TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / バットを振り抜けない選手はこんな工夫をしてみよう

バットを振り抜けない選手はこんな工夫をしてみよう


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

バットはもちろん振り抜くことが最良の形となります。しっかりと最後まで振り抜くからこそ、ピッチャーのボールの力に負けないヒッティングができるようになります。しかし日本の指導者の多くが振り抜くのではなく、打ったら耳のあたりでスウィングを止めてすぐ走り出すようにと指導しているようです。この指導は完全に間違いであると言えます。


まずバットスウィングを途中でストップさせるためには、2つ方法があります。1つ目は途中で止めやすい強さでしかバットを振らないということ。ですがもちろんこのスウィングではジャストミートしたとしてもヒットは打てなくなります。

2つ目はストップモーションをかけることです。力強く降ったバットを途中で止めるわけですので、体への負荷は非常に大きくなります。特に手首を痛めやすくなります。ストップモーションというのは、スポーツ動作の中でもっとも体に負荷がかかる動作となりますので、怪我もしやすいのです。全力疾走からピタッと止まることはできませんし、できたとしても捻挫をしてしまう危険があります。これと同じですね。

そもそもバットはどこまで振り抜けばいいのか?スラッガー養成コラムでも何度も書いてきましたので、もうパッと思い浮かんだ方もいらっしゃると思いますが、金属バットであればプラグが地面に着くまで振り抜きます。そしてブラグが地面に着くまで振り抜くためには、その前の動作が良い形になっていなければ、バットで地面を叩いていくことはできません。

でも中には頑張ってもなかなか振り切れない選手もいるかもしれません。そんな場合の対処法を書いておきたいと思います。まず普通に構えて、両肩のラインは反対打席と平行に真っ直ぐにします。その状態のまま骨盤、膝、スタンスを少しだけ開きます。この形から降り始めると、ヒッティング後の両腕が窮屈にならずに振り抜き易くなります。

振り抜けない選手に多いのは、打ちに行った時に背番号をピッチャーに見せてしまう形です。この形を作ってしまうと自分自身が投球を見にくくなりミート力が低下し、ヒッティング後の両腕が窮屈になり振り抜くことができなくなります。

多少タイミングを外されたとしても、多少スウィートスポットから外れていたとしても、バットをしっかり最後まで振り抜いておけば打球は内野手の頭を越えて、外野手の前で落ちるようになります。クリーンヒットじゃないにしても、今まで凡打で終わっていたものが安打になっていきます。

ヒットを増やすためにも、手首を怪我しないためにもバットは途中では止めず、トップハンドを放してバットを最後まで振り抜く癖をつけておきましょう。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾