TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / バッティングの軸足は軸として機能しないって本当?!

バッティングの軸足は軸として機能しないって本当?!


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

プロ野球でも身体能力だけで野球をしてしまう選手が多い

プロ野球選手のティーバッティングを観察していても、バットを下半身ではなく、手を使って出したいところに持って行っているように見える選手が多くいます。そのような選手の結果を見てみると、やはり安定した成績は残せていません。一方軸足と股関節を使ってバットコントロールしているように見える選手は、安定した成績を何年も続けて出している選手が多く見受けられます。

プロ野球選手の中にも、ものすごく高い身体能力でプロにはなったけど、その後なかなかプロで通用する技術を身につけられず、球界を去っていく若い選手たちがたくさんいます。一方何年もずっと活躍できる選手は、若手選手以上に基本に忠実な練習を毎日繰り返しています。

軸足は実は軸としては使われない?!

下半身を使ってバットを振る、という作業は、軸足の使い方が適切でなければほとんど不可能です。ちなみに野球では、軸足が軸として機能することはありません。日本語だとちょっとややこしいのですが、軸足は軸を回すための足、と覚えてください。高校時代にたくさんホームランを打って鳴り物入りでプロ入りしたスラッガーも、この軸足をまったく使えていないために手打ちを卒業ですず、プロではまったく成績を残せないでいます。

軸運動とはまさにバットを振るために最重要とも言える運動です。いわゆるボディスピンということになるわけですが、軸足で上手く軸を始動させていかなければ、このボディスピンを鋭くすることができず、バットのスウィング速度が速くなることもありません。つまり下半身を使えずに、上半身だけでバットを振らざるを得なくなるということです。

手のあとで下半身を動かしても意味がない?!

スポーツをされている方であれば、キネティックチェーン(運動連鎖)という言葉を聞いたことがあると思います。これは種目によって繋がり方は変わってくるのですが、野球に関しては投げるのでも打つのでも、必ず体の部位は下から順番に使っていき、最後にバットやボールを持つ手部を動かしていきます。しかし軸足を上手く使えていない選手は、まず手が動き始め、そのあとで下半身が動き始めるという逆の順番になってしまうため、キネティックチェーンが上手く機能しなくなります。

手が動き終わってで足を動かしたとしてもまったく意味はありません。重要なのは、足の動作によって上半身を動かしていくことです。つまりいくら下半身を鍛えて大きなエネルギーを作れるようになったとしても、手を先に動かしてしまっては、その下半身のエネルギーがバットに伝わることはなく、結果的に腕力打ちしかできなくなってしまうわけです。

軸とバットは直角の関係で使おう!

一方軸足を上手に使ってバットスウィングを始動させられている選手のフォームには力みがほとんど感じられません。僕が技術解説をしたこともある、何度も本塁打王なったことのあるとあるプロ野球のホームランバッターに、良い感触でホームランを打てた時の感触を聞いてみると、「空振りしたような感じ」と話していました。腕力ではなく、技術でホームランを打てるようになるとそういう感触になっていくんです。

そして軸足によってバットスウィングを始動させられるようになると、股関節も機能しやすくなり、どの高さのボールを打ったとしてもバットのヘッドが下がったり、上がりすぎたりすることがなくなります。つまり軸に対していつでも直角の関係でバットを振っていけるため、コースにかかわらず力強いスウィングができるようになるんです。つまり反対方向であっても強い打球を打てるようになる、ということです。

人間の体というのは、直角になった時に最大限のパワーを発揮することができます。しかし一部少年野球の指導現場では未だに軸に対してバットがV字になるような角度で振るように指導されています。ボランティアで指導されている方々に多くを求めるのは酷かもしれませんが、しかしそれが多くの場合における現状です。もし下半身を使ってバットを振るという技術を具体的に、理論的に、そしてわかりやすく教わりたいという方は、ぜひ僕のオンラインレッスンを受講してみてください。少年野球などの指導とは次元が違うコーチングを行っています!

TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾