野球肩,野球肘,肩痛,肘痛

トップページ > 投手育成コラム > 投球時、腕の振りに下半身が振り回されていませんか?

投球時、腕の振りに下半身が振り回されていませんか?

肩や肘を痛めてしまう選手の大きな特徴として、下半身を使いこなせていないという点があります。ちなみにこれは、下半身が強化されているか否か、ということではありません。あくまでも下半身を使いこなせているか、ということであり、平均以上の選手であれば筋肉量はほとんど関係ありません。

下半身を使いこなせていないというのは、下半身でしっかりと踏ん張り切る前にボールリリースを迎えてしまうということです。つまり上半身が突っ込み、スローイングアームが先走って動いてしまっている状態です。この状態では投球に対する加速距離を十分に得ることができず、ボールの伸びはなかなか上がっていきません。そのために自然と腕力に頼るようになってしまい、肩肘への負担を大きくしてしまうのです。

一番の基本としては、振り上げた足を踏み出していく際、その足でまずはしっかりと踏ん張るということです。右投手なら左足部、左投手なら右足部ですね。この足でしっかり踏ん張った上で腕を振っていかなければ、腕の振りに下半身が振り回されることになり、球威も制球力も低下してしまいます。

踏ん張るためにはタオルギャザーなどで足部そのものを鍛えることも大切ですし、それ以上に踏ん張りを実現させるために不可欠な部位の強化が必要です。例えば足首の動作を安定させるための筋肉、膝の動きを安定させるための筋肉などです。それらの筋肉をほどよく鍛え、上手に使いこなしていくことにより下半身(土台)が安定し、腕力に頼って投げる必要がなくなっていくのです。

スローイングアームは、とにかくリラックスし続けることが重要です。唯一力を入れていい瞬間がボールリリースであるわけですが、ここで力を入れていいのも人差し指と中指の付け根の関節のみです。あとはやはりリラックスさせておくことが最善となります。

投球動作改善は、年齢が上がるほど時間がかかってしまうことが一般的です。ですのでぜひ小中学生のうちに下半身主体の最適な体の使い方で強いボールを投げられるようになっていきましょう。そして野球チームではほとんど教わることができない、下半身の適切な使い方、動かし方を当野球塾Coach Kazのマンツーマン野球塾ではわかりやすく個人指導しています。一番人気はピッチングマスターコース10時間です。ぜひみなさんもこのコースを受講していただき、適切な投球動作を学びにいらしてください!

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 肩肘に負担をかけずに球速アップを目指せる慣性コックアップ
次のコラム 鍛えるのが難しいからこそ意識的に鍛えていきたい足首
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾