上半身が突っ込んでしまう原因と改善するコツ

 

上半身が突っ込んではいけないということは、きっとどの選手でもご存知の知識だと思います。上半身が突っ込むとボールを加速できる距離が短くなる分球速が低下してしまい、球速が低下してしまうがために腕力を使って投げる癖が付いてしまうんです。上半身が突っ込んで起こる良いことはひとつもありません。


ではどのような状態を、上半身が突っ込むと言うのでしょうか。目安はランディングです。ランディングとは振り上げた非軸足を着地させる瞬間のことです。ランディングを迎えた瞬間に、背骨がどれだけ垂直を保てているかが、上半身の突っ込みの有無となります。

ランディングの瞬間に背骨が大きく捕手側に傾いていれば上半身は突っ込んでいるという評価になり、ほとんど垂直であれば上半身は突っ込んでいないという評価になります。そして上半身が突っ込むか否かは、軸脚側股関節をどれだけ深く使えているかが分かれ目となります。

つまり簡単に言えば股関節が硬い選手は上半身が突っ込みやすく、腕力主体の投げ方になりやすいんです。逆に股関節の柔軟性と強度が備わっている選手は軸脚側股関節を深く使えるため、ランディングで背骨をまだ垂直にしておくことができます。これができるからこそボールの加速距離が長くなり、上半身をリラックスさせた状態でも速いボールを投げられるようになります。

股関節が硬い選手が上半身の突っ込みを抑えるためのコツがあります。非軸脚を振り上げたら、足首を底屈(つま先が真下を向く足首の動き)させ、そのままの形でランディングを迎えます。足首をこの形で固定して使えるようになると、上半身は突っ込めない状態になります。

力みなく速いボールを投げられるようになるためにも、上半身が突っ込んでいる投手は、足元の動作を安定させた上で突っ込みの改善に取り組んでみてください。
  • 上半身が突っ込んで起こる良いことはひとつもない!
  • なぜ上半身は突っ込んでしまうのか?!
  • どのようにすれば上半身の突っ込みを改善できるのか?!

✏️コラム著:Kaz(野球専門プロコーチ)
TeamKazオンライン野球塾 肩肘を痛めない科学的に正しい投げ方が、 実は一番球速・遠投力・制球力がアップする! 冬の間に本当に正しい投げ方を僕と一緒にマスターしよう! 僕の生徒さんの78%が短期間で球速10kmアップを達成!

  TeamKazオンデマンド野球塾 パソコンの方はこちらをクリックしてください。

 
にほんブログ村 野球ブログへ
他の野球ブログもチェックしてみよう!