バットの重さ, 少年野球, 飛距離について書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > 特に少年野球で気をつけたいバットの重さとスウィング速度の関係

特に少年野球で気をつけたいバットの重さとスウィング速度の関係

  • バッティングではスウィング速度が重要
  • スウィング速度が速いほどミート力もアップする
  • バットは成長に合わせて買い換えるのがベスト


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

今回のスラッガー養成コラムでは、重いバットと軽いバットとではどちらが良いのか、ということについて書き進めてみたいと思います。まず結論から言うと、僕は軽いバットの方が良いと考えています。特に体が出来上がる前の小中学生に関しては、重いと感じるバットは避けた方が無難です。。

バッティングではスウィング速度が重要

バッティングでは、バットのスウィング速度が非常に重要な要素になっていきます。もちろん軽すぎるバットは逆に良くないわけですが、多少軽く感じる程度のバットの方が、重いバットよりも速く振ることができます。すると筋肉がその速い動きを覚えていってくれますので、体が大きくなってバットが少しずつ重くなっていっても、速いスウィング速度を維持できるケースが多くなります。

逆に「身長はすぐに伸びるから少し長めのバットを買っておこう」と考えてしまうと、小学生選手にとっては重すぎるバットになってしまうことがあります。重いバットでは最速で振ることはできませんので、遅いスウィング速度を筋肉が覚えてしまい、体が大きくなっても意外とスウィング速度がアップしない、というケースがよく見受けられます。

スウィング速度が速いほどミート力もアップする

スウィング速度が遅いと、ピッチャーが投げるボールがまだ手元まで来ていない段階でバットを振り始めなければ、完全に振り遅れる形になってしまいます。しかし始動を早くしてしまうとボールの見極めが困難になり、ボールがどこに飛んでくるのかという予測も立てにくく、選球眼もミート力も低いバッターになってしまいます。

逆にスウィング速度が速いと、ボールをギリギリまで見極めてから振り始めても、振り遅れることなくしっかりとミートすることができます。そのためボール球に手を出すことも減り、四球を増やせるようになることで打率も上がりやすくなります。スウィング速度は飛距離をアップさせるためだけではなく、ミート力をアップさせるためにも非常に重要な要素なんです。

バットは成長に合わせて買い換えるのがベスト

身長に対して長すぎるバットはドアスウィングになりやすいですし、重すぎるバットはスウィング速度を低下させます。ちなみに中高生になると1kg程度の非常に重いマスコットバットを振り始める選手も多いのですが、これはやめるべきです。重いバットでトレーニングした選手と、普通の重さのバットでトレーニングをした選手とでは、スウィング速度にほとんど差は生じないというエビデンス(検証実験によって証明された結果)もあります。つまり日常的にマスコットバットを使うことは、腰椎分離症のリスクを高めてしまうだけで、スウィング速度の向上にはほとんど役立たないということです。

これは以前のスラッガー養成コラムでも書いたことですが、理想は最初の8割は普通の重さのバットでトレーニングをし、最後の2割くらいの練習を軽いバットで行うというのがベストです。軽いバットで、より速い動きでトレーニングを締めることによって、筋肉が速い動きに馴染んだ状態で動作を覚えてくれるようになるんです。つまり筋肉を高速で動かしやすくなる、ということです。僕のオススメとしては、小学生のうちは安いバットを成長に合わせて1〜2年置きに買い換えるのが良いと思います。小学生用の金属バットはちゃんとしたメーカーのものでも5000円程度ですので、仮に6年間毎年買い替えたとしても、小学生用のビヨンドマックス1本分よりも安上がりなんです。親御さんは、このあたりも考えてあげると良いかもしれませんね。

最新のスラッガー養成コラムは2020年01月23日(木)公開の
『時速0キロのボールを打つティーバッティングが最適な理由』


体格や筋力頼らなくてもホームランは打てる!
今すぐ長打を打てるようになる10のテクを伝授!
長打を打つためには確かにある程度の腕力も必要です。しかし腕力よりも重要なのは ホームランを打つための技術です。ホームランを打つための技術を身に付ければ、 小柄な小学生でもすぐに長打力をアップさせられる!
長打力をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
ホームランアーチスト養成クリニック

ミート力と打率がアップしないのには原因がある!
今すぐ打率を上げられる10のテクを伝授いたします!
「頭を移動させるな」「ヘッドを下げるな」などなど、いろんなことを言われると思いますが、 でも具体的にどうすればそれを改善できるのかを教えてくれるコーチは身近にいますか? Kazコーチならすべて具体的に、しかも小学生にも大人にもわかりやすくコーチング!
今すぐ打率をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
安打製造機量産クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 頭を移動させないで打つことと体重移動は相容れない動作
次のコラム バレル打法とはこのような数字を揃えていく打法のことです
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾