Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2016年02月09日

打球の飛距離を伸ばすために必要な割れの深い打撃動作


野球ではよく「割れ」という言葉を使いますが、この割れの意味を具体的に説明することはできますか?と言ってもそれほど難しいことではありません。簡単に説明をすると、上半身と下半身がそれぞれ違う方向へ向かおうとする動作のことです。雑巾を絞る動作をイメージしてみてください。右端と左端をそれぞれ逆方向に回すことにより雑巾は強く絞られます。バッティングに関する割れも、これに似たような感じなのです。

ですがバッティングの場合は雑巾のようにあまり回してはいけません。例えば肩を入れ過ぎてしまうだけで、単純に投球が見辛くなってしまいます。ではどこで割ればいいかと言いますと、テイクバックとステップワークです。テイクバックは捕手方向へ動き、踏み出す足はは投手側に動きます。回らなくても、単純にこれだけでも割れが発生していると言えます。

この割れをさらに強くしていくためには、グリップをテイクバックの最深部に置き去りにすることです。腕がゴムでできているとイメージしてください。その腕でテイクバックを作ったら、グリップは捕手側にビヨーンと伸びていきますよね。そしてゴムは伸びるとその反動で一気に縮んできます。このイメージでバットを振ると、バットを早い段階でトップスピードに持っていくことができ、差し込まれることも減っていきます。

割れを大きくするためのコツは、やはり基本ではありますが、腕力でバットを振らないということです。腕力でバットを振ってしまうとどうしても手が先行してしまうようになり、割れが発生する前にバットを振るようになってしまいます。するとポイントを前へ前へと持っていかなければならず、当たれば飛んだとしても、簡単に変化球に泳がされるバッターになってしまいます。

ですので下半身、特に軸脚を使ってバットを振る動作を身につける必要があるのです。下半身主体でバットを振れるようになると、腕をギリギリまでリラックスさせておくことができ、テイクバックも深くなり、それにより割れが大きくなり、結果的にスウィング速度が速くなっていくのです。

バッティングセンターで硬式バットを振っている、比較的レベルが高い選手を観察していても、割れがあまり発生していない選手は多くいます。速いボールというのは、タイミングが合えば簡単に飛ばしていくことができます。重要なのは勢いのない遅いボールを遠くまで飛ばしていける技術があるかどうかです。例えば埼玉西武ライオンズの中村剛也選手は、時速0キロのボールを打つスタンドティーであっても、打球をスタンドインさせる技術を持っています。

バットを振る上で腕の筋力というのは非常に重要です。しかしその筋肉に頼ってバットを振っていては、いつまで経っても手打ちを卒業することはできません。手打ちにならない打ち方を身につけるためにも、ぜひ割れを大きくするという意識で普段の素振り、そしてバッティング練習に取り組んでいってみてください。そして技術力でホームランを打てるようになりたいという選手は、ぜひスラッガー養成コースを受講してみてください。

小学生〜大人まで個別指導可能のスラッガー養成コースは、全スラッガー養成コラムを執筆しているチーフコーチが指導を担当いたします!



Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
スラッガー養成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • ミート力を低下させている原因を見つけ改善できる
  • 飛距離をアップさせるスウィングを身につけられる
  • 多少タイミングを外されてもヒットを打てるようになる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:飛距離を伸ばす
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 筋力はあるのに飛距離が伸びない打者の技術的問題点
次のコラム 10%の腕よりも、35%の脚を使ってバットを振っていこう

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹する  バックウェイト打法を理解する  バットの使い方を理解する  フロントウェイト打法を理解する  ミート力を上げる  効果的な練習をする  右打ちをする  故障を防ぐ  硬式球を打つ  軟式球を打つ  野球コラム  飛距離を伸ばす 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.