TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾  オンデマンド野球塾  野球の教科書シリーズ  お問合せ  レッスンのお申し込み
トップページ > 新スラッガー養成コラム > メジャーの本塁打が増えたのは打者の技術が向上したから

メジャーの本塁打が増えたのは打者の技術が向上したから

【このページの主な内容】

  • 0.025ミリ低くなったメジャーの公式球
  • 客足を増やすのはホームラン数の増加ではなかった!
  • バーランダー投手でも増やしてしまった被本塁打

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年メジャーリーグでホームラン数が急増していることに関し、あらゆる方々が研究や論文を発表しています。メディアなどでは特に今季2019年は「飛ぶボール」が使われているのではないかという疑惑が多く取沙汰されましたが、僕はそうは思いません。実際、数値測定をする専門家のレポートを読んでも、昨季と今季でボールの質が意図的に変えられたという証拠は見つかっていないことがわかります。ではなぜメジャーではこんなに急激にホームラン数が増えたのか?!

0.025ミリ低くなったメジャーの公式球

もちろん最も大きな要因はフライボールレヴォリューション(フライボール革命)だと思います。バレル打法という科学的根拠に基づいた技術をメジャーリーガーたちがマスターしたことにより、飛距離が格段とアップするようになりました。つまり変わったのはボールの質ではなく、バッターの技術だったのです。

ただし、レポートによるとボールの縫い目の平均高さは昨季と比べると、2019年は0.025ミリ低くなっていたそうです。この数値はもちろん見た目では確認できませんし、普通に売っている定規で計測することもできません。しかし縫い目がわずかに低くなったことにより空気抵抗が小さくなり、飛距離が伸びるようになったと考えることはできそうです。メジャーの投手では、フォークボールやスプリッターが落ちにくくなったと感じている投手も多いようですが、それは空気抵抗が小さくなったことが原因だったのかもしれません。

ですが果たして、わずか0.025ミリの差でそこまでフォークボールの落ち方が変わるものでしょうか。正直言うと、僕はそうは思いません。0.025ミリの縫い目の差が生み出す落差よりも、湿度、気圧、風、コンディション、投球フォームのわずかな誤差が生み出す落差の方がずっと大きいはずだからです。例えば湿度30%と60%の球場では、当然60%の球場の方がボールは重くなりますので、重力の影響も受けやすくなります。

客足を増やすのはホームラン数の増加ではなかった!

10年20年前は、メジャーのオーナーたちも「ホームランの増加が観客数を増やす」と考えていましたが、近年はそれが正しくなかったことに誰もが気付いています。ホームランの増加よりも、試合時間を短縮する方が客足が増えるのです。そのためオーナーたちの中では、飛ぶボールを導入したいと考える人はかなり減ったようです。

飛距離という意味では、投手の質も影響しています。近年はメジャーリーグの投手たちはパワーポジションを意図的に採用するなど、投球術ではなく、パワーピッチで打者を抑えに行く投手が増えてきています。つまり球速ばかりに意識が行ってしまい、投球術を磨いたり、回転数を増やすことに意識を持っていく投手が日本同様に決して多くはありません。そのため球速は速いけどバックスピンが少ないストレートが増え、球速をそのまま飛距離アップに利用されてしまうケースが多々見受けられます。これはトラックマンなどの数値を観察するとよくわかることです。

ピッチャーにとってのバックスピンはバッターにとってのトップスピンであり、トップスピンで打ってもホームランにはなりません。つまりピッチャーが投げるボールのバックスピンが強ければ強いほど、バッターは打球にバックスピンをかけにくくなり、飛距離を伸ばしにくくなるという結果になります。

バーランダー投手でも増やしてしまった被本塁打

アメリカには科学的に数値を出しながらコーチングを受けられる野球専門のジムがいくつかあります。そのようなジムに通ったり、自らパーソナルコーチを付けて技術を学んでいる投手は、ストレートの回転数がけた違いに多く、毎年のように15勝、もしくはそれ以上勝ち続けることができています。

野球のデータも、もっとセグメントを絞って数値を出す必要があるかもしれません。例えばバレル打法を身に付けている打者vsバックスピンの質が一級品の投手、というように。当然メジャーリーグでも、一級品レベルの選手よりも、そうではない選手の方が絶対数は圧倒的に多くなります。一級品の技術を持った選手同士の対戦に絞ってデータを出していくと、まったく違った数字になるはずです。

ちなみにボールの中心の6ミリ下を打つと打球は最も遠くへ飛んでいくわけですが、これが7ミリに下になると、ホームランやヒットになる確率は格段に下がってしまいます。つまりピッチャーが投げるボールのバックスピンの質が高いほど、バッターはボールの中心の6ミリ以上下を打つことが多くなり、フライアウトや空振りが多くなるという結果につながっていきます。

打者全盛とも言われるこの時代、メカニクスを学んでそれを投球動作に取り入れる投手がもっと増えていかなければ、ホームラン数を減らせるようにはならないと思います。例えばバーランダー投手は超一流投手であるわけですが、近年は被本塁打数がかなり増えてきています。バーランダー投手の技術がまったく低下していないと仮定しても、打者の技術が向上されているのならば、バーランダー投手の技術も比例して向上しない限り、バーランダー投手の被本塁打数が増えたという結果はまったく不思議ではありません。むしろ自然な流れだったと言えるのではないでしょうか。しかし非本塁打が増えても今季21勝したバーランダー投手は、やはり一流中の一流投手だと言えます。しかもWHIPは0.80とスーパーマンレベルでした!

このコラムの筆者、TeamKazオンライン野球塾のKaz先生のレッスンビデオを無料で見ちゃおう!

肩肘を痛めずに球速をアップさせられる動作改善テクニックと、 滅多に空振りをしなくなる抜群のミート力を身につける方法を、 90分間の動画で解説しています!

今すぐ動画をゲットしよう!

0001.JPG

ご視聴登録フォーム

ご登録いただくと1分以内に、メールで視聴用URLが届きます!

TeamKazオンライン野球塾
Kaz先生の無料カウンセリングご相談用ページはこちら!


上のような動画を送ってみて下さい。
TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント新登場!
友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook
フォローしてね!

旧スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾