TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾  オンデマンド野球塾  野球の教科書シリーズ  お問合せ  レッスンのお申し込み
トップページ > 野球の教科書シリーズ > あっという間に体を温められるウォームアップのコツ

あっという間に体を温められるウォームアップのコツ

【このページの主な内容】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント
今回の投手育成コラムでは、ウォームアップのコツについてお話をしていきたいと思います。ウォームアップには、実はあっという間に体を温められるコツがあるんです。この方法を覚えておけば、冬であっても体を冷やし切らず、こまめに温め直せるようになります。ただし、投球に関しては肩が一度冷えてしまったらその日はもう投げないでくださいね。

通常のウォームアップだと、肩を温めるためには肩を動かし、脚を温めるためには脚を動かすというやり方だと思います。しかしこのやり方だけだと、体をしっかり温めるまでに少し長めの時間を要してしまうのです。単純な話、ウォームアップが長ければ長いほど疲労が増してしまいます。それは準備運動だけではなく、ブルペンで肩を作る際にも同じことが言えます。

Coach Kazのマンツーマン野球塾ではコーチング中、常々股関節の重要性を説いていますが、コツはこの股関節にあるのです。股関節を中心にしてウォームアップを進めていくと、股関節から上下に向かい、2方向で体が温まっていいくんです。これと同時に肩や脚をそれぞれ動かしていれば、体はあっという間に温かくなり、真冬でもあっという間に少し汗ばむくらいまで筋温を上げていくことができます。

真冬の練習は寒くて辛いですよね。そんな状況でも体を冷やさずに練習を乗り切れるよう、とにかく股関節を動かし続けてください。難しいことを考えず、ただ色々な動きで動かし続けるだけでも大丈夫です。この時必ず、内旋外旋動作は加えるようにしてください。前後左右に動かすだけよりも、内旋外旋動作を加えた方があったまりやすくなります。

ちなみにこれは選手だけではなく、冬のチーム練習に付き添うお父さんお母さんにも有効ですので、ぜひ試してみてください。しっかり股関節を回しながら動かすと、あっという間に体が温まっていくと思います。

このコラムの筆者Kazコーチのわかりやすすぎるレッスンを受けてみよう!

このコラムの筆者、TeamKazオンライン野球塾のKaz先生のレッスンビデオを無料で見ちゃおう!

肩肘を痛めずに球速をアップさせられる動作改善テクニックと、 滅多に空振りをしなくなる抜群のミート力を身につける方法を、 90分間の動画で解説しています!

今すぐ動画をゲットしよう!

0001.JPG

ご視聴登録フォーム

ご登録いただくと1分以内に、メールで視聴用URLが届きます!

TeamKazオンライン野球塾
Kaz先生の無料カウンセリングご相談用ページはこちら!


上のような動画を送ってみて下さい。
TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント新登場!
友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook
フォローしてね!

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾