オーバースローで投げるメリットについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2018年12月31日

オーバースローで投げるメリットと気をつけたい注意点

  • オーバースローは球速を上げるための投げ方ではない?!
  • オーバースローのメリットとは垂直になるバックスピン!
  • オーバースローで投げる際はこれらのことに注意しよう!

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


コーチングをしていると、結構な頻度で「オーバースローで投げられるようになりたい」というご相談を受けます。ちなみに横投げ(サイドスロー)=ダメな投げ方と誤解されている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。どんなフォームで投げていても、重要なのはトップポジションを適切に作れているかという点と、肘が適切な高さを維持して投げられているかという点です。


さて、ではオーバースローのメリットとはなんなのでしょうか?答えは簡単です。バックスピンを最も垂直に近づけられるのがオーバースローです。つまり伸びのある空振りを取れるストレートを最も投げやすいフォームがオーバースローということになります。ただしオーバースローで投げるためには体幹のスタビリティ(安定感)が必要ですので、体幹が弱い選手、もしくは体幹をまだ鍛え切れない世代の選手(小学生など)は、無理をしてオーバースローで投げようとする必要はないと思います。

体幹のスタビリティが足りない状態でオーバースローで投げようとすると、スローイングアームの肘を肩線分よりも高く上げてしまうケースが出てきます。この投げ方をしてしまうと絶対に肩を痛めますので注意が必要です。

少し前のコラムで5秒立つ練習について書きましたが、5秒立てる非軸脚を作ることができなければ、下半身主導でオーバースローで投げることは不可能になり、非軸脚が安定しなければスローイングアームの勢いに下半身が振り回されてしまうフォームになってしまいます。するとバックスピンの質を高められないばかりではなく、制球力も低下してしまいます。さらに5秒立てない非軸脚では体重移動も完了させられませんので、根本的な球速アップを目指すことも難しくなります。

オーバースローというのは実はけっこう難しいんです。ストライディング後の非軸脚と体幹のスタビリティがなければ、適切な肘の高さを維持したままオーバースローの高さまで腕を上げていくことはできません。ちなみに球速を最もアップさせられるのはサイドスローです。これをオーバースローと勘違いされている方もけっこういらっしゃるのですが、オーバースローのメリットはバックスピン、サイドスローのメリットは球速、その中間がスリークォーターだと考えていただければと思います。

このような細かい点まで深く教わりたいという方は、ぜひ当野球塾にいらしてみてください。コーチング中にご質問をいただければ、どんな内容でも具体的で理論的、且つわかりやすくお伝えできると思います。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 今年最も多く読まれた投手育成コラムBEST10
次のコラム 学童野球で導入される1日70球の球数制限と練習時間の削減

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾