ビヨンド,複合バット,軟式バットについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

軟式野球で複合バットに慣れてから硬式野球に進んだ際の問題点

  • 手の痛みがミート力を向上させる
  • 複合バットを使うと硬式野球に進んだ時に苦労する
  • 目先のヒットが欲しいだけなら複合バットもあり

僕は選手たちには常々「よりレベルの高い野球に進みたいのならビヨンドは使うべきではない」と伝えています。特に軟式野球から、将来は硬式野球に進みたいという目標がある選手の場合は、絶対にビヨンドなどの複合バットは使うべきではありません。

手の痛みがミート力を向上させる

木製バットのスウィーツスポットはだいたい2〜5mmくらい、金属バットは5〜20mmくらい、でもビヨンドなどの複合バットは10cm以上あります。つまりどこに当てても打球が飛んで行ってしまうんです。軟式野球しかやる予定はなく、さらにはあくまでも趣味として野球をするのであれば、ビヨンドを使っても良いと思います。しかしより上達したいのであれば、複合バットは使うべきではありません。

複合バットに慣れてしまうと、スウィートスポットで打球を捕らえるという技術がまったく磨かれないんです。つまりミート力が向上することは絶対にないということです。硬式野球では特に顕著ですが、軟式野球の普通の金属バットでも、スウィートスポットを大きく外して打つと手が痛くなります。そして打球もまったく飛びません。その痛さを経験しているうちに、痛くない打ち方をしようとしてどんどんミート力が向上し、高い確率でスウィートスポットでボールを捕らえられるようになっていくんです。

複合バットを使うと硬式野球に進んだ時に苦労する

でも複合バットの場合、ウレタンの部分に当てれば、どこに当たってもある程度打球が遠くまで飛んで行ってしまいます。さらには手が痛くなることもありません。もちろんヘッド寄りで遠心力を使って打った時が一番遠くまで飛ばせるわけですが、詰まったとしても外野まで飛ばすことができてしまうんです。まさに当たれば飛ぶ、というバットです。

例えば小中学生の軟式時代に複合バットに慣れてしまうと、中高生になって硬式野球に進んだ時、金属バットにまったく対応できなくなってしまいます。まったくスウィートスポットに当てることができず、打球もケージが飛び出すことがなくなります。と言うと少し大げさですが、でもそれくらい打球が飛ばなくなってしまいます。金属バットに慣れた高校生がプロ入り後に何年も木製バットに対応できないのと同じですね。

目先のヒットが欲しいだけなら複合バットもあり

プロ野球という最もレベルが高いリーグにいる選手であっても、金属バットから木製バットにシフトする際には多くの選手が苦しんでしまいます。金属バットから木製バットであってもそれだけ苦しんでしまうのですから、複合バットから金属バットや木製バットにシフトする際は、文字通り想像以上に苦しむことになります。もしかしたらビヨンドに慣れたスウィングが金属バットに慣れていく前に2年半未満の中学野球や高校野球が終わってしまうかもしれません。でもそれじゃあまりにも悲しすぎます。

軟式野球で、目先のヒットが欲しいのであれば複合バットを使うのも良いと思います。ミート力がなくても、誰にでも簡単に外野まで打球を飛ばすことができますので。でももしもっと上達したいという思いを持っていたり、将来は硬式野球に進みたいという目標がある場合は、複合バットは絶対に使わない方が良いと思います。絶対に金属バットや木製バットにすぐに慣れることができなくなってしまいます。ですので複合バットは、趣味の域から出ない予定の選手だけ使うというのがベストではないかと僕は考えています。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 攻撃という扱いにはならないカット打法はすべきではない
次のコラム ステイバックの習熟度がバッティングの正確性を左右する

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾