バットの使い分けについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ミスを道具のせいにする格好悪い選手にならないためには?!

  • ミスを道具のせいにする格好悪い選手にはなるな!
  • 技術を道具の性格に合わせられる選手になろう!
  • イチロー選手と二流選手のバットの選び方の違い

マンツーマン野球塾 Kazコーチのマンツーマン野球塾
超お得な夏休み限定パック新登場! (先着5名様限定)

スポーツ選手は道具に過度に頼ってはいけないと僕は考えています。特に「上達したい」という気持ちが強い場合は。ですがそれほど上達を求めていない、レベルが高くないリーグでプレーしている選手は道具に頼ってしまうのもなしではないと思います。例えばビヨンドなどの複合バットの存在ですね。


道具というのは技術に合わせられるものではありません。技術を道具に合わせるんです。プレー中に失敗をすると、よく道具やサーフェス(地面などのプレー環境)のせいにしている選手を見かけますが、これは素人が取るべき行動です。年代やレベルを問わず上達を目指している選手は、ミスを道具やサーフェスのせいにすることは絶対に避けるべきです。責めるべきは対応し切れなかった自らの技術です。

例えばイチロー選手は毎年、何十本もの同じバットの中から、数本だけ実際に試合で使うバットを選んでいました。しかしこの選択は、アマチュア選手が金属バットとビヨンドのどっちを選ぶか、という問題とはまったく異なる選択となります。イチロー選手は自らの技術をアジャストできるバットを選んでいたのに対し、後者は自らの技術不足を道具で補うための選択となります。

日本は道具天国です。ビヨンドだけに限らず、硬式用の金属バットでも反発係数は木製バット以上で、よく飛ぶバットを使うことができます。一方アメリカでは、金属バットの反発係数は木製バットと揃える必要があるため、あくまでも数値的には金属バットの恩恵を受けることはありません。ただそれでも、金属バットの方が木製バットよりも数mm〜1cm程度スウィートスポットが広いので、その点では金属バットの方がまだ優位性は高いと言えます。

正直なところ、僕はコーチとしてはビヨンドの利用に対しては否定的です。ビヨンドはどこに当たっても打球が飛んでいくため、コンタクトスキルが向上することはありません。ですので少しでも今より上達したいと考えている選手は、ビヨンドは使うべきではありません。

ちなみに僕が小学生の頃は当然ビヨンドなんてバットは存在しておらず、金属バットもボールも今ほど飛ぶものではありませんでした。でも僕は頻繁に外野手の頭を超える打球を打っていました。小柄で細かったにも関わらず。中学1年生になった頃、僕の身長はまだ150cmにも届いていませんでした。150cmを超えたのは確か、中学1年生の夏です。こんなに細くてチビだった僕でも、外野まで打球を飛ばすことができていたのです。飛ぶバットなんて使わなくても。

いえ、飛ぶバットどころか、練習ではディスカウントショップで売られていた無名の怪しげな木製バットを使っていました。そのバットのことは今でもよく覚えています。お小遣いを貯めて1980円で買ったのですが、保険に関するシールさえ貼られていませんでした。その代わりに金色の「高級バット」という、何の説得力もないシールが貼られていました(笑)。普通のメーカーの普通のバットと比べると、まるでガラクタのようなこのバットですが、それでも僕は小学生から中学生にかけて、紅白戦では上級生たちからこのバットでたくさんのヒットを打ちました。

僕は高校入学の直前に肩を痛めてボールを投げられなくなってしまったのですが、中学最後の1年間の僕の出塁率は9割以上で、打率も8割くらいでした。

ちょっと自慢しちゃいましたが、伝えたいことは自慢話ではないんです。僕は普段は1980円の高級バットで練習をし、公式戦になると学校や友達の金属バットを借りて打席に立っていました。スウィートスポットがあるのかないのかもわからない高級バットで練習をした後だと、普通のバットでジャストミートさせることがすごく簡単なんです。金属バットは広いものだとスウィートスポットが1.5〜2cm程度あるのですが、高級バットで練習をしたあとだとこの1.5cmがものすごく広く感じ、「どこに当たってもヒットになる!」という風に感じていました。

もはやビヨンドは軟式野球のスタンダードとも言えるようになりました。バットに3〜4万円も出すなんて僕には考えられませんが、現代では普通のことのようです。ですので試合でビヨンドを使うのは、もはや止めることはできません。それならばせめて、練習だけは安物のバットを使うべきだと思います。僕が使っていた高級木製バットのような、スウィートスポットがあるのかないのかわからないようなバット、、、、なんてものはもう売っていないと思いますが、普通のメーカーの普通の安いバットで練習すべきだと思います。

上達を目指しておらず、ただ野球を趣味で楽しみたいという選手はいつもビヨンドでも構いません。しかし上達したい選手にとってビヨンドは致命傷になります。野球のレベルが上がれば上がるほど、ビヨンドを使えないリーグに入った際、ビヨンドの後遺症に苦しむことになります。

ですのでビヨンドはあくまでも野球が趣味の場合にのみ利用し、少しでも上手くなりたいという選手はビヨンドの利用は避けてください。どんなに安物のバットであっても、そのバットの性格をしっかりと理解することができれば、外野手の頭を越していく打球を打つことはそれほど難しくはありません。

ですがバットの性格を知ったとしても、その性格に技術を合わせることができなければ意味がありません。ビヨンドでその技術を磨くことは不可能ですので、単純に練習は木製・竹・ラミなどを利用し、試合では金属バットを使う、という使い分けをされるのがベストだと思います。そうすれば高いコンタクトスキルを身につけることができ、どんなバットにも技術をアジャストしていけるようになりますので、ミスを道具のせいにしてしまう格好悪い選手になってしまうこともなくなると思います。
最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
マンツーマン野球塾

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 開きが早い打撃フォームとは一体どういう動きのことなのか?
次のコラム 日本でも注目され始めたフライボール革命の注意点

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾