TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾オンラインレッスン30  野球塾スーパーサポートコース  オンデマンド野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / アウトサイドインとインサイドアウトを掘り下げてみよう!

アウトサイドインとインサイドアウトを掘り下げてみよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

インサイドアウトとは野球指導現場ではよく耳にする言葉だと思います。アウトサイドインで打つよりも、インサイドアウトで打った方がミート力が安定し、より多くのヒットを打てるようになります。ではなぜアウトサイドインよりも、インサイドアウトで打つ方が良いのでしょうか?今回のスラッガー養成コラムではその点について少しだけ掘り下げてみたいと思います。


まずアウトサイドインに関してですが、これは単純に遠心力に頼ることでバットが遠回りし、ボールの自分とは反対側の面を叩く打ち方のことを言います。この打ち方は、ヒッティングポイントを大きく投手寄りに持っていく必要があります。そうしなければ物理的にアウトサイドインでは打てないからです。つまり言い方を変えると、ヒッティングポイントを投手寄りへ持って行くほど自動的にアウトサイドインになるということです。

ポイントを前にしてアウトサイドインで打つと、ジャストミートすれば打球を遠くまで飛ばすことができます。しかしバットでボールを捕らえられるヒッティングポイントが1ヵ所に絞られてしまうため、そのポイントを逃してしまうと、もうクリーンヒットを打つことを諦めるしかなくなってしまいます。ちなみにその1ヵ所とは、もちろん投手寄りに置いたヒッティングポイントですね。

一方インサイドアウトというのは、ボールの自分側の面を叩く打ち方のことを言います。もしくはそれができるバットの出し方ということになります。インサイドアウトで打てるようになると、ヒッティングポイントが自分の体の近くに置かれるようになります。そして自分の体の近くで打てるからこそバットを正確にボールにぶつけていけるようになります。

そしてインサイドアウトで打った際の最大のメリットは空振りが減るということです。アウトサイドインでは、スローカーブでタイミングを外されたら泳ぐしかなくなってしまいます。しかしインサイドアウトではほとんど泳がされることはなく、投手寄りのヒッティングポイントで打てるようになります。そして速いボールが来たとしても自分の体の近くで打っていけますので、ミート力を上げることができます。

アウトサイドインで打ってしまうと、ヒッティングポイントを体の近くに引き寄せることができなくなってしまいます。アウトサイドインになるスウィングでヒッティングポイントを手前にしようとすると、すぐに手首が返ってしまう状態になり、バットがかんたんにボールに押し返されてしまいます。

なおインサイドアウトというのは、足の使い方が適切でなければ実現させることはできません。上半身主導で手打ちをしてしまうとバットのヘッドも下がりますし、アウトサイドにもなりやすく、完璧にジャストミートした時にしかヒットを打てなくなってしまいます。しかし投手は打者のタイミングを外すことに懸命になっていますので、そうかんたんにタイミングを合わせることはできません。

逆にインサイドアウトであれば、多少タイミングが前後したとしても力強いスウィングができるようになります。例えば多少詰まったとしても、トップハンドで押し返せるようになるんです。だからこそインサイドアウトで打てるようになると打率が上がっていくわけです。タイミングを外してもヒットを打たれてしまうのですから、ピッチャーとしてはインサイドアウトで強振できる打者ほど嫌な存在はないわけです。

ピッチャーに嫌がられる打者になるためにも、ぜひ適切な下半身の使い方をマスターし、いつでもインサイドアウトで強振できる技術を身につけていってください。そしてそれを実際に指導しているのが、スラッガー養成コースとなります。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

生徒さんからいただいたご感想

オンライン野球レッスン
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが体重移動をしない打ち方をマスターし、打率と長打力を同時にアップさせることに成功しています。あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾