フロントウェイト,バックウェイトについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

フロントウェイト打法とバックウェイト打法

スウィング動作には大きく分けて2つの種類がありますが、今回のコラムではそれぞれを簡単にご紹介してみたいと思います。1つ目はフロントウェイトで、2つ目はバックウェイトというものです。

まずフロントウェイトとは読んで字の如く、体重移動を主としてエネルギーを生み出す打ち方です。軸脚股関節に乗せた上半身の重さを、反対の股関節に移動させることを体重移動と呼ぶわけですが、この体重移動で作り出したエネルギーをボールにぶつけていくのがフロントウェイトの打ち方です。そしてメインとして利用するのは投手側の腕、つまり右打者なら左腕で、左打者なら右手となります。片手一本でティーバッティングをした際、左手一本で打つ右打者(もしくは右手一本で打つ左打者)の多くはフロントウェイト打法を採用していると言うことができます。

一方バックウェイトは体重移動はほとんど使いません。トップハンドとはバットを握った時に上に来る手のことでが、右打者なら右手が上、左打者なら左手がグリップでは上に来るわけですが、こちら側の腕をメインとして使うのがバックウェイトです。バックウェイトの特徴は、体重を少なくとも51%以上軸脚に残したままバットスウィングをすることです。一般的に「壁」と呼ばれるものは、だいたいは投手側に作ると思います。右打者なら左肩で壁を作り、体が開かないようにしますよね。バックウェイトの場合この壁を、軸脚に体重をしっかり残すことにより、捕手側に作るのが特徴となります。そして片手ティーをする際も、トップハンド側の腕を使います。

それぞれのメリット・デメリットとして、まずフロントウェイトのメリットは小柄な打者でも強いボールに打ち負けないスウィングをすることができます。一方デメリットは体重移動をした際、どうしても少なからず頭が捕手寄りから投手寄りに横移動してしまうため、ミート力が低下してしまいます。

バックウェイトのメリットは体重移動をしない分目線がぶれないため、ミート力がアップします。さらに硬式球の場合は打球にバックスピンをかけやすくなるため、飛距離もアップします。一方デメリットとしては筋力が弱い選手の場合、プレーするクラスに於ける強いボールにバットを押し返されやすくなります。更には長打を狙うと軟式球の場合はポップフライを打ち上げやすくなります。

ちなみに両手でしっかりとバットを握り、両手を同じくらい使って振る打ち方もありますが、この場合スウィング速度が低下しやすくなるため、一般的な選手にはあまり奨められません。ただし力の弱い小学生などがバットを飛ばさないためにバットをしっかり握るという指導は必要だと思います。中学生も後半になり筋力が付いてきたら、打法はフロントウェイトかバックウェイトかのどちらかに絞ることが上達への第一歩だとLittlerockheartでは考えています。

フロントウェイト メリット ・小柄な打者でも強い球に打ち負けない。
・引っ張った時の打球が強くなりやすい。
・軟式球への対応が容易。
・タイミングが合えば当てただけでも内野の頭を越える。
デメリット ・目線がぶれやすいためミート力が下がりやすい。
・緩急のついた変化球に対応しにくい。
・同じ打撃動作で反対方向に打つのが難しい。
・スウェーしやすい(泳ぎやすい)。
・ドアスウィングになりやすい。
・ボールに対する相対速度が速まってしまう。
・重いバットを扱いにくい。
バックウェイト メリット ・目線がぶれにくいためミート力が上がる。
・硬式球の場合飛距離をアップさせやすい。
・反対方向へも強い打球を打ち返せる。
・緩急を付けられても対応しやすい。
・ドアスウィングになりにくい。
・投球に対する相対速度がほとんど変わらない。
・重いバットを扱いやすい。
・ゴロの球足が速くなる。
デメリット ・筋力が弱いとバットがボールに押し返される。
・長打を狙うと軟式球だとポップフライになりやすい。
※上記表は主だったもので、細かく見ていくとそれぞれもっと多くなります。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 硬式野球と軟式野球それぞれの長打の打ち方
次のコラム バックウェイト打法でミート力が上がる最大の理由

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾