Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年09月02日

ボールを上から叩く打撃で考えられるデメリット


「上から叩け」とチームで指示を受けることはよくあると思います。硬式野球でももちろん言われることですが、しかしそれ以上に軟式野球で言われることの多い指示です。そうです、これは「指導」ではなくて「指示」なのです。選手を上達させるためのアドバイスではなく、その試合に勝利するために出される指示なのです。

軟式球の特性として、バウンドが高く跳ね上がるというものがあります。硬式球の場合はいくら強く叩き付けても、プロ仕様の底が硬い人工芝球場でも使わない限りそうそう高くバウンドが弾むことはありません。ですが軟式球の場合は、バウンドがまるでフライのように高く跳ね上がることもあります。するとボールが落ちてくる前に内野安打になることが多くなります。

軟式野球の強豪大学も、内野安打を狙う作戦によって勝利を重ねているケースが多くなります。もし選手自身が将来、一生軟式野球しかしないと決めているのならば、小学生のうちから叩き付ける打撃を教え込むのも良いかもしれません。しかし将来的に硬式野球に進みたいと考えている選手であれば、ボールの頭を叩き付ける打撃を体に染み込ませることは良くないと、Littlerockheartでは考えています。

野球はチームプレーによって勝利を目指すスポーツですが、しかしチームである以前に選手はそれぞれ、一人のアスリートなのです。そのアスリートの技術向上を阻む可能性がある「指示」は、無闇に出すべきではないのです。そのような指示を出す場合は、叩き付ける打撃が必要だと選手自身が感じられる場面で出さなければ、選手の中には「気持ちよくバットを振れなかった」という思いばかりが残ってしまいます。

さて、ではなぜ「上から叩く」打撃は硬式野球ではプラスに働かないのでしょうか?ちなみに硬式野球であっても、バットを上から出していくことは必要です。しかし上からバットを振り下ろすことと、上からボールを叩くことは似て非なるものです。まずボールを上から叩いてしまうと打球はほとんど確実にゴロになり、回転もほとんどかかりません。そのため球足の遅い、ボテボテの内野ゴロになる確率が非常に高くなります。50mを5秒台で走れる選手でなければ、バウンドも低い分ここから内野安打を稼ぐことも難しくなります。

つまり軟式球では内野安打になるゴロも、硬式野球ではただの内野ゴロになりやすいということになります。反面バットを上から振り下ろし、ボール内側の下半分を叩くことができると、フライになった場合はバックスピンがかかり滞空時間が長くなり、飛距離が伸びます。また、ゴロになった際はトップスピンがかかり球足が速くなり、内野手の間を抜けていくヒットになりやすいのです。

「上から叩け」という指示は、決して間違いではありません。しかし練習段階ではバットを上から振り下ろし、ボールの下半分を強く叩いていくことを指導していく必要があります。そうしなければ軟式球でしか通用しない打者になってしまいます。

確かに試合に勝つことは大切なことです。しかし小学生・中学生を指導する方々は、その選手が将来どのレベルに進んでいきたいのかをしっかりと確認した上で、その目標に合った内容の指導を出していく必要があります。そうしなければ軟式チームでは大活躍できたとしても、硬式野球に変わった途端、満足のいくプレーができない選手になってしまうこともあるのです。

同じバットを上から振り下ろす打ち方であっても、ボールの頭を叩くか、下半分を叩くかでパフォーマンスはまったく別物になってしまいます。子どもたちを教える監督やコーチには、そのようなこともしっかりと理解した上で指導をしていただければと思います。

小学生〜大人まで個別指導可能のスラッガー養成コースは、全スラッガー養成コラムを執筆しているチーフコーチが指導を担当いたします!



Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
スラッガー養成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • ミート力を低下させている原因を見つけ改善できる
  • 飛距離をアップさせるスウィングを身につけられる
  • 多少タイミングを外されてもヒットを打てるようになる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:硬式球を打つ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 打撃時の腋はどれくらい閉めれば良いのか?
次のコラム 右投右打を右投左打に変えた際のデメリット

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹する  バックウェイト打法を理解する  バットの使い方を理解する  フロントウェイト打法を理解する  ミート力を上げる  効果的な練習をする  右打ちをする  故障を防ぐ  硬式球を打つ  軟式球を打つ  野球コラム  飛距離を伸ばす 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.