タグ「女子野球」が付けられているもの

女子野球

上達速度が上がる子、上がらない子

僕は男子だけではなく、女子野球選手のコーチングも5〜10%くらいの割合で任されています。小中学生だけではなく、日本代表候補の選手や、代表チームの女性コーチの指導も行います。

女子選手へのコーチングを全般的に見ていくと、男子選手と比べて先入観があまりないことが大きなアドバンテージだと言えます。上達速度だけを見ていくと、一般的な男子選手よりも、僕がコーチングを担当してきた女子選手たちの方が速いと断言できます。

女子選手の体脂肪率が10%を切るとこんな危険がる!

日々体重、体脂肪率を計測することは、今やアスリートにとっては常識となりつつあります。アスリートとしての健康管理という意味では、体重と体脂肪率は最も目に見えて分かりやすいファクターです。この2つ、体重と体脂肪率ですが、女子選手にとっては体脂肪率の管理はとても重要になってきます。

もし体脂肪率が10%を切ってしまうと、女性の場合月経障害が引き起こされます。これは最悪の場合、将来不妊症になってしまう可能性もありますので、女子選手の体脂肪の落とし過ぎには注意が必要です。

男性指導者ではなかなか難しい女子選手の体調管理

ですがアマ選手の場合、男性指導者が女子選手の体脂肪率を管理することはなかなか難しいのが現状です。ですので女性の保健の先生の手を借りたり、お母さんのケアが大切になってくるわけです。特にお母さんは毎日一緒に過ごす存在であるため、子どもさんの変化を敏感に捉えることができます。

男女それぞれの平均体脂肪率は女性が約23%、男性が約13%です。胸の発育ということも要因しますが、女子と男子とでは平均10%もの体脂肪率の違いがあるわけです。一般的に人間の最低体脂肪率は5%だと言われています。イチロー選手や中田英寿元選手らは、体脂肪率が5%だと言われています。

男子であれば体脂肪率をここまで落としても、風邪をひきやすくなるという程度で、深刻なレベルで健康に害があるということはありません。イチロー選手も中田選手も長年第一線でプレーをし続けていましたので、風邪にさえ気をつければ特に問題はありません。ですが女子選手の場合は話が違うのです。

女子選手が体脂肪率を落としすぎると競技どころではなくなる!

アスリートに限らず、近年はダイエットにより異常なまでに体脂肪率の低い女性が増えています。しかしこれはスポーツをやっているやっていないに限らず、健康的には決して良いことだとは言えません。月経障害を引き起こすばかりではなく、摂食障害を引き起こす可能性も高くなります。現に女子スポーツの世界では、そのような選手が大勢います。

また、女性は男性と比べて血中ヘモグロビン濃度が低い傾向にあり、これは貧血を起こしやすくする要因となります。摂食障害はこの貧血を酷くしてしまう可能性も高く、そうなってしまうと競技どころではなくなってしまいます。

ですので女子選手を抱える指導者、もしくは親御さんは、女子選手のウェイトコントロールには細心の注意を払うようにしてください。摂食障害や月経異常を起こしてしまってからでは遅いのです。

女子選手の体脂肪率に関するまとめ

あるスポーツ名門校の女子運動部(野球部ではありませんでした)の中で、「生理が止まってようやく一人前」という誤った認識が伝統化されているという話を聞きました。これは生理が止まるほど体を追い込み、体脂肪率を下げるということらしいのですが、これは大きな間違いです。このような考え方は指導者が適切な指導をすることにより、今すぐ改めさせるべきです。

しかしこのような考え方が何年も引き継がれてきたということは、指導者もスポーツ指導に関して勉強されていないのでしょう。さすがに指導者が、選手たちがそう考えているということをまったく知らないはずがありません。それでもこのような間違った考え方が引き継がれてきたと言うことは、指導者の勉強不足、指導力不足以外の何物でもありません。

実際に体調を崩してしまってからでは遅いのです。高校時代はそれでももしかしたら平気かもしれません。しかし現役を引退して大学に入ってから体調を崩してしまったらどうでしょうか?もう高校の指導者の責任の範疇ではありませんか?女子選手のこのような現状を見ても、まだまだ無責任な指導者が多いというのが現状だと思います。だからこそ選手自身がしっかりと勉強をして、健康を崩すことのない体づくりを目指す必要があるわけです。

女子選手を指導する際は女子特有のフィジカルに注意!

野球チームで女子選手を指導する際に気をつけてなくてはならないことは、メンタルだけではなくフィジカルも同様です。男子選手と女子選手とでは体形・体格がまったく異なります。例えば最も注意しなければならないのは、骨格と体脂肪率です。今回のコラムでは骨格について少し書き進めてみようと思っています。

骨格で最も気をつけなくてはならないのは、女子選手特有のQアングルです。Qアングルとは、簡単に説明をすると大腿骨の傾き加減のことです。女子は、男子よりも骨盤が広くなっています。そのため、大腿骨が外側から内側に入りながら脛骨と繋がります。

X脚を想像していただければわかりやすいかと思いますが、女子選手は生まれながらにQアングルが深いため、X脚になりやすい傾向があります。Qアングルはもちろん男子選手の骨格にも存在しますが、骨盤がそれほど広くないため、一般的には女子選手ほどの角度はありません。

男子選手よりも女子選手の方が体が柔らかい理由

Qアングルが深さは横からの衝撃に対して脆さを持っています。例えば左右に激しい動きをするバスケットボールやテニスなどで、女子選手の靭帯断裂(主に膝前十字靭帯断裂)が多いのはこれが理由です。そしてQアングルの深さに加え、女子選手の場合ホルモンの影響により、靭帯弛緩性や関節弛緩性が男子選手より高くなります。男子よりも女子の方が身体が柔らかい傾向にあるのはこのためです。

Qアングルの深さに加え、靭帯の弛緩性が高い女子選手は、その弛緩性ゆえに回内捻挫も男子選手よりも引き起こしやすくなります。指導者の立場からすれば、女子選手の捻挫や靭帯断裂のリスクは、男子選手以上に常にケアしていく必要があるというわけです。

女子選手は捻挫をしているわけではないのに足首が痛くなる?!

そして女子選手の場合、捻挫をしていなくても足首に痛みを感じることがあります。これは関節の弛緩性が高いため、運動中において足首が前後に揺れてしまうことが原因です。足首が前後に揺れてしまうことで関節が擦られ、痛みを感じるというわけです。このような傾向が見られる女子選手に対しては、平時からテーピングをさせるなどの指導が必要になってきます。

野球の場合、キャッチャーはもちろんのこと、内野手や外野手であっても他選手と衝突する可能性があります。この衝突が横同士であった場合、ぶつかった両選手が共に大怪我してしまう可能性が、女子選手は男子選手よりも高いのです。ですので女子選手のパフォーマンスを最大限に伸ばしてあげるためにも、指導者はこのような点にも注意して女子選手をコーチングしていく必要があります。

横の動きや衝撃に対する弱さは、トレーニングによってある程度回避することができますので、女子選手を指導する方は、そのようなトレーニング法を学ぶ必要もあります。そしてくれぐれも女子選手が怪我でもないのに痛みを訴えた時、根性論で解決しようとすることだけはやめてくださいね。取り返しのつかない怪我を招いてしまう危険があります。

DIPCA.3というテストで導かれた女子選手の特性

心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)というテストがあるのですが、2,000人近い日本人アスリートを対象に行われたこの診断によると、女子アスリートは男子に比べると自信、精神的安定、集中力が低いという結果が出たそうです。逆に協調性や受容性は男子よりも高いという結果になりました。

そして女子選手は、コーチやチームメイトから自分がどう思われているのかを強く意識する傾向にあります。これが何を意味しているのかと言うと、女子選手の場合、コーチのちょっとした言葉によって選手生命が左右しかねないということです。コーチもやはり人間です。時には感情に任せて物を言ってしまうこともあります。しかしその言葉が選手を壊してしまうこともあるんです。

特に野球というスポーツは令和になった今でさえ男性社会です。男子選手によって日本の野球界は発展してきたわけですが、それも大きく影響するのでしょう。高校球児なら誰もが夢見る甲子園大会にも、女子選手は今だに出場することが許されてはいません。例え男子選手よりも野球が上手かったとしても。

男性コーチが女子選手を指導する際の注意点

男性コーチが女子選手を指導する際、まず重要なのがスタンスを明確にすることと、公平性を決して失わないということです。

スタンスを明確にするととは、例えばコーチと選手は競技以外での関係は一切断つことなどが考えられます。その他ではチャンスは必ず平等に与えることや、名前は全員苗字、もしくは名前で統一的に呼ぶ、などがあります。例えばほとんどの選手を苗字で呼び捨てているのに、ある1人だけを名前で呼べばそれは公平性を失うばかりではなく、スタンスにもブレが生じてしまいます。

女子選手の立場からすると、自分だけ名前で呼ばれている状況は贔屓をされているような印象を受けるため、状況としては好ましいとは言えません。また、その他の選手に対して嫉妬心を植えつけてしまい、結果その選手1人をチーム内で孤立させてしまうことにも繋がりかねません。もしその選手がチームの主力選手であった場合、主力選手が孤立してしまえばチームは強くなることはできなくなります。

指導者は自らのスタンスを女子選手たちに伝え続けることが重要

このような不協和音を生じさせないためにも、コーチは選手に対し、明確なスタンスを日々伝える必要があります。1回だけ言ってもそれは伝えた内には入りません。コーチの言葉は、選手がしっかりと理解してこそ初めて伝えたことになるのです。繰り返し自らのスタンスを選手に言葉で伝え、そして実際の行動で伝える。これが重要です。コーチは、常に自分の存在が女子選手たちから強く意識されていることを、強く強く意識しなくてはなりません。

上述したようなことは、もちろん男子チームにも起こり得る可能性はあります。しかし女子選手が相手の場合、特に注意が必要なのです。コーチも女性ならばその辺りをしっかり把握されてるケースもありますが、男性コーチが女子選手を指導する際は、コーチは十分過ぎる注意が必要だということを肝に銘じておいてください。

近年ますます増えてきた野球界の女子選手たち

近年、野球界にもようやく女子選手が増えてきました。2010年には女子プロ野球が日本にも復活し、日本代表も世界を舞台に大活躍を見せています。そして学生野球だけではなく、草野球界でも、少年野球でも女子選手は年々増えています。

しかしここで問題になるのが、現在の野球指導者のどれくらいが女子選手への適切なコーチング法を理解しているか、という点です。男子選手と女子選手では、内面的にも体格的にも大きく異なります。男子と同じ指導をすれば女子も育つかと言えば、絶対にそんなことはないんです。

一般的に男子選手は反骨精神、女子選手は受容性を持っている

まず男子と女子では、本能的な性格が異なります。もちろん性格には個人差があるわけですが、しかし本能的な性格は、生理学的・生物学的に見ると明らかに男子と女子で区別することができます。

まず男子選手は、一般的には反骨精神を持っています。例えば監督に「下手くそ!」と怒鳴られれば、「なにくそ!」と逆に気合いが入り自立的プレーができることが稀にあります。しかし女性選手の場合持つのは反骨精神ではなく、強い受容性です。受容性とは、監督やコーチの言葉をそのまま受け入れてしまう性質のことです。つまり監督に「下手くそ!」と怒鳴られれば、「私は下手なんだ・・・」と、その言葉を素直に受け入れてしまうということです。

女子選手は男子よりもコーチに依存してしまうケースが多い

受容性という言葉をもっと噛み砕くと、ある意味では依存性とも表現することができます。極論で言うと、コーチに何か指示をもらわなければ何もできないという状況です。本来コーチングという意味を正しく捉えるのならばコーチは、選手たちが自立的に練習やプレーができるように導いてあげることです。しかし指導現場の現状はそうではないと言うべきでしょう。

結果を出している女子アスリートの多くは、コーチに依存しているケースが多いようです。アスリートとしてしっかり自立し、さらに結果を出せている選手は本当にごく一部しかいません。野球選手ではありませんが、マラソンの高橋尚子選手などはしっかりと自立した女子選手の素晴しいお手本だと言えます。

受容性が強くなりすぎるとセクハラさえも受容するようになる

選手がコーチに依存してしまう状況が酷くなってしまうと、セクシャル・ハラスメント(セクハラ)をも受容してしまうようになります。例えば日本を代表するような選手が所属するチームの女子選手にも、コーチからのセクハラは当たり前だと受容してしまっているケースが多々見受けられます。しかしこの状況は、僕があえてここで言うまでもなく、スポーツとしては決して正しい状況とは言えません。ですがこれが現実なのです。

これは、アマチュアスポーツ界に良くない意味で「勝利至上主義」が根付いていることが原因だと思われます。勝てば官軍、負ければ賊軍ではありませんが、勝つことですべてのプロセスが正しいとされてしまうわけです。

監督やコーチという立場の人間には、プロ・アマ問わず大きな責任が伴います。指導する選手たちの将来を方向付ける大きな存在が、監督でありコーチなのです。だからこそ監督やコーチは、その場限りの勝利にこだわる指導をするのではなく、将来どこに出しても活躍できるように、選手が自立性を育めるようなコーチングをしなくてはならないのです。そして本能的に受容性の強い女子選手に対しては、特に気をつけなくてはならないというわけです。