによって向上させていくべきです。そしてヒットを打てない選手に関しては、間違いなくバッティング動作の基礎が身に付いていないはずですので、ノーステップ打法に走ってしまうのではなく、まずはステイバックモーションを身に付けるべきです。

ノーステップ打法というのは、応用中の応用ですので、基礎が身に付いていない選手がノーステップ打法に変えても、99.9%の確率で打てるようにはならないはずです。もちろん0.1%を求めて取り組んでいただくのは選手個々の自由であるわけですが、しかしもし僕が生徒さんにそのような相談をされた場合は、プロコーチとして一旦その生徒さんを立ち止まらせて先に、本当に必要な基礎が身についているかどうかを確認します。

僕の経験上、ノーステップ打法に取り組もうかどうか考えている選手から相談を受けた時、その選手に、バッティングに本当に必要な基礎動作が身に付いていたケースは皆無でした。

ですのでノーステップ打法に取り組む前に、まずはしっかりとしたバッティングの基礎動作を見直すようにしてください。もしご自身ではわからない場合は、ぜひTeamKazオンライン野球塾の無料の野球オンライン相談よりご連絡ください。お待ちしています!

ノーステップ打法は頭が移動しにくくなるけど、しかし!

バッティングでとにかく重要なことは、タイミングを合わせることです。優先順位を付けるとすれば「タイミング>ミート力>パワー」という順番になります。パワーがあったところでミート力がなければ遠くへ飛ばすことはできず、バットを思ったところに出せたとしても、タイミングが合わなければバットはボールには当たりません。しかしタイミングさえ合わせられれば、あとは何とかなったりするんです。ですのでまずはタイミングを上手に取るということを考えていく必要があるわけです。

ノーステップ打法はタイミングが取りにくい

ミート力を上げるためにノーステップ打法に取り組む選手をよく見かけます。確かにノーステップ打法は頭の位置が動きにくくなるため、ミート力をアップさせられる可能性を秘めています。しかしステップすることを省略しているため、タイミングを合わせにくくなります。バッティングにおけるステップとは、タイミングを取るために行う動作となりますので、ノーステップ打法はその動作を省いてしまうため、タイミングを取りにくい打ち方であると言うことができるのです。

ちなみに一部の指導者は、打てない選手に対して強制的にノーステップ打法をさせることがあるそうです。実際僕の生徒さんの中にも、そのような体験をしてからレッスンを受けに来てくれた中高生が何人かいました。「ノーステップ打法を教わりたい」という相談だったわけですが、もちろん僕はノーステップ打法のレッスンも行えます。しかしその時はそれ以上に大事なのは打撃フォームの基本だなと思い、打撃フォームそのものを見直す基礎レッスンからはじめていきました。

まだ基礎ができてなかった中高生にノーステップ打法を強制させても、彼らはヒットを打てるようにはなりません。しかし僕のレッスンによって打撃フォームの基礎を身につけられた彼らは、ノーステップ打法など取り入れなくても頭の位置が移動しなくなり、軸も安定したことによりスウィングスピードもアップし、軒並み3割以上の打率をマークできるようになっていきました。

プロ野球でノーステップ打法に取り組んだ打者たちのその後

プロ野球でもノーステップ打法に取り組んだ主力打者が近年だけでも数人います。しかし最終的にずっとノーステップのまま打ち続けた打者はいません。その理由は上述したように、タイミングを取りにくくなるためです。プロレベルの投手となると、タイミングを合わせることは本当に至難の業です。

ノーステップ打法にするのなら、ステップオン打法にした方がタイミングを取りやすくなります。ステップオン打法とは、人によってその形は少しずつ違うのですが、カカトをトントン踏みながらピッチャーのリズムに入り込んでいくタイミングの取り方です。プロ野球で首位打者を取っている選手の多くがステップオンを打撃フォームにインストールしています。

ノーステップ打法に限らず、自分に合ったステップを見つけよう

ノーステップではタイミングを取りにくいと言っても、逆に一本足打法にすると非常にタイミングを取りやすくなるというわけではありません。ステップを使ったタイミングの合わせ方の良し悪しは人それぞれです。自分自身がもっともタイミングを合わせやすいステップモーションを探す必要があります。その上でノーステップが一番タイミングを取りやすいのであれば、ノーステップで打っていくのがいいと思います。

ただし注意点としては、ステップ後にステップ幅を狭くしないということです。これをやってしまうと重心を上げながら打つ形になってしまいますので、ボテボテの内野ゴロを量産しやすくなります。

プロ野球選手たちのステップの取り方を色々と真似しながら、自分自身がもっともタイミングを取りやすいと感じるステップの取り方を探してみてください。それが見つかれば、タイミングを外して空振りをする回数を大幅に減らせるはずです。そしてタイミングを合わせやすいステップの形を、野球の先生である僕に教わりながら見つけたいという方は、ぜひTeamKazオンライン野球塾を受講されてみてください。