バットスウィング,バットスイング,速度,トニブランコについて書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > スウィング速度を高める2種類のバットを使う素振り

スウィング速度を高める2種類のバットを使う素振り


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
野球というのは「技」のレベルを競うスポーツです。つまり腕力で行うスポーツではないということです。打球の飛距離を伸ばすために腕力を一生懸命鍛えている選手が近年非常に多いように感じられます。そしてその腕力を使ってフルスウィングをし、飛距離を伸ばそうとする打ち方。しかしこれでは本当の意味での飛距離は伸びません。

確かにジャストミートすればアレックス・カブレラ選手のように、160mオーバーの特大ホームランを打てるかもしれません。ですがバッテリーからすれば、腕力を用いてフルスウィングをしてくる打者ほど料理しやすいタイプはいないのです。ちなみにカブレラ選手は腕力に頼る打者ではなく、質の高い技を持ち合わせた巧打者でした。

パワーというのは「速度×重量」で計算することができます。つまりいくら上腕二頭筋を太くしたとしても、速度が低下してしまってはパワーアップという結果にはつながりません。トニ・ブランコ選手が158kmというスウィング速度を計測したというニュースがありましたが、これはブランコ選手が腕力だけではなく、高い技術も持っているからこそ実現できた速度なのです。

もし腕力だけでバットスウィングが速くなるのであれば、ボディービルダーたちのスウィング速度は大変なことになってしまいます。ですが実際にはそうはなりません。なぜならボディービルダーたちには、バットを高速で振るための技術がないためです。ではバットスウィングの速度をアップさせるためには、どうすればいいのでしょうか?

その答えは2種類のバットを使いわけて素振りをすることです。素振りを100回する場合、最初の90回は通常の重さのバットで素振りを行います。最後の10回を通常の8〜9割程度の重さの軽いバットで素振りを行います。

素振りというのは打撃動作を改善するのと同時に、筋トレ効果もあります。素振りという筋トレを行った直後に、軽いバットを使って素振りをすることで、通常の重さのバットを振った時よりも速くバットを振ることができます。つまり、より速い動作でバットを振るための動作で素振りを終えることにより、より速く動く筋肉を作るという考え方です。

1kgくらいあるマスコットバットの場合は筋力アップにはつながりますが、バットスウィング速度の向上にはほとんどの場合つながりません。逆に高校球児が900gのバットで素振りをしたあとに、700g程度の軟式用バットで素振りをすると、スウィング速度は明らかに速くなります。この速くなった動作でトレーニングを終えることにより、速い動作が取れる筋肉へと再調整することができるのです。

すでに上述しましたが、パワーとは速度×重量です。つまり今現在持っている筋肉量を変えなくても、その筋肉がより速く動くように再調整してあげれば、速度×重量の計算値は今まで以上に高くなり、パワーアップに直結し、飛距離がアップするという結果に結びついていくのです。

マスコットバットをたくさん振ってしまうと、腰椎を痛めるリスクが非常に高くなるというお医者さんの研究結果も多数報告されています。ですが軽いバットを振って故障のリスクが高まるという事象はほとんど見受けられません。故障のリスクを軽減するという意味でも、スウィング速度をアップさせるという意味でも、この素振りのやり方をオススメしたいとわたしは考えています。

もしバットを買い換えても、軽いバットは捨てずに素振り用に取っておいてください。そしてぜひ上述した素振り方法をしばらくの間試してみてください。短くとも2〜3ヶ月続けて筋肉の再調整が進めば、スウィング速度もその頃にはきっとアップしているはずです。
ビヨンドがなくてもヒットは打てる!
即効性抜群のマンツーマン野球塾

littlerockheart.com

今すぐ打率と飛距離がアップするテクを10個伝授! 10年で1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導。 今年こそ球春がやってくる前に良いフォームを身に付けておこう!
マンツーマンレッスン専門野球塾の
安打製造機量産クリニックへGo!

球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新のスラッガー養成コラムは2020年01月23日(木)公開の
『時速0キロのボールを打つティーバッティングが最適な理由』


体格や筋力頼らなくてもホームランは打てる!
今すぐ長打を打てるようになる10のテクを伝授!
長打を打つためには確かにある程度の腕力も必要です。しかし腕力よりも重要なのは ホームランを打つための技術です。ホームランを打つための技術を身に付ければ、 小柄な小学生でもすぐに長打力をアップさせられる!
長打力をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
ホームランアーチスト養成クリニック

ミート力と打率がアップしないのには原因がある!
今すぐ打率を上げられる10のテクを伝授いたします!
「頭を移動させるな」「ヘッドを下げるな」などなど、いろんなことを言われると思いますが、 でも具体的にどうすればそれを改善できるのかを教えてくれるコーチは身近にいますか? Kazコーチならすべて具体的に、しかも小学生にも大人にもわかりやすくコーチング!
今すぐ打率をアップさせる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
安打製造機量産クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 自分に合ったバットを見つけるための選び方
次のコラム 上半身が捕手側に傾くようにしてバットを振ろう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾