アライメント,O脚,X脚,猫背,野球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > O脚の投手はパフォーマンスが大幅に低下します

O脚の投手はパフォーマンスが大幅に低下します


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

他スポーツ同様、野球もアライメントの良し悪しがパフォーマンスに大きく影響する競技です。誰もが知っているアライメントの歪みと言えば猫背、X脚、O脚などがあります。これは非常にポピュラーなアライメントの歪みではありますが、しかしこれらは野球選手にとっては大きな致命傷になりかねません。それぞれ改善へのアプローチを継続すれば、必ず治るものです。もしあなたが今よりももっともっと上で野球をしたいと考えているのならば、アライメントの歪みは早急に対処すべきです。

まず猫背に関してですが、猫背の選手は体幹の回転を最大限に活かすことができません。体幹の回転は投げるにも打つにも非常に重要な要素ですので、アスリートである限り猫背を無視することはできません。そして猫背になれば当然肩こりや腰痛が酷くなりますし、内臓の位置がずれてしまうことでポッコリお腹にもなりやすくなります。猫背になるということは、単純に考えるのならばそれは筋力の低下ということが言えます。つまり背筋が衰えてしまうことにより、姿勢を正しくキープすることができなくなってしまうのです。お年寄りの腰が徐々に曲がっていくのと同じ現象です。

そしてX脚ですが、これは女性に多いアライメントの歪みです。女性は男性よりも骨盤が広いため、Qアングル(股関節から膝関節に繋がるまでの大腿骨の角度)が大きくなります。ただしQアングルが大きいだけならそれほど問題はありません。しかし過度なダイエットや普段の運動不足により筋力が低下したり、足に合わない靴を履き続けることにより、脛骨が下に向かうにつれ外側に広がるようにして歪んでいってしまいます。これがX脚なわけですが、X脚になってしまうと、横への動作が非常に弱くなってしまいます。そして足首もプロネート(回内)してしまうことにより、歩き方もぎこちなくなってしまいます。この状態で下手に転んでしまうと、前十字靭帯を損傷してしまう可能性が非常に高くなります。前十字靭帯の損傷は、アライメントに歪みのない女性アスリートでも起こる可能性が高く、X脚の方ではさらにその可能性が高くなってしまいます。

さて、続いてO脚に関してですが、O脚もパフォーマンスを大きく低下させてしまいます。O脚とはいわゆるがに股のことです。がに股になるとつま先が常時外側を向くようになってしまいます。つま先が外側を向いてしまえば、当然膝も開くようになります。膝が開いてしまうという状態は、これは言わずもがな投手にとっては致命傷となります。振り上げた脚をステップして、フットプラント(着地)させた時にその膝が開いてしまえば、打者からボールが見えやすくなるばかりか、ボールに切れもなくなってしまいます。さらに言えばO脚になると、軸足をプレートに対して平行に置くことができなくなってしまいます。こうなってしまうと、制球力も大きく低下してしまいます。

O脚は男性に非常に多いアライメントの歪みで、野球選手の中にもO脚の選手は大勢います。しかしO脚にしろX脚にしろ猫背にしろ、野球選手にとってはまさに百害あって一利なしです。もしあなたがどれかに該当しているのなら、明日からではなく、今日からアライメントの改善に取り組んでください。そしてそのお手伝いを、僕らコーチが責任を持って行ないます。

自分がO脚かどうかをチェックする簡単な方法があります。太ももの側面、真ん中よりもやや上を、親指でいくつかの場所を押してみてください。O脚の場合、ある一点で痛みを感じるはずです。痛みを感じるということは、それはO脚である証拠です。ぜひ今日から改善に取り組んでいきましょう!

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ストレートに切れを出すための科学的数値
次のコラム サプリメントやプロテインは本当に必要なのか
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾