冬の乾燥した指先が肩肘の怪我に繋がる?!それは一体なぜ?!

 

冬の乾燥した指先が肩肘の怪我に繋がる?!それは一体なぜ?!

冬は野球バッグにハンドクリームを常備しておこう!

寒くなり湿度も低い冬、投手は乾燥肌の手入れもしていく必要があります。これは投手の体質にもよるのですが、一般的に冬はどの投手の手もカサカサしやすくなります。手のカサカサは言わずもがなパフォーマンスを低下させてしまいます。

単純に考えても、手がカサカサすれば滑ってボールがすっぽ抜けやすくなります。投球練習中にこのような状態になったら、あなたならどうしますか?すっぽ抜けないように、ボールをしっかりと握ろうと意識するのではないでしょうか。しかしこれは良い対策とは言えません。

人間の身体は、末端に力が入るとその手前の部位の力を抜くことができなくなります。つまり指先に力が入ってしまうと、その手前の手首や肘の力を抜くことができなくなるんです。これでは腕を力ませて投げることになりますので、肘もロックさせやすく、肩肘の故障にも繋がりやすくなります。

気温が下がると軟式球ならばゴムが固くなり余計に滑りやすくなります。硬式球であってもやはり革の水分が飛んでしまい、ボール表面が乾燥肌のようになってしまい滑りやすくなります。

メジャーリーグのボールは、日本プロ野球の公式球よりも表面がやや滑りやすくなっています。恐らくその影響で無意識のうちにボールを強く握ってしまい、それにより負担が大きくなって肩肘を痛める日本人投手が多いのではないか、と僕は考えています。

指先に力を入れ過ぎないためにも、冬は乾燥した手のケアも十分に行ってください。それが結果的に故障予防や、パフォーマンスアップに繋がるのです。ということで冬は、投手もハンドクリームを常備しておきましょう!

TeamKazオンライン野球塾
コラム著:カズコーチ
プロ野球選手の動作改善サポートや、アマチュア選手のレッスンを担当するプロフェッショナルコーチ。
初心者でも3ヵ月のレッスンで球速が10kmアップする13年目の野球塾を主宰。生徒さんの10人中8人が継続受講を希望する納得のレッスン内容!
⚾️ 無料体験レッスンも受付中!
▶️ 詳しくはここをクリック!