TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 指先の支点を減らすほど、ストレートの切れは増す

指先の支点を減らすほど、ストレートの切れは増す


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

球威・球速をアップさせるためには、とにかく力みをなくすことが一番重要です。ピッチャーが投げるボールは、力めば力むほど切れがなくなっていきます。その理由は力んでしまうことで指先にブレが生じてしまい、ボールの回転がいびつになってしまうためです。回転がいびつなストレートは空気抵抗をより多く受けてしまうため、切れや伸びがなくなってしまいます。

ピッチングに於いて力を入れる場面は、ボールをリリースするその瞬間だけです。その瞬間だけ指先に力を入れて、ボールを強く弾き出します。

力みなくボールを投げるためには、まずはボールの握り方が重要です。ボールを深く握ってしまうと、それだけで力むための要素が生まれてしまいます。逆にボールを浅く、生卵を握るような軽さで握れば、自ずと力みは身体から抜けていきます。

ボールは握るのではなく、人差し指・中指・親指の3本の指先で(ボールを落とさない程度に)浅くつまむという感覚を持ちましょう。その感覚でボールを持てば、力みは減っていくはずです。

アーム式のバッティングマシンを思い浮かべてみてください。スプーンのようなアームの先にボールが乗せられ、それが勢い良くスウィングされることでボールが発射されます。でももしアームの先がスプーン上ではなく、ゲームセンターにあるUFOキャッチャーのような3本指で囲むタイプのアームの先だったらどうなるでしょうか?当たり前ですがボールはまっすぐ飛んで行きませんよね?ボールを深く握るということは、UFOキャッチャーのアームでボールを発射するのと同じことなのです。

切れのあるボールを投げるためには、まずは指先をスプーン状にしてあげる必要があります。つまりボールを浅く握ることにより、ボールが発射されやすい状態にしてあげるということです。

ボールを投げる際の支点は、人差し指と中指の先だけである必要があります。ここに親指もボールの反対側で支点になってしまうと、ボールに回転を与えることができなくなります。

一番良いのは、親指を折り曲げてしまうことです。しかしその状態でストレートを投げるのは、子どものころからやっていないと非常に困難です。慣れない投手がムリに挑戦すると肘がロックされてしまい、肘痛を誘発してしまいます。ですので親指はボールがこぼれ落ちないギリギリの浅いところで小さな支えとして使うようにしましょう。

ストレートの切れは支点が少ないほど増します。つまり3点よりも2点、2点よりも1点の方がストレートの切れは増します。しかし人差し指と中指をくっつけることにより支点を1点だけにしてしまうと、ボールに切れが増す代わりに制球力が低下してしまいます。ですので支点を1点だけにするためには、その状態で制球するための鍛錬も必要になってきます。しかしその鍛錬が上手くいけば、ダルビッシュ有投手や藤川球児投手のような切れのあるストレートを投げられるようになります。本格派投手であれば、誰もがそんな凄いボールを投げてみたいですよね。余裕があれば、長期間かけて挑戦する価値はあると僕は考えています。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

 

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

⚾️TeamKazオンライン野球塾公式LINE⚾️
友だち追加
✨友だち追加でクーポンをゲット!✨


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾