硬式,軟式,打ち方について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ボールを上から叩く打撃で考えられるデメリット

「上から叩け」とチームで指示を受けることはよくあると思います。硬式野球でももちろん言われることですが、しかしそれ以上に軟式野球で言われることの多い指示です。そうです、これは「指導」ではなくて「指示」なのです。選手を上達させるためのアドバイスではなく、その試合に勝利するために出される指示なのです。

軟式球の特性として、バウンドが高く跳ね上がるというものがあります。硬式球の場合はいくら強く叩き付けても、プロ仕様の底が硬い人工芝球場でも使わない限りそうそう高くバウンドが弾むことはありません。ですが軟式球の場合は、バウンドがまるでフライのように高く跳ね上がることもあります。するとボールが落ちてくる前に内野安打になることが多くなります。

軟式野球の強豪大学も、内野安打を狙う作戦によって勝利を重ねているケースが多くなります。もし選手自身が将来、一生軟式野球しかしないと決めているのならば、小学生のうちから叩き付ける打撃を教え込むのも良いかもしれません。しかし将来的に硬式野球に進みたいと考えている選手であれば、ボールの頭を叩き付ける打撃を体に染み込ませることは良くないと、Littlerockheartでは考えています。

野球はチームプレーによって勝利を目指すスポーツですが、しかしチームである以前に選手はそれぞれ、一人のアスリートなのです。そのアスリートの技術向上を阻む可能性がある「指示」は、無闇に出すべきではないのです。そのような指示を出す場合は、叩き付ける打撃が必要だと選手自身が感じられる場面で出さなければ、選手の中には「気持ちよくバットを振れなかった」という思いばかりが残ってしまいます。

さて、ではなぜ「上から叩く」打撃は硬式野球ではプラスに働かないのでしょうか?ちなみに硬式野球であっても、バットを上から出していくことは必要です。しかし上からバットを振り下ろすことと、上からボールを叩くことは似て非なるものです。まずボールを上から叩いてしまうと打球はほとんど確実にゴロになり、回転もほとんどかかりません。そのため球足の遅い、ボテボテの内野ゴロになる確率が非常に高くなります。50mを5秒台で走れる選手でなければ、バウンドも低い分ここから内野安打を稼ぐことも難しくなります。

つまり軟式球では内野安打になるゴロも、硬式野球ではただの内野ゴロになりやすいということになります。反面バットを上から振り下ろし、ボール内側の下半分を叩くことができると、フライになった場合はバックスピンがかかり滞空時間が長くなり、飛距離が伸びます。また、ゴロになった際はトップスピンがかかり球足が速くなり、内野手の間を抜けていくヒットになりやすいのです。

「上から叩け」という指示は、決して間違いではありません。しかし練習段階ではバットを上から振り下ろし、ボールの下半分を強く叩いていくことを指導していく必要があります。そうしなければ軟式球でしか通用しない打者になってしまいます。

確かに試合に勝つことは大切なことです。しかし小学生・中学生を指導する方々は、その選手が将来どのレベルに進んでいきたいのかをしっかりと確認した上で、その目標に合った内容の指導を出していく必要があります。そうしなければ軟式チームでは大活躍できたとしても、硬式野球に変わった途端、満足のいくプレーができない選手になってしまうこともあるのです。

同じバットを上から振り下ろす打ち方であっても、ボールの頭を叩くか、下半分を叩くかでパフォーマンスはまったく別物になってしまいます。子どもたちを教える監督やコーチには、そのようなこともしっかりと理解した上で指導をしていただければと思います。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 打撃時の腋はどれくらい閉めれば良いのか?
次のコラム 右投右打を右投左打に変えた際のデメリット

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾