Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2015年01月16日

フルスウィングせずに3割30本を目指せる方法



Littlerockheartのコーチングでは、フルスウィングはあまり推奨していません。これは全力投球はすべきではないという点と少し似た話ではありますが、常にフルスウィングをしてしまうと、手首を痛めてしまうリスクが非常に高まります。実際プロ野球選手でもフルスウィングを売りにしている打者の多くが手首を痛め、バットを短く持って振ることができない選手が多くいます。

手首を痛めやすいという意味だけではなく、パフォーマンスを向上させるためにもフルスウィングはベストな選択ではありません。例えば埼玉西武ライオンズの中村剛也選手も話しているように、フルスウィングではなく8割程度の力で振った時の方がホームランになりやすいのです。

その理由は、フルスウィングをしてしまうとスウィング中のバットにブレが生じてしまうのです。そのブレがボールに伝わってしまい、打球にきれいなバックスピンやトップスピンがかからなくなってしまいます。するとホームランになるはずだった大飛球がフェンス直前で失速してしまったり、ゴロを打っても球足の遅い打球になってしまいます。

軟式野球の場合はバットの面でボールの面を叩いていく打ち方となりますので、フルスウィングをしてもバットのブレはそれほど大きく影響はしません。しかし打球にスピンをかけていく打ち方である硬式野球の場合は、フルスィングをするほどバットのブレがボールに伝わってしまい、打球の質を低下させてしまいます。

もちろんフルスウィングをしても、完璧なタイミングでミートをすることができれば打球は弾丸ライナーでスタインドインしていきます。ですがそうするとミート力が低下してしまいますので、長打は打てても打率は.250ちょっとしか打てない打者になってしまいます。

プロ野球でいうところの3割30本を打てるようなスラッガーを目指すのであれば、バットは8割程度の力で良い軌道で振るように心がけた方が、OPSの数値は向上していきます。OPSの数値を.850以上にしていくためにも硬式野球の場合はフルスウィングではなく、8割程度の力でボールに強いスピンをかけることを意識して振るようにしてみてください。

本当に良い形でバットを振り、本当に良い形でボールにコンタクトしていくことができた時は、ホームランを打ったスウィングで、まるで空振りをしたような感覚になるはずです。これこそがホームラン打った時の究極の感覚であり、中村剛也選手でも年間に数本のホームランでしか感じられないハイレベルの手応えとなります。みなさんもぜひこの究極の感覚を目指して取り組んでみてください。

そしてこの技術を基礎からしっかりと学んでみたいという方は、ぜひスラッガー養成コースを受講してみてください。



野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


Littlerockheart は個別指導タイプの野球教室(野球塾)
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球教室の Littlerockheart です。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは実質無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:飛距離を伸ばす
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 非軸足のつま先は開かない方が良い明確な理由
次のコラム 手首の怪我を防ぐバットグリップの握り方

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹する  バックウェイト打法を理解する  バットの使い方を理解する  フロントウェイト打法を理解する  ミート力を上げる  効果的な練習をする  右打ちをする  故障を防ぐ  硬式球を打つ  軟式球を打つ  野球コラム  飛距離を伸ばす 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.