ウォームアップは体温ではなく、筋温を上げる作業のこと

 

11月に入り、気温は日に日に低くなってきていますね。これは冬季に限った話ではないのですが、ウォーミングアップを蔑ろにしている選手が非常に多いように感じられます。コーチングを行なっていても、ほとんどウォーミングアップすることなく受講に入る選手も少なくありません。


コーチングという限られた時間の中では、できればウォーミングアップの指導に時間は使いたくはありません。だからこそご自身でしっかり行っていただく必要があります。もちろんコーチング時だけではなく、普段の練習時も同様ですね。ウォーミングアップは基本的には短くとも30分以上は時間をかけるべきです。

ウォーミングアップでは、まず伸脚や屈伸などをして体を少しほぐします。それから8〜12分程度、息が上がらない程度のペースでジョグを行い、筋温を上げていきます。ここで重要なのは体温を上げることではなく、筋温を上げるということです。例えば夏の暑い日などは体温は高くなります。しかしだからと言って筋温が上がっているということにはなりません。つまり夏であってもしっかりとしたウォームアップをしなければならない、ということですね。

ジョグをして筋温を上げた後にスタティックストレッチングで関節の可動域を広げ、そしてダイナミックストレッチングにより、スタティックストレッチングでルーズになった関節を、運動するためにタイトにさせていきます。その後でスプリントやキャッチボールに入っていきます。ちなみに筋温を上げていない状態ではスタティックストレッチングは行わないでください。筋温が上がっていない状態でスタティックストレッチングをしてしまうと、ストレッチングで怪我をしてしまうこともあります。

スポーツ選手であれば、暑くてかいている汗と、筋温が上がって出てくる汗の違いを感じ取れるようになってください。汗をかいている=体が温まっている、ということにはなりませんので要注意です。そしてできればコーチングを受けていただく際も、30分以上ウォームアップをし、筋温を上げた状態で受けていただければと思います。そうすればコーチング中の動きにもキレや反応の良さが、通常時よりも出てくると思います。
  • ウォーミングアップは最低30分以上やろう!
  • 汗をかいている=体が温まっている、わけではありません!
  • ウォーミングアップのポイントは筋温を上げることです!

コラム著:カズコーチ(野球のプロフェッショナルコーチ)
肩肘を痛めない正しい投げ方が、一番球速・遠投力・制球力がアップする! 冬の間に本当に正しい投げ方をマスターしよう!

⚾️科学的根拠満載⚾️
僕の野球教則ビデオのページも覗いてみてください。
👇😊

よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ   TeamKazオンデマンド野球塾

(パソコンの方はこちらからオンデマンド野球塾のページを開いてください)

 
にほんブログ村 野球ブログへ
他の野球ブログもチェックしてみよう!