打率4割,ミート力について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

打撃不振はフォームを変えても改善せず、変えるべきはモーション

  • 打撃不振はフォームを変えても根本的には改善しない?!
  • 見直すべきなのは打撃フォームではなく打撃モーション!
  • フォームを変えすぎると自分のフォームがわからなくなる?!

打者の調子が良くないと、打撃フォームをいじりたがる指導者がプロアマ問わずたくさんいます。ピッチングに関しては特にそれが顕著で、例えば制球力が低いからといってオーバーハンドスローからサイドハンドスローに転向したとしても、制球力を低下させている問題因子を取り除かない限り、腕を振る高さを変えても制球力が良くなることはありません。


バッティングでももちろんそうですね。なかなかヒットを打てないからといって打撃フォームを変えても、それによって根本的に問題が解決することはほとんどありません。その時はそれで打てたとしても、それが長続きするケースはほとんどないと言えます。

プロ野球選手であっても同じようなことをしている選手が実は大勢いるんです。ヒットを打てないことを打撃フォームのせいにしてしまい、ヒットを打てないという根本的な原因を見逃してしまうんです。そのため調子が落ちるたびに打撃フォームを変え、それによりフォームが安定することなく、自分のフォームを見失ってしまい、いつまで経っても安定感のあるバッターになれない、というパターンです。

ではヒットが打てない時は何を変えるべきなのでしょうか?その答えはモーションです。打撃フォームとは、車で言えばフォルムです。クーペなのか、セダンなのか、ステーションワゴンなのか。つまり極端に言えば見た目の問題です。打撃に於いて見た目というのはどのような形であっても、振りやすければオーケーなのです。

一方モーションというのは車で言えばメカニックです。エンジンやブレーキ、ステアリングなどですね。つまりいくらフォームを変えたところで、メカニックを改善させていかなければ打撃が向上することはないんです。車も同じです。いくらボディのデザインを変えたとしても、エンジンを変えなければ走りが変わることもありません。

ヒットを打てないということには、必ず原因があります。原因もなく、最高のメカニックなのに打てないというケースは1つしかありません。それは相手投手が自分よりもさらに上を行っていた場合のみです。しかしそうであっても自分のベストスウィングで対することができれば、格上の投手を打ち崩すことも可能です。

ヒットを打てない選手は、とにかく頭が上下前後に動いてしまう選手がほとんどです。当野球塾にバッティング指導を受けに来た選手で、頭がほとんど移動しないのにヒットを打てない、という選手は過去1人もいません。ヒットを打てない選手は、とにかく頭の位置が移動してしまっています。

頭は一般的には前後に動かすべきではない、ということは認知されていると思うのですが、上下にも動かすべきではありません。しかしわかっていても動いてしまうんですよね。いくら「頭を動かさずに振る!」と意気込んでも、それを実現させるための方法を知らなければ、頭を動かさずにバットを振ることはできません。

ちなみに頭を動かさずにバットを振るために必要なのは、軸足(足部)と軸脚側の股関節の動かし方です。足部を良い形で動かすことによってまず土台をしっかりと安定させ頭が前後しないようにし、その上で股関節によって重心を下げて頭が上下しないようにします。

遅くとも100km/h前後というスピードで動いている小さなボールを、細いバットで正確に打っていくためには、とにかく自分自身の頭(目線)は動かさずにボールを待つということが大切です。物凄いスピードで進んでくるボールを、自分(目線)も動きながら捉えようとしてもそれはできることではありません。

頭を動かさずに目線を固定して打つ、それによって正確なヒッティングを実現させ、打率を上昇させていく。そのために当野球塾の打撃コーチングでは、とにかく軸足側の足部と股関節の動かし方を初期段階では徹底してコーチングするようにしています。

プロ野球で打率4割というのは今のところ現実的ではありませんが、しかしアマチュア野球であれば、打率4割を目指すことはそれほど難しいことではありません。特に地区大会・県大会レベルであれば、頭を動かさない打撃モーションを身につけられるだけでも4割を目指せるようになるはずです。

4割バッターは、アマチュア野球であればまったく夢ではありません。実際当野球塾に通ってくださっている小学生〜大学生選手、草野球選手で4割を打てるようになったバッターはたくさんいます。4割バッターになるためにも、これからは不調でもフォームをいじるのではなく、モーションを見直すように心がけてみてください。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 長打力と打率を同時にアップさせられるティーバッティングのやり方
次のコラム バットのスウィング速度をアップさせられるスウィング軌道の形

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾