ホップ,ストレート,伸びについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ストレートの伸びは球速が上がるほど低下するという真実

ストレートの伸びは球速が上がるほど低下するという真実

  • 球速がアップするほどストレートの伸びは低下する?!
  • 低下したマグナス力が再浮上するのは時速200キロ!?
  • 実際にホップするストレートを投げることは可能なのか?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手が投げるボールは、速いよりも伸びがある方が打者を抑えやすくなります。伸びがあるストレートというのは、投げた瞬間の初速と打者の手元での終速の差がほとんどないボールのことです。これにはバックスピンの回転数と、スピンそのものの回転角度が関係してくるのですが、適切なオーバーハンドスローの形で投げることができれば、伸びのあるボールを投げることも決して難しいことではないのです。


時々肘を肩よりも上に上げてボールリリースを迎え、それによってバックスピンをかけようとする投手がいますが、これは間違いです。確かにバックスピンをかけることはできますが、これではスピンの回転数は増やしにくく、さらには肘を肩よりも上に持っていくことで肩肘にかかるストレスも非常に大きくなってしまいます。

伸びのあるボールを投げる利点ですが、膝下いっぱいの低さに投げた場合、打者は「低い」と判断し見逃します。しかしボールがお辞儀しないので審判のコールは「ストライク」となります。逆に高めに投げれば打者の予想以上の高さを通過することになりますので、簡単に空振りを奪えるようになります。

ストレートの伸びは、実は球速が上がれば上がるほど低下しやすいんです。その理由は球速が100km/hだった場合にかかる空気抵抗はボールの半分程度の重さなのですが、150km/hになるとボール1個分の重さが空気抵抗の大きさになってしまうためです。

そしてマグナス力で言えば、110km/hを超えていくとマグナス力はどんどん低下していき、その後再浮上はするのですが、110km/hの時と同等のマグナス力を得られるのは時速200km/hに到達した時となります。ですが現代の人類のパフォーマンスでは200km/hは投げられませんので、伸びのあるボールを投げるためには130〜140km/h程度が実は望ましいと言えるのです。

例えばかつて活躍した星野伸之投手のストレートは120km/h台でしたが、プロでは176勝を挙げています。球速ではなく伸びで抑えるという素晴らしい手本を見せてくれた投手です。

ストレートの伸びを維持するためには、アヴェレージは140km/h程度が望ましいと考えられます(硬式トップレベルの場合)。現役投手で言えば岸孝之投手が投げるボールは、140km/h前後であっても非常に伸びのある空振りを取れるストレートとなっています。140km/h前後であれば、空気抵抗はボールの重さよりも小さく抑えることができますので、伸びの著しい低下も防ぐことができます。

逆に150km/hを超えていくと空気抵抗はボール1個分よりもさらに大きくなっていくため、初速と終速の差は大きくなります。ですが初速が速い分抑えられるという考え方もできますので、150km/h以上のボールを投げるべきではない、ということではありません。

ちなみにホップするストレートを投げることは現実的に可能です。特に軟式球で100〜110km/h程度で、きれいなバックスピンをかけ、スピンの回転数を増やせる投球動作を身につけられれば、本当にホップするストレートを投げることはできます。草野球選手であれば挑戦すべきだと思います。

当野球塾に通われている選手の中でも小中学生、草野球選手でホップするストレートを投げられるようになった投手が多数誕生しています。適切な知識で適切な投球動作を身につけることができれば、そのようなストレートを投げることは決して難しくはない、ということなのです。

しかし体の構造に適していない投げ方をしてしまうと肩肘を壊したり、パフォーマンスが低下してしまうことになります。そうならないためにも、ぜひ適切な基礎、適切な技術を身につけるように心がけてください。そうすれば将来歳を取った時も怪我なくプレーし続けることができるはずです。
今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 上半身が突っ込んでしまう原因と改善するコツ
次のコラム コーチがまずやらなければならないのは、教えることではない!?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾